【PROUD 公式HP】横浜×大規模開発の希少性 -プラウドシーズン横濱洋光台- 京急本線「上大岡」駅、JR京浜東北線「洋光台」駅2駅2路線利用可、神奈川県横浜市港南区の新築一戸建て。

【公式】プラウドシーズン横濱洋光台|京急本線「上大岡」駅、JR京浜東北線「洋光台」駅2駅2路線利用可|野村不動産-PROUD-

YOKOHAMA × RARITY

横浜
×
大規模開発の希少性

横浜/約8,700m

横浜市×建売戸建×総戸数200戸以上の物件は、
過去10年以上で本件のみという事実。

『プラウドシーズン横濱洋光台』は、JR京浜東北・根岸線「洋光台」駅とともに、京急本線「上大岡」駅の2駅2路線を最寄とし、横浜市内に全203戸の大規模邸宅街として誕生。大規模な街だから街区内に「洋光台」駅までのバス停も新設予定。また街区内に3つの公園もつくり、お住まいになる方々が様々な『つながり』を実感出来るようにプランニングしています。

横浜市の中で総戸数200戸以上の物件は、10年以上出ていません。

※過去10年間(2007年1月~2016年9月)に、新規発売した横浜市アドレスの建売住宅で総戸数200戸以上の物件はなし。
※出典:MRC建売データマップに基づく、(株)マーケティング総合研究所調べ

横浜市に10年ぶり
大規模邸宅街が誕生。

都市機能にあふれる横浜で、邸宅地としての系譜を受け継いできた高台の地に、横浜市としてはこの10年間で初めての大規模邸宅街※が誕生します。
それは、203の家族が集うビッグスケールの〈プラウドシーズン横濱洋光台〉。
横浜の利便を使いこなし、華やぎに寄り添いながら、広がる空と豊かなやすらぎに包まれて暮らす。
横浜の魅力を知る人に、これまでにない“横濱”を贈ります。

※2007年1月以降に新規発売した横浜市アドレスの建売住宅で総戸数200戸以上の物件はなし。
MRCデータに基づく、(株)マーケティング総合研究所調べ

外観完成予想図
外観完成予想図

10年ぶりの大規模邸宅街に求めたのは、家族の「つながり」

人と人が世代や世帯を超えてつながれば、暮らしの楽しさや安心感は大きくなる。
横浜で10年振りとなるこの街には、たくさんの「つながり」を生む工夫があります。
家族内のコミュニケーションや、コミュニティが自然に育まれる街を目指して、〈プラウドシーズン横濱洋光台〉は誕生します。

敷地配置図イラスト
敷地配置イラスト

大規模な街だから叶う、
安心感や便利さ、心地よさ。

Image photo

江ノ電バスが新路線を開通予定
街区内にバス停も新設予定!
(平成29年6月運行予定)

江ノ電バスの延伸により、「洋光台」駅までのアクセスがさらに便利に。
さらに街区内にもバス停を新設することで、通勤やお出かけがより快適に。

公園イメージ プラウドシーズン花小金井(2010年分譲済)

大規模開発ならではの「3つの公園」。

スケールメリットを活かし、住民同士のコミュニティを育む3つの公園をつくります。
また、防災拠点としても機能します。

Loading...