このページをお気に入りに追加する

  • スマートフォンなどにリストを共有できます詳細な物件情報をご覧になれます

オーナーズストーリー

プラウド代官山 T邸

お気に入り
メインビジュアル

「和」のイメージを取り入れたつながりのある部屋

玄関側から廊下の見通し

Tさん夫妻は現在0歳のお子さんとの3人暮らし。将来はご両親が住む一軒家を住み継ぐ予定ですが、偶然「プラウド代官山」のモデルルームを見て気に入ってしまったそうです。心惹かれたのは、このマンションに備わった、間取りや内装が自由に変更できる「オーダーメイドシステム」。実はご主人の会社は住宅関連メーカーで、「いきなり一戸建てを建てるのはハードルが高いですが、マンションで注文住宅に近いシステムが活用できれば、やってみたかったことがいろいろできるのではと思ったんです」と語ります。

L字形の廊下の角から奥を見る

ご夫妻が選んだのは南西向きで、広いルーフバルコニーとデッキ張りのバスコートを備えた角住戸。以前の住まいが北向きで日当たりも風通しも悪く、お風呂も窓がないユニットバスだったため、「そのフラストレーションをぶつけて、明るく開放的な住まいにしたかった」と笑うご主人。子供が小さいうちは大きな一室空間でのびのびと育てるのも悪くないと考え、標準の3LDKを1LDKに変更することに決めたそうです。

リビングから見たキッチンとダイニング

もう一つ、大きく変更したのがキッチンです。標準仕様はシンクとコンロが横並びの対面キッチンでしたが、コンロを背面に移動。これにより、作業スペースにゆとりが生まれると同時に、油汚れや煙が気になるコンロをリビングから遠ざけることができ、一石二鳥。さらに、洋室2室分の一部を取り込むことで間口が広くなったLDKに加え、コンロをなくした対面キッチンの間口も狭まったため、キッチンの横に一直線にカウンターテーブルを連続させることができました。

リビング・ダイニング

さらに、廊下を延長し、LDKを経由せずに主寝室に行ける裏動線を確保する一方、LDKの出入口を引き戸に変更し、LDKと主寝室の間にも引き戸を新設しました。両方開け放つと、家じゅうがつながったワンルームになります。かつてTさんのご両親の家の隣には、小さい頃よく遊んだ、思い出深い祖父母の邸宅があったそうです。LDKと廊下を仕切る格子戸はその家の「和」のイメージを再現したものですが、建具で自在に仕切ったりつないだりできるプランもまた、古きよき日本家屋の続き間に通じるものがあるように見えました。

間取り図

オーナーのこだわり

格子戸と調和した曾祖父直筆の書

格子戸と調和した曾祖父直筆の書

廊下に飾られた「必成」(「必ず達成する」の意)の書は、絵も書もたしなんだというTさんのひいおじい様の直筆。左手に見えるのはリビングの出入口で、和をイメージして標準仕様のドアから引き戸に変更したものですが、この格子戸と見事に調和しています。

由緒ある和だんすをリフォーム

由緒ある和だんすをリフォーム

延長した廊下の突き当たりに配した和だんすも、ひいおじい様が昭和初期に特注し、代々大切に使ってきた品。今回Tさん夫妻が譲り受け、塗り直したそうです。内部は桐、外側は桑で、跳ね上げ扉を開けると小引き出しが出現。昔の指物師の高い技術がうかがえます。

座り心地のよいシステムソファ

座り心地のよいシステムソファ

新居に合わせて購入したリビングのソファはアルフレックス ジャパンのオリジナル。空間や用途に合わせて組み替えられるだけでなく、座り心地も抜群。ウレタンと羽毛を組み合わせた独自の多層構造で、柔らかさと、しっかりした復元力を兼ね備えています。

プラウド代官山:東京都渋谷区鉢山町(東急東横線「代官山」駅徒歩9分、JR山手線「渋谷」駅徒歩10分)

※掲載されている情報は2013年1月時点のものです。

この記事をご覧の方には、
こちらの記事もおすすめ

ページトップへ