image photo

Under The Open Sky

開放感にひたり、緑と光に癒される日々を。

低層住宅が連なる開放的な街並み、緑に潤う静穏な地。その魅力を享受し、さらにやすらぎに包まれた住まいの創造へヒントにしたのはキャンプでの開放感。開放感を際立てる建物の配置や、周囲の緑景と調和する外観意匠、住まいに光を取り込む空間設計など、数々の工夫を凝らしました。街並みに美しく映え心地よく暮らせる一戸建ての新街区を、ここに描き出します。

Camping StyleS街区街並完成予想図

周囲の緑と響き合う街並みをデザイン。

木目調デザイン
S街区外観完成予想図
St9,10の2階バルコニーの手摺りや庇の軒裏、全邸の玄関ドアを、木目調のデザインで統一しました。建物の外観デザインのアクセントとなって美しい街並みを形づくり、落ち着いた色調が住まいに上質感を添えます。
石積コーナーウォール+自然石
S街区外観完成予想図
街区内の角住戸(St10)の敷地には、自然石を積み上げたコーナーウォールを設置。自然素材を建物の足元に配置することで、街区東側に広がる緑地との連続性を際立て、周辺の開放感をより高めます。
シンボルツリー+門柱
S街区外観完成予想図
街区全体と緑地の間を貫く道路に沿って、シンボルツリーと門柱を設置しました。目の前に広がる緑景との一体感を育むとともに、さらに門柱との相乗効果で玄関まわりに風格を漂わせます。
眺望を楽しむ大型窓
S街区外観完成予想図
街区東側の緑地を借景として堪能できるように、窓は大型のタイプを採用。建物のデザインアクセントともなり、表情豊かな外観意匠で味わいにあふれた街区を生み出します。
※St5,7,9,10,13

South Villa (S街区)

S街区 全体区画図(stage1~stage13)全体区画図
  1. POINT1 | 敷地面積125㎡超中心(13区画中9区画)

    全13邸からなるS街区は、敷地面積が125㎡超中心の一戸建てで構成。低層の住宅が中心となる第一種低層住居専用地域、そして建ぺい率40%・容積率80%となる開放的な街並みの中で、広々としたウッドデッキや庭スペースを設置しています。

  2. POINT2 | 約6m道路+建物壁面後退

    南北に延びる街区と接する道路の幅は約6m。また、国分寺市まちづくり条例区域内のため、建物壁面を道路面から1m後退させ、ゆとりあふれた暮らしを実現します。(一部緩和規程により、1m後退していない箇所があります。)

  3. POINT3 | View Window Area

    街区東側の緑地の眺めを堪能できる区画としてコーナーサッシを採用した、View Window Areaを設置(St7,9,10,13)。緑景に面して大型サッシを採用することで窓辺に開放感あふれる眺望が広がり、朝日にも包まれるすがすがしい日々を楽しむことができます。

  4. POINT4 | Sky Window Area

    より開放的で陽光に抱かれる住まいとして高天井や勾配天井を採用した、Sky Window Areaを設置(St2,4,6,8,9,11,12)。2階のリビング・ダイニング・キッチンまたは主寝室の天井高を約3.0~4.0mとしたり、ハイサイドサッシの採用で室内は光に満ち、毎日を明るく伸び伸びと過ごせます。

掲載の街並・外観完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。なお、外観の細部・設備機器・配管類及び電柱・架線・道路標識・周辺建物等は一部省略または簡略化しております。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。
掲載の全体区画図は計画段階の図面を描き起こしたもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。