このページをお気に入りに追加する

  • スマートフォンなどにリストを共有できます詳細な物件情報をご覧になれます

暮らしの取り組み

プラウドのクオリティ グレードアップアイテムについて
Luxmoreとオーダーチョイス

お気に入り
メインビジュアル

プラウドは、「お客様が常に中心」をコンセプトに、「安心」と「信頼」、そして普遍的な美しさを持つ「デザイン」をお客様にお届けしています。その背景にあるのは、住まう方一人ひとりが胸を張って『世界一の時間』と思える時を過ごし、プラウドに住まうことを誇らしく感じていただきたい、という思い。『誇り』と感じられる住まいという思いが込められたプラウドには、常に新たな発想で、住み続けたくなる暮らしを妥協することなく追求したクオリティが込められています。

「住み続けたくなる暮らし」を追求する姿勢から生まれた、LUXMORE。

LUXMORE

たとえば多くのプラウドが標準仕様としている「LUXMORE(ラクモア)」は、野村不動産が住まいづくりのプロフェッショナルとして、暮らし心地にとことんこだわった商品開発。「住み続けたくなる暮らし」を「豊かな時間の創出」・「デザインへの配慮」・「使いやすさ」・「可変性」・「清掃性・メンテナンス性」の5つの視点から追求し、LUX(優雅さ)とラク(楽)を実現しています。ライフスタイルは刻一刻と変わっていきます。たとえばマンションのご購入を考えるお客様の多くは、未就学児の子育て中である若い世帯です。また現在は「共働き世帯」が増加し、「使いやすさ」にもよりお客様の暮らし方に寄り添った品質が求められます。

ライスタイルによって変わる「使いやすさ」と高級感に応えるために。

参考写真

「LUXMORE」の開発商品の中に、オリジナルの<システムウォール>があります。

それは、低位置のまま必要なものを出し入れすることを可能にする、「楽」を叶えることで、「時短」・「ストレスフリー」・「男性の家事参加」といった、現在のご家族の「暮らし方」に応えるもの。収納力や美観といった「美しさ」を叶えながら、「使いやすさ」「料理のしやすさ」「シチュエーションによってアレンジできる」などの機能性や暮らし心地を高めるためのアイテムです。

参考写真

またプラウドでは、ドレッサーを「自分たちらしさを演出する家具」として考えています。<飾れるオープンBOX>は、ライフスタイルによってさまざまな使い方ができます。お気に入りの小物やグリーンで演出することも、デイリーアイテムをサッと取り出すために利用することもできます。ここにも、忙しい方のライフスタイルや、時には二人並んでの身支度なども想定した「デザイン」と「使いやすさ」が追求されています。

更なるこだわりの設備やオーダーチョイスによるグレードアップが可能に。

さらにプラウドでは、住まう方の理想を叶えるために、特定のフロアにだけこだわりの設備を標準仕様としている物件や、グレードアップなどができる、オーダーチョイスをご用意しています。

※下記ご紹介の設備はプラウド綱島SSTのプレミアムスマートフロア(8階~10階)の標準仕様、及び選択できるオーダーチョイスの一例となり、全ての物件に対応した仕様ではありません。詳しくは各物件までお問合せください。

IHクッキングヒーター

グリルにもIH&遠赤を搭載した「IHクッキングヒーター」を標準装備。

例えば多機能で安全な「IHクッキングヒーター」は、焼き物・揚げ物などの料理にさらなるこだわりをプラスできる他、エコナビを搭載するなど安全性のアップグレード、清掃性のアップグレードなどを実現しました。

酵素美泡湯

バスタイムのリラクゼーションアップのために、「酵素美泡湯」を。

身体を優しく温める、酸素を含んだミクロの泡で、ぬるめのお湯でも入浴後のポカポカが長続き。負担をかけず身体を温める、新しい入浴スタイルです。

さらに美しい家具

洗面化粧台下部にモザイクタイルを配して、「さらに美しい家具」に。

「こだわりを演出する空間」としてのドレッサーを、さらに美しいデザインに。洗面化粧台下部の意匠や面材へのこだわりで、自分好みのドレッサーを実現することができます。

コーナー建具

コーナー建具を格子(採光)建具仕様に変更。

建具の部材にこだわって、突板仕上げや天然無垢仕上げ、鏡面仕上げにしたり、まるで障子のような採光を意識した格子仕様など、将来のリフォームのしやすさと上質感を共に追求するなど、ディテールにまでこだわりを込めたグレードアップが可能です。

※プラウド綱島SSTのモデルルームを撮影(2017年5月、8月)したものです

明日の暮らしが、今日よりも少し輝くように。プラウドでは、技術・経験・情熱・そして細かな目線を持って「住まい」を「暮らし」を創っていきます。設備や仕様へのこだわり、オーダーチョイスできるアイテムやメニューは、物件によってさまざまな工夫がなされています。是非各モデルルームにて、実際にお確かめください。

この記事をご覧の方には、
こちらの記事もおすすめ

ページトップへ