image

image photo

コンセプト

GROWING

城南・池上
文化薫る街から未来へ。

東急池上線の到達地として拓かれた、池上。
古くから人々の暮らしを育んできた街は発展を続け、品川へ11分、横浜へ13分というアクセスを誇りながら、生活施設がコンパクトに集積する、良質な住宅地へと成熟を遂げました。さらに、2020年開業予定の新たな「池上」駅ビル開発計画や品川・羽田を中心とした数々の国家規模の開発計画など、未来への期待が膨らむ城南エリアの進化を身近に感じる場所。
池上エリアにおいて、野村不動産初※1のプロジェクトが誕生します。

東京−品川−横浜をつなぐ大動脈路線
「京浜東北線」に寄り添う住宅地「城南・池上エリア」。

ポジション概念図

快適な都心アクセスと歴史・文化の薫りを
あわせ持つ「城南・池上」エリア。
未来に向けて進化していきます。

image photo

THE FUTURE

新しい日本の玄関口「品川」、
国際ターミナル「羽田空港」が位置する「大田区」、
そして、駅前再開発を予定する「池上」
将来性に期待ができそうです。

池上本門寺(現地より約1,030m/徒歩13分)

THE ESSENSE

ただ都市や駅に近ければ良いだけでなく、
緑・環境・静けさ・治安、暮らしの”本質”を得られます。
陽の光とともに、
窓を開けて暮らすのはいかがですか?

LIFEGROWING

2020年、あたらしく生まれ変わっていく「城南・池上エリア」に先立ち、
「プラウド池上」が誕生します。

城南・池上の、歴史と未来

  • 1922

    池上本門寺参詣客輸送を目的に「蒲田-池上」間、開業。

  • 2007

    • image photo

    • 池上線新型車両7000系運行(ベビーカーや大きな荷物を置けるフリースペース設置)

  • 2011

    アジアへッドクオーター特区制定

  • 2017

    池上線開通90周年記念イベント

    品川区・大田区と連携して、池上線沿線を活性化させる「生活名所」プロジェクトを開始

    • 外観完成予想CG

    • 「プラウド池上」竣工
      2020年1月中旬引き渡し予定

    • image photo

    • 羽田国際便増便
      東京の国際競争力を高めるために2020年にさらに1.7倍の増便を予定

  • 2045

    リニア中央新幹線「名古屋~大阪」間開業

  • 1928

    池上線全線(蒲田駅〜五反田駅間)開通

  • 2010

    • image photo

    • 「羽田空港」新国際線旅客ターミナル開業

  • 2014

    品川区・大田区 国家戦略特区に指定

    「羽田空港」国際線ターミナルの大幅拡張。

  • 2020

    • 駅外観イメージ※2

    • 「池上駅ビル再開発計画」
      保育園・図書館・その他商業施設導入予定

    • image photo

    • 「山手線新駅"高輪ゲートウェイ"開業」
      40年ぶりの新駅。山手線新駅"高輪ゲートウェイ"前では約13haに及ぶ大規模開発を検討中。

  • 2027

    • image photo

    • リニア中央新幹線「品川~名古屋」間開業
      ※名古屋まで40分

文化や自然。従来からそこにある本質(ESSENSE)、国家規模で成長していく街の未来(FUTURE)
これらが共存する地に誕生する「プラウド池上」

一番懐かしく、新しい暮らしがはじまります。