image photo

次代を見据えた可変性と機能を設える。

歳月とともに、家族構成やライフスタイルが変化するのは当然のこと。
「プラウド大泉学園サウスフロント」は、その時々で、家族と自分の時に輝きをもたらす、
可変性のある間取りと機能を設えました。

Plan design

悠然の景住戸計画

陽光と向き合う全邸南向きだからこそ、より明るく開放的な住空間を追求。
のびやかで、 いついかなる時も安らぎで満たされる住まいは、悠々とした時が流れ、歓びが響きあう景観を紡ぎ出す。

image photo
  • Point.1/Balcony

    テレワークスペースやアウトドアリビングとしても活用できる、プライバシー性の高いバルコニー。
  • Dタイプバルコニーイメージイラスト

詳しくはこちら

バルコニーもインテリア空間の一部と捉えると、暮らしの楽しみ方が広がります。プランターで花や野菜を育てたり、ガーデンテーブルとチェアを設置してオープンカフェにしたり。テレワークスペースにすると、青空と陽光に包まれるワーケーション感覚で仕事がはかどります。

  • 躯体壁

    バルコニーの隣住戸との境にはコンクリート壁を設置。コンクリートで隔てることで、バルコニーでの会話や生活音が隣住戸へ伝わりにくく、高いプライバシー性を保てます。

    参考写真

  • スロップシンク

    プランターやフラワーポットへの水やりは、室内から水を運ぶ必要がありません。洗濯機では洗いにくい、汚れた靴や泥汚れのある服を洗う際にも役立ちます。

    参考写真

  • 防水コンセント

    バルコニーでのパソコン使用や夜間のテーブルランプ、クリスマスのイルミネーション、掃除機など、屋外で電気製品を使用する際に役立ちます。

    参考写真

  • Point.2/Wall door

    可変性の高いウォールドアを採用。

    ドアを開けて使うと、隣の居室もリビングと一体化した広いスペースに、閉めるとプライベートな空間に。友人や両親が泊まりに来た日には、ゲストルームとしても利用できます。

    • 参考写真
    • 参考写真

Point.3/Mi-Liful

理想の間取を叶えるために生まれた「ミライフル」※1~4階住戸
詳しくはこちら
新技術「サイホン排水システム」と、従来の「重力式排水システム」の違い
  • ミライフル(サイホン排水システム)
    これまで排水立て管から約3m以内にしか配置できなかったキッチンを、最大約14mの距離まで設置可能に。それが新技術によるいちばんの特徴です。また、サイホン力を活かした高い排水性で排水管のつまりを軽減。メンテナンス・更新性の向上などのメリットも期待できます。
  • 従来の重力式排水システム
    床下の排水管に勾配が必要なため、キッチンの設置場所は排水立て管から約3m以内に限定。従って、間取り変更にも大きな制限があります。また、排水立て管は住戸内に必要な場合が多く、居住空間に余計な凸凹が出現。排水立て管のメンテナンスの際には住戸内への立ち入りが必要です。
例えば・・・こんなプラン変更が可能です
  • STAGE1 /現在

    縦長リビングタイプ

    3LDK

    ウォールドアを開ければパーティ仕様の空間、閉めればプライベートな空間へと変更可能な間取りに。

  • STAGE2 /10年後

    横長リビングタイプ

    3LDK

    開放感あふれるワイドリビングと回遊性を高めた子供部屋のレイアウトで子供たちの見守りも楽々。

  • STAGE3 /20年後

    主寝室バルコニー側タイプ

    3LDK

    キッチンから洗面室、収納空間、主寝室を通ってバルコニーへ、スムーズな動線で家事効率がアップ。

※掲載の間取りイラストは、「ミライフル」で伝えたいライフスタイルについて説明するために作成されたイメージイラストです。

収納と機能性を高めた、ゆとりのある居住空間。〈2~4階住戸〉

Standard Plan

  • Btype

    3LDK+WIC+N

    専有面積: 70.72㎡(21.39坪)

