【PROUD 公式ホームページ】ロケーションページ|-プラウドタワー川口クロス- JR京浜東北線「川口」駅徒歩4分の[住・商・医・育]複合再開発タワー|野村不動産の新築分譲マンション

川口銀座商店街(樹モール)
(約80m/徒歩1分)

知ればますます好きになる!
わがまち、川口が紡いできた歴史

知ればますます
好きになる!
わがまち、川口が
紡いできた歴史

  • #歴史
  • #川口

川口に人が住みだしたのは今から2万年前のことらしいです。でもその頃、川口駅あたりは海の底で、貝塚が点在している市の北部や東部あたりが海辺だったと考えられます。「川口」という地名が歴史文献に出てくるのは鎌倉時代のこと。『とはずがたり』や『義経記』「小川口」と記されているんですが、それは当時、もっと大きな「川口」が現在の加須市にあったからのようです。江戸初期に「小」がとれて晴れて「川口」になりましたが、その頃には幕府の直轄領となり、灌漑により農地が拡大し農業が盛んに。また、日光御成道の宿場が置かれた上に水運も整備されて交通の要衝として栄え、鋳物や植木などの産業も生まれ、特に鋳物産業は近代になってさらに飛躍し全国区となり、現在の川口の発展に結びついていきました。

image photo
01

植木の四大産地の一角!
伝統を受け継ぐ安行の花木栽培

安行の植木産業は江戸初期にこの一帯を治めていた関東郡代が植木栽培を奨励、安行植木の祖とよばれる吉田権之丞が承応年間(1652~55)に切り花植木をつくったことが原点で、その直後江戸で大火事があり、その復興のために大量に供給したことで飛躍的に発展。江戸などの各市場への交通の便の良さに、恵まれた自然条件と栽培技術の高さも相まって一大産地の地位を確立し、近代になると植木の輸出までおこなわれました。安行で生まれた栽培品種は数多く、中でも早咲きの安行桜は有名。その名所、密蔵院は3月になると濃いピンク色に染まります。

  • 川口緑化センター 樹里安
    (約7820m)

    安行の伝統を受け継ぐ、植木や造園の拠点施設。植物の展示・販売を目当てに、園芸ファンもプロの業者もやって来ます。道の駅を併設し、農産物直売やレストランも充実、イベントもいろいろ。

    所在地:
    川口市安行領家844-2

    TEL:
    048-296-4021

    営業時間:
    園芸販売 9:00~17:00
    農産物直売所 10:00~16:00
    レストラン 10:00~15:00

    定休日:
    月曜日定休(祝日の場合翌平日)※農産物直売所は年末年始を除き営業
    https://www.jurian.or.jp/

川口市より提供:青木町平和公園 聖火台レプリカ

02

日本の近代工業を支えた
川口の鋳物産業

川口の鋳物産業の発祥については諸説ありますが、江戸時代にはこの地で釜などの日用品や鍬などの農具、鐘などの社寺用具が生産され、全国の鋳物師を支配していた官人、真継家が川口鋳物師に免許状を与えました。本町の錫杖寺の梵鐘は、その頃に鋳造されたといいます。明治に入ると炭吹きからコークス炊きへの技術革新など近代化が進み、建築材料や鉄管、機械部品など製造品も増え、特に日露戦争以降に大きく発展し1942年には鋳物生産量日本一の市に。戦争で一時落ち込んだものの、終戦直後は鋳物生産額で全国の約3分の1も生産していたんですよ。

  • 提供写真
  • 提供写真
  • 1110 CAFE / BAKERY
    (約2800m/徒歩35分)

    かつて炉の炎が絶えなかった鋳物工場の跡地の、3千坪ほどのガーデンの中に佇むカフェ。体と環境にやさしい植物由来のメニューを味わいながら、川口の歴史に思いを馳せるひとときを。

    所在地:
    川口市領家5-4-1

    TEL:
    048-229-1085

    営業時間:
    8:00~16:00 定休日・月曜(祝日の場合は翌日)

image photo
03
川口市マスコット
きゅぽらん

『キューポラの
ある街』から
都心近接の
魅力的な都市へ

川口鋳物の技術の高さを世界に示したのは、1964年の東京オリンピックでも使われた聖火台です。また、早船ちよの小説『キューポラのある街』が1962年、吉永小百合のデビュー作として映画化され、川口は鋳物の街として全国に知られるように。ところが、1973年をピークに生産量は減少。工業エリアは再開発で生まれ変わり、東京に近く住みやすい街として親しまれるようになりました。しかし、その伝統は継承され、現在も高い技術で高品質な川口鋳物が生産されています。また、鋳物は川口のシンボルとして愛され、まちづくりにも生かされています。

  • 街で発見!鋳物にちなんだあれこれ

    リリアパークの階段や本町通りの街灯など、市内各所で鋳物を見かけます。また、再開発ビル「キュポ・ラ」や川口市のマスコット「きゅぽらん」は、キューポラ=溶解炉にちなんだネーミングです。

※掲載の環境写真は2021年3月・4月・8月・12月に撮影したものです。
※社会情勢等の事情により営業時間等が変更となる場合があります。詳しくは各施設HP若しくは窓口へお問い合わせください。
※掲載情報は2022年6月現在のものです。
※掲載の徒歩分数は1分=80mで算出し、端数は切り上げております。

INFORMATION

東向きNタイプ~Tタイプ
オンライン個別案内会
モデルルーム案内会
開催中

image photo

エントリーいただくとホームページ内の「物件エントリー者様限定サイト」にて、最新情報をいち早くご覧いただけます。

FLOW

本物件ご案内の流れ

新型コロナウイルス感染・拡大の防止に向け、本件をご検討いただくにあたり、安全・安心を最優先としつつ、まずはオンライン個別案内会にて最新の情報をご提供させていただきます。

本物件では、ZOOMでオンライン
個別案内会を実施しております。
ZOOMのセットアップについては
こちら でご確認ください。

お問い合わせは「プラウドギャラリー池袋」

0120-011-481

営業時間/平日 11:00~18:00 土日祝 10:00~18:00
定休日/毎週火・水・木曜日

【夏季休業のお知らせ】

誠に勝手ながら8月9日(火)~8月18日(木)は夏季休業とさせていただきます。

プラウドの物件を探す

プラウドの物件一覧