INTERVIEW.1

江戸時代から商人たちの
活力を引き継ぐ、
近代大阪の表玄関。
新しいことの始まりの場所

大阪の活気の中心が、
近代的な街へと進化。
大阪が発展する中心であり
続けた北船場

大阪のキタ・ミナミは、船場を真ん中において「北」「南」と呼ばれるようになりました。中でも高麗橋通は、豊臣秀吉が築いた大坂城の大手門から伸びるメインの通りです。碁盤の目のように道を作り建設された城下町が今も大阪の中心です。地図を見ると少し斜めに走っている高麗橋通は、それ以前から存在したとも言われます。

船場界隈は現在、歴史を感じさせる意匠の銀行や教会、国の重要文化財に指定された商家などがあることで知られます。ここは江戸時代からの商人たちの活力を受け継ぎながら、新しいものがあり続けた場所。最新の舶来品を扱う店や百貨店、画廊などが生まれました。「暮らし」と「働き」のいいバランスが、今も息づいています。

写真

歴史の中で暮らし、
歴史の中を歩いて楽しめる、
大阪の古くて新しい街の中心

高麗橋

高麗橋

江戸時代から大阪のメインストリートだった高麗橋。明治の初期に木の橋から鉄の橋に架けかわります。当時の人は鉄橋(くろがねばし)と呼んで、珍しい橋を見に来たり、浮世絵などにも描かれたりしました。高麗橋が大阪の表玄関であって、文明開化で新しい時代になったことを、人びとに伝える効果を持ちました。江戸時代、橋のたもとには、幕府の御触書きなども掲げられました。情報を発信する場所としての機能があった。したがって高麗橋が最初に鉄の橋に置き換わったというのも、市民に新しい時代が来たことを知らせる役割として、明治の新しい政府が考えたのかもしれません。常に、何か新しいことが始まっていく兆しの場所というのが、高麗橋の伝統であると思います。
また、高麗橋は、東京で言うと日本橋にあたる土地柄です。日本橋も江戸城の正面の門からのメインストリートで、江戸時代からそこに商人が集まり、栄えていきました。高麗橋も同じです。伝統の上に、新しいものを扱う商店が立ち並んでいきます。日本橋の場合は、海苔屋さんなどが有名ですが、大阪だと例えば昆布屋さんですね。日本の他の地域から持ってきた一番いいものを扱って、海苔や昆布といった食の文化も健在。日本橋も高麗橋も、古くから商売や文化の中心であった場所には共通性があって、そうした特徴が、他とは違う界隈の雰囲気として感じられます。

  • 府立中之島図書館

    府立中之島図書館

  • 三井住友銀行大阪中央支店

    三井住友銀行大阪中央支店

  • 倉方 俊輔 氏

<公式>インタビュー|プラウドタワー北浜│地下鉄堺筋線「北浜」駅徒歩1分、地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅徒歩7分の新築分譲マンション

お問い合わせは
「プラウドタワー北浜」プレミアムサロン

0120-09-0281

営業時間/平日10:00~17:00 土日祝 10:00~18:00
定休日/毎週水・木曜、毎月第2火曜日