INTERVIEW.5

ビジネス街に建つ
近代ビルを大切にしながら、
多くの方が楽しめる新しい街づくりを

芝川家の始まりと
芝川ビル誕生

  • 写真

    芝川ビル竣工当時

  • 写真

    芝蘭社家政学園 和裁教室

写真

芝川又四郎

18世紀、対馬から京都へ出て医業を営み、その後、大阪で唐物商(貿易業)を営むようになった芝川家。江戸時代末期に芝川家の婿養子となった初代又右衛門は、船場伏見町に店と自宅を構え、激動の幕末に大きく商売を発展させました。
明治になり、初代又右衛門は唐物商を潔く廃業し、不動産業を始めます。大阪湾岸部に新田を購入し、道路や鉄道などのインフラを整え、工業用地として賃貸し、「東洋のマンチェスター」とまで呼ばれた大阪の近代化を支えました。
この初代又右衛門の邸宅の一部に建てられたのが、レトロビルとして知られている芝川ビルです。これは私の大叔父に当たる又四郎が、自家事業用の事務所として、昭和2年(1927)に建てたものです。又四郎はかねてより火災に強い建物の建設を望んでおり、大正12年に発生した関東大震災の惨状を踏まえ、火が入らないように、窓には特注の鉄扉を入れるなど、防火に配慮した鉄筋コンクリート造の頑強な建物を建てたのです。ただ事務所としては空間に余裕があったので、昭和4年(1929)、ここに女学校卒業後の女性教育のための学校「芝蘭家政学園」を作りました。約3000人の女性がこの学校を卒業したと言われています。昭和18年(1945)、戦争の影響で閉校したのち、戦後はビルを増築・増床して貸しビルとして利用していました。

近代建築を愛する人の
熱い思いに触発されて

写真

転機が来たのが平成17年(2005)。近代建築の活用を考える「大オオサカまち基盤」のシンポジウムを芝川ビルで開催したことです。この時、近代建築を守り次世代に継承したいという、彼らや周辺の近代建築オーナーの熱意に驚きました。
同じ頃、近代建築の創造的活用をテーマにした「船場建築祭」も開催され、こういったことに触発され、私も芝川ビルの保存に乗り出しました。まずビル4階に増築した部分を撤去、増築時に損なわれていた元の屋上テラスとポルティコを復元、写真から当時の照明器具を想定して吹きガラスで作ったりと、苦労の末、ほぼ建築時の姿を取り戻しました。
また、テナントには事務所ではなく店舗に入ってもらうことで、近代建築に興味のある方にもない方にも気軽に訪れてもらえるようになりました。さらに、復元した4階も貸スペースとして運営し、多くの方に様々な形で活用いただいています。私の母と叔母の雛人形を春先に展示したのが非常に好評で、5年目の今年は他のビルや店など6ヶ所合同で「船場のおひなまつり」を開催。夏には屋上でビアガーデンを開催したり、年に2回「芝川ichi」というマルシェイベントを行うなど、気軽にビル内を見学し、遊びに来てもらえるようになり、街の活性化にも一役買っていると自負しています。

古き良き時代の
ビルの良さを現代に

写真

北浜は、以前は月曜から金曜のビジネス街、土日は店を閉めるのが通常でした。それが最近では、土日にも人が増え、それに伴って土日オープンする飲食店が増えてきました。特にこの3年くらいは顕著です。ホテルも増えてきているし、街歩きを楽しむ観光目的の方もかなり多くなりました。ここに住んでいる人にとっても、安心できるまちになっていると思います。
一方、もともと地元に住む皆さんの意識も変わってきて、今では街の魅力をもっとわかってもらおうと積極的に活動をされています。大阪市の力添えもあり、地元との協働で、市内中心部にはガス燈が設置された場所もあります。芝川ビル前の電柱も抜かれ、電線が地中化され、景観がさらによくなる予定です。私たちは、先祖から引き継いだ芝川ビルを守りつつ、地域貢献をしながら、これからもさまざまな形で北浜の街を盛り上げていきたいと考えています。

INTERVIEW

千島土地株式会社 代表取締役社長芝川 能一

兵庫県生まれ、大学卒業後は住友商事株式会社入社。その後千島土地株式会社に入社し、平成17年(2005)代表取締役社長に就任。現在はまちづくり活動にも積極的に取り組み、おおさか創造千島財団の理事長も務める。

芝川 能一 氏
千島土地株式会社

不動産の賃貸事業を主軸にしながら、現在は航空機のリース事業、海外不動産の賃貸事業も手がける。地域の発展を考慮した土地活用を考える観点からおおさか創造千島財団を設立、また水辺のアヒルプロジェクトも行っている。

INFORMATION

芝川ビル

1927年(昭和2)竣工、「大大阪」時代から現在に至るまで、現役で活躍するビル。古代中南米マヤ、インカがデザインソースとされ、入り口扉付近、階段、床タイルなど随所に装飾が見られる他、防火対策も万全を尽くしたものになっている。現在は店舗が入居しているほか、夏には屋上でビアガーデンもオープン。■大阪市中央区伏見町3-3-3

芝川ビル

<公式>インタビュー|プラウドタワー北浜│地下鉄堺筋線「北浜」駅徒歩1分、地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅徒歩7分の新築分譲マンション

お問い合わせは
「プラウドタワー北浜」プレミアムサロン

0120-09-0281

営業時間/平日10:00~17:00 土日祝 10:00~18:00
定休日/毎週水・木曜、毎月第2火曜日