<公式>プラウドシーズン御影住吉山手│阪急神戸線「御影」駅徒歩5分の新築一戸建て

深田池公園(徒歩3分/約200m)

野村不動産×御影

百年の憧を継ぐ、
住吉山手アドレス
×
駅徒歩5分・10邸の「街」

野村財閥創業者の二代目野村徳七が居を構えた、野村グループゆかりの地、御影。
「プラウドタワー住吉」(2012年竣工)、「プラウド住吉本町」「住吉本町レジデンス」(2006年竣工)、など
数多くの集合邸宅を手がけてきた野村不動産にとって、
ここ御影は、邸宅地としての歴史に深く敬意を抱き、愛することで、その美しい街並みとの調和を図ってきた地です。
その地の、駅徒歩5分、住吉山手アドレスに一戸建てによる「街」を描くということ。
私たちは、改めて憧憬を抱き、羨望の想いを込めて、
一邸一邸を丹念に磨き上げ、この地の名に相応しいひとつの「街」を創造します。

THE GARDEN PLACE SOSHUEN(徒歩1分/約80m)

阪急「御影」駅(徒歩5分/約380m)

1900年代より、多くの財界人が愛してきた、
百年の憧憬を、今継承する。

1900(明治33)年頃、この地に居を構えたのが、朝日新聞創業者の1人村山龍平氏。

現在「香雪美術館」として継がれ、国指定重要文化財「旧村山家住宅」として遺される旧跡をはじめ、この地には多くの財界人が居を構え、今なおその邸宅が街並みの趣を深めています。ここには、阪神間を象徴するだけではなく、邸宅地として積み重ねてきた、百年余の歴史があります。

  • 周辺街並み
  • 旧村山邸(徒歩8分/約640m)※現在公開されておりません
  • 周辺街並み
  • 白鶴美術館(徒歩7分/約510m)
  • 深田池公園(徒歩3分/約200m)
  • THE GARDEN PLACE SOSHUEN(徒歩1分/約80m)

阪神間モダニズムの粋を受け継ぐ環境。

  • 深田池公園(徒歩3分/約200m)
  • 白鶴美術館(徒歩7分/約510m)
  • 深田池公園(徒歩3分/約200m)
  • 弓弦羽神社(徒歩9分/約670m)

1900年代初頭にはじまった邸宅地としての歴史を、さらなる憧憬へと高めたのは、昭和初期にかけて高まった「阪神間モダニズム」と呼ばれる独自の生活文化でしょう。

美しい建築、洗練された暮らしの謳歌、幅広い文化への傾倒、そして教育への高い関心。今なお受け継がれるこの生活文化こそ、地としての美しさと共に、住吉の名を高めているもの。その象徴である美しい建築は、今なお美術館として、旧邸名所として遺されています。

「第一種低層住居専用地域」でありながら
阪急「御影」駅
徒歩5分の立地

「御影」駅より、緩やかな勾配の歩きやすい道のりを、わずか5分。この環境を保全していく意志に貫かれた「第一種低層住居専用地域」の、閑静な戸建住宅街の一画。この地で数多くの邸宅を手がけてきた私たちが、ようやく出逢うことができた場所に、「プラウドシーズン御影住吉山手」は誕生します。

はじまるのは、洗練された利便性と積み重ねられてきた趣深い文化と自然の粋を、謳歌する暮らし。

今、邸宅地として積み重ねられてきた歴史に、プラウドシーズンが新たな街並みを拓きます。

  • ※徒歩分数は80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。
  • ※各施設への距離は、最も近い事業地人口より計測したもので、対象住戸からの距離とは異なります。
  • ※掲載の環境写真は2015年3月、2019年12月に撮影したものです。
  • ※掲載の邸宅MAPは現地周辺の地図等をもとに書き起こしたもので実際とは道路の形状、建物の位置関係、サイズ、距離等は異なります(出典:「旧住吉村の住宅地開発とその特徴」 住宅総合研究財団研究論文集No.31,2004年版、「いにしえのわが町」(http://www.eonet.ne.jp/~mikage-club/teitaku.html))。また、周辺環境は将来にわたって保証されるものではありません。
  • ※掲載の情報は2019年12月現在のものであり、今後変更になる場合があります。
  • ※掲載の概念図及び地図は略図につき、省略している道路や施設があります。

お問い合わせは「プラウドシーズン御影住吉山手」プロジェクト準備室

0120-010-889

営業時間/平日 10:00~17:00 土日祝 10:00~18:00
定休日/毎週水・木、毎月第2火曜日