【PROUD 公式ホームページ】コンセプト|-プラウド新虎通り-「虎ノ門ヒルズ」駅徒歩8分、「新橋」駅徒歩6分。虎ノ門再開発エリアを貫く「新虎通り」沿いの地上18階、全76邸のレジデンス。

CONCEPT

Vision

航空写真

Center of Tokyo世界を視野に、
未来へと加速する虎ノ門。

日本のビジネスを支えてきた街、新橋。旧くは武家屋敷が建ち並んでいた街、虎ノ門。
そのエリア一帯が、いま熱い視線を浴びている。
もっと日本の中枢へ、さらに国際的な都市へ、
街のイメージを一新するほどの進化を遂げようとしている。

虎ノ門エリア概念図

提供写真

Toranomon Development インパクトを有する
国際複合都市へ

2014年に「虎ノ門ヒルズ 森タワー」、
2020年に「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」が開業した、虎ノ門エリア。
今後も、現在建設中の「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」と
東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」と一体開発する「(仮称)虎ノ門ヒルズ
ステーションタワー」が加わることで、このエリアが、なおいっそうインパクトを有する
国際複合都市へと進化します。
※出典:森ビルHP(2020年12月現在)

現地周辺の街並み(約110m/徒歩2分)

Vision of FUTURE 東京の新たな
シンボルストリート“新虎通り”

道路を賑わいの場として活用する「東京シャンゼリゼプロジェクト」など、
歩道と沿道が街並みと一体となった、景観美しいエリア。
今後さらなる魅力的な街への進化が期待されている。
※出典:新虎通りエリアマネジメントHP(2020年12月現在)

※掲載の航空写真は計画地周辺を2020年4月に撮影したものにCG加工したもので、実際とは異なります。
※掲載の環境写真は2020年5月、11月に撮影したものにCG加工したもので、実際とは異なります。
※徒歩分数は1分=80mとして算出(端数切り上げ)したものです。
※掲載の虎ノ門エリア概念図は、周辺の立地を概念化し、イラストで表現したもので、地形・建物の大きさ・距離・方向等は実際とは異なります。各事業の完成は工事の進捗状況により遅れが生じる場合があります。また、計画が変更になる場合があり、景観等が変わることがあります。

お問い合わせは「プラウドギャラリー虎ノ門」

0120-700-988

営業時間/平日 11:00~18:00 土日祝 10:00~18:00
定休日/毎週火・水・木曜日