このページをお気に入りに追加する

  • スマートフォンなどにリストを共有できます詳細な物件情報をご覧になれます
お気に入り
メインビジュアル

エリアのご紹介

羨望の邸宅地・苦楽園

阪神間屈指の高級住宅地として知られる「苦楽園」。
豊かな緑に包まれた閑静な邸宅街でありながら、個性あふれるショップも点在する贅沢なロケーションです。
そんな憧憬の街「苦楽園」の魅力をご紹介します。

苦楽園エリア
苦楽園エリア
苦楽園エリア
苦楽園エリア

こだわりの個性派SHOPが集まる街

トレンドや美食に関心が高く、ハイソサエティな人々が集う苦楽園には、独自のポリシーを貫くお店が点在します。
オーガニック志向、オリジナリティ性、スタンダード派…さまざまな個性を放つSHOPがそこかしこに…。
街を楽しみ、暮らしを愉しむ─
そんな美味しい出合いや新しい発見があります。

RYOICHI YAMAUCHI
olive
HEIDI

五感を優しく刺激するベーカリー

ベーカリー

オープンして12年、常時60~70種類のパンが並ぶ人気のベーカリー。
添加物は使用せず、天然酵母やフランス産・国産小麦など材料と食感にこだわった食事にあうシンプルなパンを提供。
香ばしい薫りと美しいビジュアルも五感を刺激してくれます。

ベーカリー
ベーカリー
ベーカリー

RYOICHI YAMAUCHI(リョウイチヤマウチ) 住所:西宮市南越木岩町15 ルーブルコート苦楽園1F

新鮮素材にこだわったフュージョンダイニング

フュージョンダイニング

フレンチ・イタリアン・中華・和食など、様々なジャンルを取り入れたフュージョン料理店。野菜は丹波から、魚は毎日鮮度にこだわり食材を仕入れています。
人気メニューはお刺身サラダ。カップル、お子様連れ、ファミリーなど幅広い世代の方に愛されるお店です。

フュージョンダイニング
フュージョンダイニング
フュージョンダイニング

Fusion Dining olive(フュージョンダイニングオリーブ) 住所:西宮市南越木岩町7-10

最高級チョコレートを生かした絶品スイーツ

絶品スイーツ

ベルギー産の最高級チョコレートを使用したハイジの代名詞である「アルハンブラ」は、チョコレート・モカ・抹茶の3種類を基本に期間限定のフレーバーも用意しています。
ほかにも、人気のエクレアや季節のフルーツをふんだんに使用したケーキなども好評です。

絶品スイーツ
絶品スイーツ
絶品スイーツ

ハイジ 苦楽園店 住所:西宮市樋之池町10-58

more info 1

苦楽園・夙川キャンドルナイト

2009年からスタートした「苦楽園・夙川キャンドルナイト」。夙川公園や街の店頭・店内にキャンドルを灯し、エコ・環境・暮らしなど大切なことを考えるきっかけづくりとして、6月と12月の年2回開催されています。苦楽園・夙川地域の活性化にも一役買っているのはもちろん、幻想的な雰囲気は街の風物詩として知られるようになり、今では様々なイベントも同時に開催され、多くの人々が訪れます。

キャンドルナイト
キャンドルナイト
写真提供:苦楽園・夙川キャンドルナイト実行委員会

邸宅地として名を馳せる苦楽園の歴史

苦楽園は、明治44年に大阪の実業家である中村伊三郎が別荘地の開発をおこなったのが始まりと言われ、その後ラジウム温泉が出たことにより保養地としても評判を得ます。この頃、西洋文化の影響を多大に受けた新しい生活スタイル「阪神間モダニズム」が流行。苦楽園を含む香櫨園、甲陽園、甲子園、甲陽園、昭和園、甲風園の交通・環境に恵まれた7つのエリアが開発され、文化人や財界人が集うようになり、苦楽園には谷崎潤一郎や与謝野晶子などの著名人も訪れました。後に7つのエリアは総称して「西宮七園」と呼ばれ、阪神間屈指の邸宅街として知られるようになります。モダニズム文化を継承しながら、発展を続ける苦楽園は、西宮七園の中でも憧憬の邸宅地として不動の地位を築いていきます。

苦楽園エリア
苦楽園エリア
苦楽園エリア

風光明媚な苦楽園

夙川公

夙川公園

苦楽園には、緑豊かな風景が数多くあります。約1660本の桜が南北約2.8kmにわたり続く夙川公園は、「日本さくら名所100選」にも選ばれています。秋は紅葉が美しく、夏は蛍が舞う風景も見られるなど、春夏秋冬、自然を身近に感じられるスポットです。また、広田山公園内の日本最古の国史書「日本書紀」に記されている廣田神社は、約16,000坪の広さで4月上旬には約2万株のコバノミツバツツジが咲き誇ります。豊かな自然に寄り添う暮らしが、ここでは日常となりそうです。

広田山公園

広田山公園

廣田神社

廣田神社

廣田神社

廣田神社

more info 2

「絵になる風景」ニテコ池

ニテコ池は、室町時代に西宮神社の土塀を作る際に土を掘り出した跡が池になったと伝えられ、土を運ぶ時の掛け声「ネッテコイ」から「ニテコ」と呼ばれるようになったとも言われています。現在、西宮市の水道貯水池として使用されているニテコ池は、野坂昭如の直木賞受賞作品であり、スタジオジブリのアニメーション作品としても知られる「火垂るの墓」で、妹・節子が蛍と遊んだシーンに描かれています。春は周囲に咲く桜の淡いピンク色と深緑色の水面とのコントラストが美しく、訪れる人の目を楽しませてくれます。

二テコ池

この街に生まれるプラウド

プラウド苦楽園

名士たちが愛した美しき池畔に、総65邸の集合邸宅誕生。地下平面駐車場100%設置。

プラウド苦楽園

住所   兵庫県西宮市奥畑137番3
交通情報 阪急甲陽線 「苦楽園口」駅 徒歩8分

公式サイトはこちら

ページトップへ