image photo

access

世界一の乗降客数を誇る「新宿」、日本のビジネスの中枢「東京」に直通。 多路線と接続して、首都東京を自在にするJR中央線。 通勤・通学、ショッピングやレジャーまで、パワーアクセスが 日々の暮らし、休日の愉しみ、将来の資産性の安心まで、より豊かなものにしてくれます。

JR中央線の3駅利用可。東京の大動脈の価値。

「吉祥寺」・「三鷹」・「武蔵境」、武蔵野市に位置する3駅全てが生活圏。
JR中央線快速、特快利用、東京メトロ東西線・JR総武線、京王井の頭線の「始発」利用のパワーアクセスが叶えられる点が大きな魅力です。

「武蔵境・三鷹・吉祥寺」

JR中央線 路線図 路線図

「武蔵境」駅より

  • SHINJUKU 15(25)min
  • TOKYO 29(38)min
  • SHIBUYA 20(29)min
  • OTEMACHI 29(36)min
all image photos

JR中央線のMERIT

MERIT 1

「三鷹」駅始発のJR総武線・東京メトロ東西線で座って通勤。
[総武線]
各駅停車で朝のラッシュ時間帯に座って通勤も可能に。「新宿」駅に直通、途中駅でJR・私鉄・地下鉄の各路線に接続し、都心アクセスはスムーズです。
[東西線]
東京メトロ東西線が乗り入れ、オフィスエリアの「大手町」駅・「日本橋」駅にダイレクト。東京メトロ各路線への乗り換えにも便利です。

JR総武線「三鷹」駅 平日朝7時~8時台の合計 始発25本

東京メトロ東西線「三鷹」駅 平日朝7時~8時台の合計 始発14本

all image photos

MERIT 2

「吉祥寺」駅から「渋谷」駅にダイレクトアクセス。

京王井の頭線の起点駅のため、いつでも始発電車に乗ることができ快適。
急行を利用すれば、よりスピーディーに渋谷へアクセスできます。

京王井の頭線 路線図 路線図

MERIT 3

住みたい沿線、人気の高いJR中央線。

都心部へのアクセス性・住環境、高い輸送力や需要を示す乗降客数から、日々の居住価値と共に、将来の資産的な側面も期待されるのが中央線の魅力です。

住みたい沿線ランキング
住みたい沿線ランキング 第4位 (1位 JR山手線/2位 JR京浜東北線/3位 東急東横線/4位 JR中央線/5位 東京メトロ丸ノ内線)
※「住みたい沿線ランキング2021 関東版」リクルート住まいカンパニー調べ
主な路線の一日平均乗降人員数
主な路線の一日平均乗降人員数 (JR中央線/西武新宿線/京王線(本線)/東急田園都市線/小田急線(本線))
※出典:各鉄道会社ホームページ

MERIT 4

沿線に連なる個性あふれる街。

武蔵野の情趣豊かな自然。そして、中央線文化とも称される個性的な情報の発信地、吉祥寺・高円寺・中野などが連なる沿線。 今後も中野・新宿・東京の各駅周辺で再開発が予定され※1、期待がふくらみます。

