【PROUD 公式ホームページ】街並み|-プラウドシーズン船橋小室-小室駅の新築一戸建て

プラウドシーズン船橋小室

都心30km圏に誕生。
豊かな自然に融合する全305邸の大規模開発。

街並み

充実した教育環境

緑豊かな環境に、健やかで伸び伸びとした街並と住環境を実現しています。

現地周辺概念CG

  • 写真をクリックまたはタップすると詳細がご覧いただけます。

  • ①地点
  • ②地点
  • ③地点
  • ④地点
  • ⑤地点

居心地の良い街並みを実現する船橋市都市計画。

ゆとりある街並と良好な住環境を実現するため地区計画を導入しています。

現地

  • ゆとりの「敷地135m2制限」。

    敷地面積を制限することで細分化を防ぎ、ゆとりある住宅地を形成しています。

  • 潤いある「緑化率19%以上」。

    みずみずしい豊かな街並を創出するために総開発面積の19%以上を緑地にしています。

  • 環境を守る「建築物制限」。

    住環境を守るため建築物を住宅、教育保育、医療、公益施設等に制限。遊技場などは建てられません。

※建築物制限:一部区画においては地区計画の内容が異なります。詳細は係員までお問い合わせください。

敷地内2つの提供公園。

街区内に2つの提供公園を設けています。子ども達の遊び場として、またその子ども達を優しく見守るママ友同士の交流の輪が広がるスペースです。

  • 小室こぶし公園(2019年8月に撮影)

  • 小室はなみずき公園(2019年8月に撮影)

交流の中心となる「コミュニティハウス」。

自治会設立のサポートだけでなく、さまざまな交流の場を提供するのが「コミュニティハウス」です。住まう方々の結びつきを自然に深めるコミュニティづくりを応援します。

コミュニティハウス(2019年8月に撮影)

外観デザイン

上質な素材を活かした外構計画。

自然石を活かし、瀟洒な佇まいを見せる門柱や門構え。住まいとしての品格を高めるため、こだわりの素材により外構をデザインしています。※住戸により設置及び仕様が異なります。

美しい風景を描くコーナーウォール
街区の主要な角には、美しい花々や樹木とともに、重厚感のあるコーナーウォールを設置。街区の象徴となる美しい風景を描きます。※住戸により設置及び仕様が異なります。
  • タイルデザイン
    タイルの表面に凹凸のあるボーダータイルなどを採用。豊かな素材感が優雅なファサードを形成します。
  • エッジデザイン
    軒や窓周りに光によって陰影を創り出すエッジデザインを採用。彫りの深い個性的な佇まいを演出します。
  • デザインモール
    外壁にモールと細かいタイルを配して水平ラインを強調した、のびやかな街並デザインを創出しています。
  • 広々としたカーポート
    自然石舗装を施した明るい印象のパーキングスペースは、邸宅にふさわしいゆとりの広さを確保しています。※駐車できる車のサイズには制限があります。
  • 自然と調和する御影石
    道路と住まいの境界には、植栽とあわせて御影石を使用しました。温かな印象を与えます。
掲載の写真は2016年9月、10月、12月・2018年5月に撮影したものです。
掲載の概念CGは計画街区図及び周辺地図を基に描いたものであり、今後変更される場合がございます。
掲載の植栽写真は参考写真です。植栽の種類は計画段階のもので、今後変更となる場合があります。
掲載の外観デザイン写真は現地を2014年3月・2016年5月・2017年4月、10月・2018年5月・2019年8月に撮影したものです。住戸によりデザインや意匠等の仕様・形状が異なります。図面集でご確認いただくか、お問い合わせください。
物件エントリー来場予約

お問い合わせは「プラウドシーズン船橋小室」インフォメーションセンター
完全予約制モデルハウス案内会開催中
※平日は現地に係員がおりませんので事前にネットにてご予約又はフリーダイヤルまでご連絡いただきご予約の上ご来場の程宜しくお願い申し上げます。

0120-372-566

営業時間/平日 11:00~18:00 土日祝 10:00~18:00 
定休日/毎週火・水・木曜日

① 信号や大通りがない通学路。

小・中学校に通う子ども達の通学路は、公園内を通る安心のルート。

② 緑へ誘う「森のプロムナード」。

郷土の植生と同じコナラやクヌギなどの植栽を利用して、小室公園と連続する緑の景観を形成しました。森へと誘うプロムナードです。

コナラクヌギ
③ 開放感の「空のプロムナード」。

開放的な大空に映えるシマトネリコ、ベニスモモ、ノルウェーカエデなど、新緑やカラーリーフが美しい植栽を採用。街の東西を結ぶプロムナードです。

空のプロムナードシマトネリコベニスモモ
④ 車の通り抜けを防ぐ道路計画。

安全性を高め、見た目にも美しいインターロッキング舗装の「歩行者専用道路」を採用。

参考写真
⑤ 交差点は安全に配慮し、「T字路」を採用。

街区内の道路を計画する際、〈プラウドシーズン船橋小室〉の交差点はT字路を基本としています。交差交通を減らすことにより、安全性が高まると考えられるためです。街を基盤から創っているからこそできる、安全への配慮です。 (一部交差点に採用)

参考写真