Design

シャープにモダナイズされたフォルムが創り出す、街並みとしてのトータルデザイン。

街並完成予想図

URBAN MODERN

矩形フレーム
外観完成予想図

建物デザインのアクセントに、フレームデザインを活用。窓枠を矩形フレームとしたことで、シャープで洗練された印象を与えます。

サッシ+アクセント吹付
外観完成予想図

建物に豊かな表情をもたらす窓のデザインは、サッシとアクセント吹付を組み合わせ、ガラスに反射する光と黒色が装飾感を演出します。

美しいガラス面
外観完成予想図

壁面の大半がガラスとなるほどに多くの窓を用いています。室内への採光効果はもちろん、建物外観を美しくモダンに仕上げています。

約5.5m~7.4m公道に面した開放的な街区プランニング。

全体区画図
  1. 街区の特長1

    幅員約5.5m~7.4m
    ゆとりある3面道路

    道路幅員が広いため見通しが良く車のすれ違いも容易で、歩行者の安全性が高まります。お子様の通学・帰宅も安心です。

  2. 街区の特長2

    石材・木彫タイルなど
    自然素材が醸し出す重厚感

    自然素材を用いることで、デザイン性を高めるだけでなく味わい深いやさしさをも創り出しています。

  3. 街区の特長3

    アイアン手すりや黒御影石を利用したアーバンモダンな統一されたデザイン

    アイアン手すりや窓枠などを黒色とし黒御影石を用いるなど、外観に統一性をもたせることで、モダンで洗練された印象を与えます。

掲載の街並完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。なお、外観の細部・設備機器・配管類及び電柱・架線・道路標識・周辺建物等は一部省略または簡略化しております。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。
掲載の全体区画図は計画段階の図面を描き起こしたもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。