ロケーション|<公式>プラウド日本橋久松町|新築分譲マンション|野村不動産-PROUD-

TRADITION × FUTURE LOCATIONロケーション

TRADITION × FUTURE

「人形町」駅徒歩6分。 伝統の老舗と新スポットが共存する、ここだけの暮らしを堪能。

江戸以来の味や技を伝え継ぐ、由緒ある老舗の数々。

  • うぶけや

    460m/徒歩6

  • 人形町今半 人形町本店

    590m/徒歩8

  • 玉ひで

    720m/徒歩9

  • 江戸屋

    750m/徒歩10

  • 竺仙

    800m/徒歩10

  • 小津和紙

    890m/徒歩12

現代的なセンスが溢れるカフェやレストランも豊富。

  • NIHONBASHI BREWERY.

    200m/徒歩3

  • Union Sand Yard

    310m/徒歩4

  • TRATTORIA COLLE

    290m/徒歩4

  • ブラザーズ人形町本店

    360m/徒歩5

  • イレール 人形町

    510m/徒歩7

  • hachi

    630m/徒歩8

「東京」駅約1.6km圏。 賑わいを愉しみながら穏やかに暮らせる、日本橋久松町。

計画地は日本の中心とも言える「東京」駅から約1.6km。
日本橋中央通り界隈の大規模施設に象徴される、商業・ビジネスエリアを日常的な生活圏としながら、
利便性や人情味溢れる商店街、緑潤う公園など、穏やかな暮らしが根付いたエリアに位置している。

エリア概念図

最先端の再開発エリアを間近に。 大型複合商業施設や百貨店も徒歩圏。

  • コレド室町(約960m/徒歩12分)
  • 日本橋髙島屋S.C.(約1,520m/徒歩19分)
  • 日本橋三越本店(約1,110m/徒歩14分)

更なる未来への発展と資産価値にも期待。

日本橋をはじめ、大手町、丸の内、八重洲といった東京駅周辺エリアでは、未来に向けた様々な開発プロジェクトが進行中。商業・ビジネスの一大拠点として、今後の更なる発展が予想され、近隣エリアにおける土地や建物の資産価値向上にも期待。豊かな将来性は、中央区日本橋界隈に住む大きなメリットの一つと言える。

東京駅周辺再開発マップ

1

日本橋一丁目中地区
第一種市街地再開発事業2025年度竣工予定

歴史・文化の蓄積や水辺環境をいかした街並みの形成と交流拠点の整備。
出典:内閣府国家戦略特区地方創生推進事務局ホームページ(2019年5月31日)

2

日本橋室町一丁目地区
第一種市街地再開発事業2028年度以降竣工予定

創薬ビジネス支援機能等を整備し、国際競争力の高いライフサイエンスビジネス拠点を形成。
出典:内閣府国家戦略特区地方創生推進事務局ホームページ(2019年5月31日)

3

東京駅前常盤橋プロジェクト2027年度竣工予定

高さ約390mの超高層タワーや大規模広場など敷地面積3.1haに渡る壮大なプロジェクト。
出典:三菱地所株式会社ニュースリリース(2015年8月31日)

4

八重洲一丁目北地区2035年度竣工予定

日本橋川沿いの連続的な水辺空間と歩行者ネットワーク、国際金融・都心型MICEを支える高度金融人材サポート施設の整備。
出典:内閣府国家戦略特区地方創生推進事務局ホームページ(2019年5月31日)

5

東京駅前八重洲一丁目東地区
第一種市街地再開発事業2025年竣工予定

オフィスや商業施設、医療施設、バスターミナルなどを整備。
出典:東京都都市整備局ホームページ(2018年3月31日)

6

八重洲二丁目北地区
第一種市街地再開発事業2022年8月竣工予定

バスターミナルや商業施設、教育施設、子育て支援施設などを整備。
出典:東京都都市整備局ホームページ(2018年3月31日)

7

八重洲二丁目中地区
第一種市街地再開発事業2025年竣工予定

バスターミナルや商業施設、教育施設、子育て支援施設などを整備。
出典:東京都都市整備局ホームページ(2018年3月31日)

8

KABUTO ONE2021年7月開業予定

「茅場町」駅直結、オフィス・店舗・金融貢献施設などから構成される大規模再開発。
出典:平和不動産株式会社・山種不動産株式会社・ちばぎん証券株式会社ニュースリリース(2019年5月21日)

9

八重洲二丁目南地区都市計画認定目処:2018年中

アフターパラリンピックの障害者スポーツ振興拠点の整備、東京駅周辺の国際ビジネス・観光拠点等との連携強化。
出典:内閣府国家戦略特区地方創生推進事務局ホームページ(2019年5月31日)

10

日本橋一丁目東地区都市計画認定目処:2018年度中

東京国際金融センター構想の金融軸を支える多様な機能集積。
出典:内閣府国家戦略特区地方創生推進事務局ホームページ(2019年5月31日)

土地の価値が示す中央区の将来性。

土地の価値を具体的に示す指標の一つに、公示地価がある。区市町村ごとに算出された公示地価の平均価格(商業地)において、中央区は東京23区中1位。2位の千代田区との差は約2.5百万円。この圧倒的な土地価格は、オフィスや商業用地など、様々な企業のニーズの高さを示すと同時に、将来に渡る更なる発展を想像させる。

※掲載の写真は2012年2月〜2019年6月に撮影したものです。
※表示の徒歩分数は 1分=80m で算出(端数切り上げ)しております。
※掲載のエリア概念図は地図を基に簡略化して描き起こしたもので位置、 距離等は実際とは異なります。東京駅約1.6km圏は東京駅日本橋口を基点に計測しています。
※掲載の再開発完成予想図はイメージであり変更になる場合があります。また、竣工予定時期も工事の進捗状況等により変更になる場合があります。
※掲載の情報は2019年7月現在のものです。

お問い合わせは「プラウド日本橋久松町」マンションギャラリー

0120-778-035

営業時間/平日 11:00~18:00 土日祝 10:00~18:00
定休日/毎週火・水・木曜日