    バルコニー面積: 12.32㎡

    空間の可変性を高めるウォールドアを採用。

    アウトポ―ル設計により住空間の有効面積を拡大。

    引き違い納戸、ニッチ付きLD収納、大型ウォークインクローゼットなどの豊富な収納力。

    奥行き約2.0m、防水コンセント・スロップシンク設置の機能性の高いバルコニー。

床暖房 収納  WIC=ウォークインクローゼット N=納戸 
掲載の図面は計画段階のものであり、変更になる場合があります。また、梁・下がり天井などの表記は省略しております。

贅なる時と開放感を追求した、プレミアム住戸全4邸。

最上階「プレミアムフロア」には、厳選された高品質な設備・仕様はもとより、
ワイドなバルコニーなど、快適なプランニングにもこだわりました。
詳細はオンライン案内会にてご紹介いたします。

5階平面イラスト

Premium Floor

  • 平置駐車場優先権付

    Irtype

    3LDK+2WIC+2SIC+N

    専有面積: 95.42㎡(28.86坪)

    バルコニー面積: 19.49

    ルーフバルコニー面積: 21.60

    ルーフバルコニー付・2面バルコニー採用の南東角プラン。

    開放的な住まいを演出する南面約11mのワイドスパン。

    すべての洋室を南向き・6畳以上確保。

    ダブルウォークインクローゼット、ダブルシューズインクロークなどの多彩な大型収納完備。

床暖房 収納  WIC=ウォークインクローゼット SIC=シューズインクローク N=納戸 
掲載の図面は計画段階のものであり、変更になる場合があります。また、梁・下がり天井などの表記は省略しております。

南を見晴らす開放感と暮らす。

眺望写真(現地5階相当の高さから南方向を2021年8月に撮影)

  • 「プラウド大泉学園サウスフロント」の南側には、歩道と道路を挟んで、低層の戸建て街が広がっています。その先には、木々が演じる四季の風景。南面ワイドな敷地特性を最大限に活かし、のびやかな眺望と開放感を住戸プランに取り込みました。
  • 断面イメージイラスト

SPEC

  • Wide Span

    採光・通風・開放感に優れたワイドスパン。

    間口が最大11m超の開放的なワイドスパン住戸を設計。南側の窓面積が増えることで、室内にたっぷりと陽光が射し込み、窓を開けると爽やかな風が通り抜けます。

    概念図

  • Balcony

    住空間の開放感を高める2面バルコニー。

    角住戸(一部除く)には2つのバルコニーを設置。窓を開けてもプライバシー性が保たれ、住空間の開放感が高まります。※Fタイプ、Irタイプのみ

    概念図

  • Kitchen

    自然の光と風に満たされるバルコニー隣接キッチン。

    バルコニー側にドアを設置した、開放的でクリーンなキッチン。お料理中も明るい陽光に包まれ、ドアを開けると爽やかな風が吹き抜けます。キッチンに居ながら外の様子がわかるので、洗濯物を取り込んだり、プランターに水やりをしたり、家事をスムーズにこなせます。※F、G、Hタイプ

    概念図

掲載のバルコニーイメージイラストはDタイプの計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。また、設備・仕様はタイプにより異なる場合があります。詳しくは係員にお問い合わせください。家具・照明・調度品・備品等は販売価格に含まれておりません。
眺望写真は現地5階相当の高さから南方向を撮影(20201年8月撮影)したものに、CG加工を施したもので、実際の見え方とは異なります。また、眺望は住戸により見え方が異なります。周辺の環境は変わる可能性があり、眺望は将来に渡って保証されるものではありません。
掲載の断面イメージイラストは現地周辺の地図等をもとに書き起こしたもので実際とは道路の形状、建物の位置関係、サイズ、距離等異なります。周辺の電柱などは表現上省略しております。また、外観のイラストは計画段階の図面を参考に描き起こしたもので形状等は実際とは異なります。
掲載の5階平面イラストは、計画段階の図面をもとに描いたもので、実際とは多少異なります。また設備機器等につきましては表現上省略しております。
掲載のエントランス完成予想図は、計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。なお、外観の細部・設備機器・配管類及び電柱・架線・道路標識・周辺建物等は一部省略または簡略化しております。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。