プラウドクラブトップへ

プラウドクラブとは

野村の住まい探しの「プラウドクラブ」。野村不動産が分譲・販売する、最新の新築マイホーム情報やライフスタイル情報をいち早く効率的に入手できる無料の会員組織です。

プラウドウーマンのトップヘ
プラウドウーマンとは?

NIKKEI 丸の内キャリア塾・スペシャルセミナー「自分を見つめる、住まいさがし」

都心や横浜方面へ高い交通利便性を誇る、東急東横線。今回は急行停車駅の「綱島」に誕生する「プラウド綱島上町」の魅力をご紹介します。現在から将来にわたり横浜の住環境を守るため、「横浜スマートシティプロジェクト」に参画したレジデンスとしての数々の取り組みや、モデルルームのチェックポイントもどうぞお見逃しなく。

「NIKKEI 丸の内キャリア塾」とは、日本経済新聞社が主催する、働く女性のための実践的学習講座です。今回の女性限定スペシャルセミナー「自分を見つめる、住まいさがし」は、フリーアナウンサーの梶原しげるさん、ファイナンシャルプランナーで生活経済ジャーナリストの和泉昭子さん、そして野村不動産の曽田朋恵と3名が講師として登場。独自の切り口で、賢い住宅購入術を指南します。

自宅購入とともに人生もステップアップ!

三部構成で行われたセミナーの第一部は、フリーアナウンサーの梶原しげるさんによる「これからのライフスタイルを考える~働き方と暮らし方~」。実はこの日、講師に予定されていたラジオパーソナリティーの小島慶子さんがインフルエンザで倒れ、当日、急きょピンチヒッターとして登壇。「日中、東北で別テーマの講演を。本当ならそのまま帰宅して家族と鍋を囲むはずでした」と笑いながらも、マンション購入をきっかけにフリーアナウンサーとなった話、50歳を前に一念発起し大学院に学び新しい世界が開けた話、犬を飼いたくて二度目の住み替えを決意した話など、持ち前の軽妙洒脱な話術とともに披露。人生にたびたび訪れるキャリア形成のための選択や、変化するライフスタイルと住まいがいかに密接に結びついているかの体験的事例に、参加者もどんどん引き込まれていきました。

住宅の「今が買いどき」はナゼ?

第二部に登場した和泉昭子さんは、「住まい購入のためのマネープラン」と題し、ファイナンシャルプランナーの観点から、人生の大きな選択である住宅購入について講演。「住宅はお金の損得だけでなく、何を求めて住まうのか考える」「買っても借りても、自分が得になるよう暮らすのがベスト」「どんな選択にも長所短所はある。だからこそ動く際のリスクヘッジが大事」など、すぐ役に立ちそうなアドバイスが次々に繰り出され、参加者のメモを取る手も忙しそう。また、「今が住宅の買いどき」と言われるように、地価や金利の低さといった市況や国の施策による手厚い住宅購入支援制度などの紹介とともに、資金計画の立て方やシミュレーション方法まで、分かりやすい図表を見ながら進行しました。ご自身も二度のマンション購入を経験している和泉さん、自分がよりステップアップするためのベースとして家を持ちたかったと実感を込めた話に、共感の声も聞かれました。

「家族に推薦できるものを」プラウド・開発担当の思い

続いて第三部に登壇したのは、野村不動産・曽田朋恵。「ユーザー視点に立ったプラウドの商品開発」をテーマに、自身も開発に関わった「ラクモア」、そして昨年の東日本大震災後、とくにに注目が集まっている「サークルエイド」を紹介しました。「ラクモア開発のきっかけは、シニア向けに実施した、住まいに関する困りごと調査」という裏話から、さまざまな調査分析やお客様のフィードバックを経て形になった商品・サービスたち。「大切な人を守るために」のコンセプトで展開される「サークルエイド」も、社員自ら大震災を経験したことを受けて、より自助・共助の大切さを実感。居室や共用設備の仕様を変更したり、住民同士のコミュニケーション促進に力を入れている様子が、壇上のスクリーンに次々映し出されました。

三者三様、たっぷりと内容濃いセミナーが展開され、満足げに会場を後にする参加者の表情も印象的でした。

このページの先頭へ