ACCESS

image photo

東京直通32分(通勤時37分)千代田線で大手町32分(通勤時34分)
柏パワーアクセス。

沿線屈指のターミナル、「柏」駅。「東京」駅をはじめとした都心中枢部へダイレクトかつスピーディにアクセスが可能。通勤や通学はもちろん、ショッピングやレジャーなど、都市をアクティブに使いこなす軽快なフットワークを叶えます。

都心直結。3路線利用のアクセス。

「柏」駅からは、JR常磐線快速、JR常磐線各駅停車、東武アーバンパークラインの3路線を利用可能。JR常磐線快速は「上野」駅、「東京」駅、「品川」駅へ直通。JR常磐線各駅停車は東京メトロ千代田線への乗り入れで、「大手町」駅へ直通。東武アーバンパークラインは船橋方面へのアクセスに便利です。

路線図

路線図
  • image photo

    東京駅へ直通3237分)

    「柏」駅よりJR常磐線(上野東京ライン)特別快速利用(通勤時はJR常磐線(上野東京ライン)利用)

  • image photo

    大手町駅へ3234分)

    「柏」駅よりJR常磐線(上野東京ライン)特別快速利用、「北千住」駅で東京メトロ千代田線乗換え
    (通勤時はJR常磐線(上野東京ライン)利用、「北千住」駅で東京メトロ千代田線乗換え)

  • image photo

    北千住駅へ直通1617分)

    「柏」駅よりJR常磐線利用
    (通勤時同様)

  • image photo

    上野駅へ直通2629分)

    「柏」駅よりJR常磐線(上野東京ライン)特別快速利用
    (通勤時はJR常磐線(上野東京ライン)利用)

  • 都心と柏をつなぐ大動脈として、
    進化し続けてきた常磐線。

    常磐線は、1896年に「柏」駅の開業と同時に開通した、市内で最も歴史のある路線。
    JR線の普通列車としては最長の15両編成で、混雑率は東京圏の主要31区間の平均値よりも低くなっています。
    2015年に上野東京ラインが開通すると、東京や品川へも直通となり、乗り換えの解消による所要時間の短縮など、利便性が飛躍的に向上しました。※出典:国土交通省HP「2019年度 東京圏における主要区間の混雑率」

  • image photo

【JR常磐線及び柏市内他路線の発展の歩み】

【柏】 【北千住】複数路線が交わるターミナルとして発展し、駅ビルを中心に大型商業施設も充実。古くは宿場町として栄え、現在も商店街などにその名残を留めています。近年、様々な大学が誘致され、学生の街としての側面も有しています。 【新御茶ノ水】神田川の潤いが広がる駅周辺には大学が集積し、多くの学生たちで賑わいます。また、附属の大学病院も点在し、高水準の医療環境を形成。さらに、充実する大小の書籍店など、知の街としてのアカデミックな雰囲気が漂っています。【上野】東京の北の玄関口として機能。駅から近いエリアに、上野恩賜公園をはじめ、動物園や美術館、博物館など多彩な施設が集積。約400店ものお店が連なる商店街では、下町情緒に浸りながらショッピングやグルメを楽しめます。 【大手町】様々な企業が本社・本店を構える日本を代表するオフィス街。近年の再開発によって、商業施設やホテルなどを併設した複合施設が次々と誕生し、ビジネスパーソン以外の人にも親しまれる魅力ある街へと進化しています。【東京】言わずと知れた日本最大級のターミナルシティ。象徴的な駅舎の周囲には、超高層タワーが林立し、首都東京の中心たる都市景観が広がります。駅構内や地下には様々な商店街が広がり、日本各地の名産品を満喫できます。 【霞ケ関】約30の中央諸官庁が集まり,日本の行政・司法の中心地を形成。日比谷公園の潤いも身近で、隣接する虎ノ門は大規模な開発により、次世代の東京を担う街として、最も注目が集まるエリアの一つ。【新橋】駅周辺にはオフィスが多く、「サラリーマンの街」として親しまれています。街としての歴史が古いため、昭和の雰囲気が漂うスポットもあちこちに。再開発が進んだ汐留や銀座などに隣接しているのも特徴です。 【表参道】隣接する原宿・青山と並び、東京を代表するファッションブランド集積エリア。他にも、アートやグルメなど様々な情報の発信地であり、街中を歩くだけでも楽しい、高感度なカルチャーと触れ合えるスポットです。【品川】国際的なビジネス拠点として大規模な開発が進む街。近代的なオフィスビルやホテル、商業施設が建ち並び、リニア中央新幹線の発着駅にも選ばれるなど、東京の新たな玄関口として今後も期待が高まります。
新御茶ノ水:「柏」駅よりJR常磐線(上野東京ライン)特別快速利用、「北千住」駅で東京メトロ千代田線乗換え[通勤時はJR常磐線快速利用、「北千住」駅で東京メトロ千代田線乗換え。31分]
新橋:「柏」駅よりJR常磐線(上野東京ライン)特別快速利用[通勤はJR常磐線(上野東京ライン)快速利用。40分]
霞ケ関:「柏」駅よりJR常磐線(上野東京ライン)特別快速利用、「北千住」駅で東京メトロ千代田線乗換え[通勤時はJR常磐線(上野東京ライン)利用、「北千住」駅で東京メトロ千代田線乗換え。40分]
品川:「柏」駅よりJR常磐線(上野東京ライン)特別快速利用[通勤時はJR常磐線(上野東京ライン)利用。45分]
表参道:「柏」駅よりJR常磐線利用、「北千住」駅で東京メトロ千代田線乗換え[通勤時同様。48分]
船橋:「柏」駅より東武アーバンパークライン急行利用[通勤時同様。23分]
電車所要時間は日中平常時のもので、乗り換え、待ち時間は含みません。また時間帯により異なります。( )内は通勤時の所要時間です。掲載の情報は2021年3月時点のもので、今後変更となる場合がございます。(駅すぱあと「アクセス時間検索システム」調べ)