建築デザイン

プラウドタワー川口

メインビジュアル

便利さと豊かな庭園空間を
両立させたタワーレジデンス

駅近でありながら広大な公園に隣接し、その公園の緑と連なるような豊かな庭園空間に包まれた「プラウドタワー川口」。敷地の魅力を生かし、利便性と自然を身近に感じる暮らしを同時に実現したタワーマンションの見どころを担当者が語ります。

どこから見ても美しい「顔」と、空へ向かう伸びやかさを表現

川口駅西口は商業施設が集まる東口とは対照的に、駅前の広大な川口西公園(リリアパーク)をはじめ、文化施設や住宅街を擁する落ち着いた住環境が広がります。その西口から徒歩4分でリリアパークに近接するという、またとないロケーションに誕生したのが「プラウドタワー川口」です。

南北に長い敷地はリリアパークに接した北側が細く、南側にまとまった四角い土地があります。そこで南側に高層の建物を集約させ、北側に緑豊かな公園やプロムナードを配することによって、駅前から緑が連続し、その緑地空間の中にタワーが佇むというイメージを生み出したいと考えました。

建物は各住戸の日当たりを考慮し、南東側に交点のあるV字形にしました。外観デザインはこのV字形を生かし、どちらの方向から見ても印象に残る「顔」にすべく、三つの角にコーナーサッシを設けています。また、東と南の2面の中央には、幅1mの存在感あるマリオン(縦ラインの部材)を2本ずつ配し、最上部で庇とつなぐことで、コーナーへ視線をいざなう効果を演出しました。

さらに、ガラスと黒いルーバーを組み合わせたバルコニーの手すりは、上層階へ行くほどガラスの配分を多くしています。タワーマンションは下から見上げる建物なので、グラデーションによって空への伸びやかさを表現したいと考えたからです。

エントランスに至る二つのアプローチ

このマンションにアクセスするには、二つのアプローチがあります。一つ目はリリアパークとつながる敷地の北側から入り、遊歩道を抜けてエントランスに至るルートです。道路沿いには既存樹のトウカエデをはじめ、多様な高木を植える一方、遊具やベンチを配し、近隣の住民を含め、老若男女が自由に使える多目的広場を設けました。

広場の左手に延びる遊歩道「シーズンプロムナード」はエントランスや東側の道路に通じており、マンションの住人以外も散策を楽しめます。照明を兼ねた入口のゲートや、その奥に続く照明柱には、鋳物の街として知られる川口市にちなみ、地元の企業に製作を依頼した鋳物アートをあしらいました。

もう一つのアプローチは、敷地の東側の道路から直接エントランスに至るルートです。車寄せを兼ねたグランドエントランスには大きな庇のあるゲートを配し、上質な別世界の始まりを表現しました。また、植栽帯の足元には、切り出した大きな自然石をそのまま組み合わせて配することで、空間に豊かさと風格を加えています。植栽帯の脇を奧へ進むと、プロムナードに通じます。

鋳物アートを配した天井高約3.6mのエントランスホール

エントランスホールは天井高約3.6mの大空間です。来訪者を出迎える壁面のアートも、鋳物(アルミキャスト)を採用しました。数個のパーツを縦に積み上げた、高さを生かしたデザインです。来訪者だけでなく住民の皆さんを迎え入れるようなやわらかな演出を心がけ、花や葉をモチーフにしました。右手の柱の奧には、中庭に面したラウンジが連続しています。

1階には子育て中の若いファミリーを想定した共用スペースも設けました。キッズルームで心がけたのは、親子の距離感です。親御さんが遊ぶ子どもを見守りながらスマホを見るといった過ごし方ができるよう、遊び場の周りをデスクで囲いました。また、スタディスペースも、自宅ではなかなか落ち着いてデスクワークができないという子育て世代のニーズを考慮して確保した場です。なお、キッズルームは川口市と協定を結び、災害時に帰宅困難者が一時滞在できるスペースとして開放することで、地域貢献も果たしています。

外気浴が満喫できる「離れ」のレストハウス

このマンションには、もう一つ、贅沢な共用スペースがあります。北側のプロムナード沿いに設けた別棟の「レストハウス」です。切妻屋根を載せた平屋で、周りには広いデッキを設けました。広場に面した北側のデッキからは外で遊ぶ子どもを見守りつつ過ごせ、イベント時にはステージとしても活躍します。

レストハウスの南北2カ所に設けたコーナーサッシは全開でき、開け放つと内と外が一体になります。散歩の途中に立ち寄ってお茶を飲んだり、レストハウスと一体で予約して、半屋外パーティーを開いたりすることも可能です。

ここまで地域や土地とのつながりを意識した空間を持つマンションはなかなかないのではないでしょうか。住民の皆さんはもちろんのこと、広く地域の皆さんにとっても、川口の街にふさわしい風景の一部として、記憶に残る建物になってくれたらと願っています。

インタビュー

野村不動産 住宅事業本部事業推進二部推進二課 下田 祥

「プラウドタワー川口」は基本設計から引き渡しまで4年弱、ずっと担当できた思い出深い物件です。北側の広場に関しては、近隣の方々と話し合いを重ね、最終的に現在のような、幅広い年齢層が使える多目的な場になりました。完成後、複数の方々から「よい場所になった」とご感想をいただき、安堵しました。これまで設計に当たり、住民の皆さんのことを第一に考えてきましたが、今回、マンションは街や地域にとっても大きな存在なのだと実感したこと、そして、こちらの想いを伝えることによって道は開けると体感できたことは大きな収穫でした。
この経験を今後の仕事に生かしていきたいと思っています。

プラウドタワー川口

所在地
埼玉県川口市飯塚
交通
JR京浜東北線「川口」駅 徒歩4分
総戸数
200戸
竣工
2020年1月

※掲載の情報は、2020年8月時点の情報です