高尾
立川
国分寺
武蔵小金井
武蔵境
三鷹
吉祥寺
中野
新宿
四ツ谷
御茶ノ水
神田
東京
高尾
年間登山者数が世界一を誇る高尾山の最寄り駅のひとつ。北口駅舎は、関東の駅百選にも選定されている社寺風デザイン。ホームには、高尾山を見守る天狗の石像も。
エリア写真
立川
1日平均約17万人という、東京都のなかでも23区外の駅では第1位の1日平均乗車人員を誇る。伊勢丹立川店や、ルミネ立川店をはじめ商業施設も数多く隣接。多摩都市モノレールとも接続してつねに賑わう人気のステーション。
エリア写真
国分寺
早稲田実業学校の中・高等部の最寄り駅。南口の至近には国の指定文化財にもなっている、紅葉でも有名な「殿ヶ谷戸庭園」が。駅ビル「セレオ」をはじめ、「マルイ」、「西友」、「オリンピック」など、商業施設も多数。西武鉄道国分寺線、多摩湖線の西武国分寺駅とも接続。
エリア写真
武蔵小金井
桜の名所「小金井公園」をはじめ、武蔵野を代表する豊かな自然の懐に位置する、落ち着きと活気を兼ね備えた人気駅。高級志向もかなえる多彩な商業施設。駅構内に『日本の「とき」標準時刻が生まれるまち』と書かれた時計も設けられています。
エリア写真
武蔵境
エリアを代表する大型店「イトーヨーカドー武蔵境店」や商店街のほか、駅立体交差化で新たにつくられた「nonowa武蔵境」、「エミオ武蔵境」などの商業施設が集積。カフェや飲食店などに人々が賑わう生活に根差したビッグターミナル駅です。
エリア写真
三鷹
JR中央線、JR総武線、東京メトロ東西線の3線の利用が可能。駅ナカから駅構内の改札口外まで人気の商業施設「アトレヴィ三鷹」が。「三鷹の森ジブリ美術館」の最寄り駅としても多くのファンが訪れます。
エリア写真
吉祥寺
「渋谷」駅につづく京王井の頭線の始発駅として便利。駅近の「東急百貨店」や「パルコ」から朝から晩まで賑わう「サンロード商店街」、アパレルショップやオシャレなカフェ、隠れた名店をはじめとするさまざまなジャンルのお店が建ち並ぶ裏路地まで、幅広い世代に人気の街。
エリア写真
中野
東京メトロ東西線も乗り入れるJR中央線との接続駅。マンガやアニメの店舗が集まる「中野ブロードウェイ」。さまざまなコンサートをはじめ、半世紀近い歴史を刻む、文化複合施設「中野サンプラザ」。旧くからの有名スポットも数多く存在し、さらに再開発を経て生まれ変わった、新しい街。
エリア写真
新宿
ギネス世界記録にも認定された、世界一の乗降客数を誇ります。日本最大のバスターミナル「バスタ新宿」ともつながり、まさに「世界一のターミナル」の言葉をほしいままに。百貨店からファッションビル、専門店まで多種多様なあらゆる商業施設が集積する一大ステーションシティです。
エリア写真
四ツ谷
東京メトロ丸ノ内線、南北線への乗り換えが可能な、駅ビル「アトレ四谷」ともつながるターミナルステーション。JR東日本の「エコステーション」事業第1号として、駅舎の屋上の太陽光パネルが敷き詰められ、太陽光発電が行われている環境配慮型のステーションです。
エリア写真
御茶ノ水
美しいアーチを描く「聖橋」と神田川の景観。周辺には、明治大学、日本大学、東京医科歯科大学をはじめとする大学や専門学校、予備校が集まる日本最大の学生街として知られます。東京メトロ丸ノ内線とも接続して、都心につながるターミナルステーションです。
エリア写真
神田
粋でいなせな江戸っ子達の街として、江戸時代からつづく老舗からガード下の名店、商店街の名居酒屋まで数限りないグルメスポットの宝庫。“ガリ版”と呼ばれる謄写版発祥の地という隠れた歴史も。日本で最初の本格的な地下鉄として名高い東京メトロ銀座線とも接続しています。
エリア写真
東京
日本の、東京の表玄関とも言うべきメガ・ターミナルステーション。皇居の正面に向かって建つレンガ造りの丸の内口駅舎は、国の重要文化財にも指定され、「関東の駅百選」の認定駅でもあります。八重洲、丸の内ともに周辺エリアは、日本を代表するビジネス街としてつねに新たな開発がつづけられています。
エリア写真
all image photos

MERIT 5

付属の小中高から大学まで多彩、通学はスムーズ。

沿線には数々の学校が集まり、私立の付属校も豊富。小学校から中学・高校、そして大学まで揃った教育環境が魅力のひとつです。
通学範囲もワイドになり、進学先の学校候補も広がっていきます。

JR中央線各駅の主な教育施設 JR中央線各駅の主な教育施設

身近なバス停から3駅へ自在に。

豊富なバス便

武蔵境駅や三鷹・吉祥寺駅へ豊富なバス便を利用でき、通勤・通学に便利。

3駅へ向かう7時台の合計本数35※2

身近なバス停

帰宅時は最寄りのバス停から現地へ徒歩4~6分。

バスルート図

※1:出典/『「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」に関する基本協定書を中野区と締結』プレスリリース、東京メトロ『新宿駅西口地区の開発計画について』ニュースリリース、国土交通省『国際都市東京に新たな陸の玄関口が誕生』プレスリリース
※2:武蔵境駅行き15本、三鷹駅行き14本、吉祥駅北口行き6本
電車所要時間は日中平常時のもので、乗り換え、待ち時間は含みません。また時間帯により異なります。( )内は通勤時所要時間です。(駅すぱあと「アクセス時間検索システム」2021年3月版調べ)
JR中央線「武蔵境」駅より ◎「吉祥寺」駅5分/JR中央線快速利用(通勤時6分)◎「東京」駅29分/JR中央線快速利用「三鷹」駅でJR中央線特快乗換え(通勤時38分:JR中央線快速利用、直通)◎「新宿」駅15分/JR中央線快速利用「三鷹」駅でJR中央線特快乗換え(通勤時25分:JR中央線快速利用、直通)◎「四ツ谷」駅20分/JR中央線快速利用「三鷹」駅でJR中央線特快乗換え(通勤時29分:JR中央線快速利用、直通)◎「渋谷」駅20分/JR中央線快速利用「吉祥寺」駅で京王井の頭線急行に乗換え(通勤時29分)◎「池袋」駅21分/JR中央線快速利用「三鷹」駅でJR中央線中央特快に乗換え(通勤時30分:JR中央線快速利用「新宿」駅でJR埼京線通勤快速乗換え)◎「銀座」駅29分/JR中央線快速利用、「三鷹」駅でJR中央線中央特快に乗換え、「四ツ谷」駅で東京メトロ丸ノ内線に乗換え(通勤時36分)◎「大手町」駅29分/JR中央線快速利用、「三鷹」駅でJR中央線中央特快に乗換え、「御茶ノ水」駅で東京メトロ丸ノ内線に乗換え(通勤時36分:JR中央線快速利用、「御茶ノ水」駅で東京メトロ丸ノ内線に乗換え)
バス所要時間は日中平常時のもので、道路混雑のため予定時刻通りに運行できないことがございます。ご了承ください。(出典:関東バスホームページ、西武バスホームページ)
徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げたものです。※掲載の情報は2021年3月時点のもので、今後変更となる場合がございます。