LOCATIONロケーション

賑わいと洗練、
潤いと利便が
共存する街。

憧憬の街、成城を生活圏にしながら、
商業施設が集積する仙川エリアや、
利便施設が整った入間町エリアを使いこなし、
グリーンエリアでは、水と緑の風景に潤う。
この多面性のあるロケーションが、
暮らしを奥行きのあるものにしてくれる。

SEIJO Area成城エリア

長く人々に愛されてきた街は、暮らしやすさという基本を備えている。広々とした区画が生み出す悠然たる街並や、緑が彩る景観の美しさから、多くの作家、文化人、芸能人が好んで居を構えてきた成城。この街も、駅周辺には大型の商業施設や約140店舗が並ぶ商店街が賑わいを形成し、教育施設や文化施設、公園など、日々の暮らしを豊かに充たす利便施設が整っている。まさに利便と潤い、華やぎと洗練が共存する街。それが、成城である。

成城は、成城学園の教職員や保護者が街の方向性や構成を決め開発した学園都市という、全国でも珍しい歴史を持っている。当初、街づくりには、民俗学者の柳田邦男も参画。街の景観を整えるため、柿、杏、梅などの苗木を配ったという。美しい街を創り、維持したいという願いは、どんなに時が流れても、この街にしっかりと受け継がれている。賑わいと華やぎがありながら、洗練された雰囲気が保たれているのは、その証だと言えるだろう。

文教の地ならではの、
充実した教育施設。

学園都市として開発された成城は、今も文教の地であり続けています。教育施設が充実しているだけでなく、プリスクールや習い事の教室、学習塾の数も多いのも特徴。幼稚園受験から大学受験まで対応する施設が揃っているので、わざわざ遠くの街までお子さまを通わせる必要はありません。

SENGAWA Area仙川エリア

大型商業施設だけでなく、活気ある商店街や、こだわりの専門店、おしゃれなショップやカフェなどが揃う仙川。「音楽と芸術の街」としての顔も、街に洗練された雰囲気を与えている。

IRIMACHO Area入間町エリア

徒歩4分のスーパー「ヤオコー」(2017年秋開業予定)、24時間営業の「西友入間町店」をはじめ、暮らしに必要な施設が身近に揃っているのは大きな魅力。
地域と連携した学習活動が盛んな「調布市立若葉小学校」や、開校50年を迎えた伝統ある「調布市立第四中学校」など子育て環境も整っている。

GREEN Areaグリーンエリア

計画地の近くには、豊かな自然が息づく野川が流れ、その川沿いに国分寺崖線保全地域に指定されている「入間町二丁目緑地」がある。東京都緑地保全地区・世田谷区特別保護区の「神明の森みつ池」へと続く緑の崖線である。豊かな自然を、暮らしのすぐそばで体感できるのは、とても贅沢なことだと言えるだろう。

国分寺崖線の高台に位置することから、晴れた冬の朝などに富士山を望むことができる。
国分寺崖線上に架かる富士見橋は、「せたがや百景」に選ばれている富士山スポットの一つ。その近くに架かる不動橋も、「関東富士見百景」に選ばれており、ダイヤモンド富士が見られる季節は、数多くの写真愛好家が訪れる。

※掲載の街並完成予想CGは計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。なお、外観の細部・設備機器・配管・照明機器等および周辺建物・電柱・架線・標識等は一部省略又は簡略化しております。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色などの見え方が異なる場合があります。植栽は特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。また、樹種等は変更となる場合があります。