コンセプト|<公式>プラウド上原フォレスト|分譲マンション|野村不動産-PROUD-

CONCEPT

シャンデリア

上質な風が吹いていた。

風にも質感があるとしたら、
間違いなく、この場所がそうだ。

静かな高台を覆い尽くす気の流れに身を置くと、
この地が紡いできた記憶のかけらが再生され始めた。

時が磨き上げた邸宅は、緑陰の奥に佇んでいる。
そして、ガラスの真新しい息吹きを得て美しく蘇り、
新たな序章の始まりを告げる。

時間には、物語がある。

邸宅は圧倒的な緑陰のうねりのなか、
クリスタルの原石のように、
濃密な時間の煌めきを映し出していた。

最高の価値は、再生によってつくられる。

ルーヴル美術館 (フランス)

建築史に残る傑作は、
継承と革新の融合で生まれ続けている。

パリのルーヴル美術館をはじめ、斬新なアイデアから生まれた世界に誇る名建築の数々。それらは、悠久の時間の中で高度な増改築技術によって、現代最高峰の建造物となっています。歴史ある建物に込められた想いやエネルギーを護りながら、最新の機能や技術を融合することで、新たな歴史的価値を加える。こうした世界の建築思想は、現代の住文化にも大きな影響を与えています。

ポートハウス(ベルギー)

ドイツ連邦軍軍事史博物館(ドイツ)

オルセー美術館(フランス)

その輝きは、時代のピークを映し出していた。

1984年。都心で贅を尽くしたマンションを建設するプロジェクトが始まった。
モデルとなったのが、パリのエリゼ宮殿(大統領官邸)。
企業のトッブや海外の大使館員らのVIPに選ばれた。

2020年、新たな煌めきへ結実する。

CRYSTALLIZE

写真は1984年に既存建物「エリゼアパートメント」 竣工時に撮影されたものです。

時が紡いだプロジェクトは、新たな輝きとともに未来へ。

※掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。なお、外観の細部・設備機器・配管類等は一部省略または簡略化しております。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものでは無く、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。また、一部透かした表現をしております。敷地周辺の建物及び電柱・標識・架線・ガードレール等は一部省略または再現しておりません。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。
※掲載のシャンデリアは2017年2月に既存建物「エリゼ アパートメント」にて撮影した写真をデジタル加工したものです。

お問い合わせは
「プラウド上原フォレスト」

0120-15-1984

営業時間/平日 11:00~18:00 土日祝 10:00~18:00 
定休日/毎週火・水・木曜日