田園都市線

image photo

今も未来将来も、もっと快適に。
田園都市線・急行停車
「鷺沼駅」の魅力。

東京メトロ半蔵門線に乗り入れ、「渋谷」「大手町」など都心の駅へ直通の東急田園都市線。
遅延率も大きく改善され、東急電鉄の中期的な計画の推進によって、これからも期待高まるアクセス環境です。

渋谷へ直通18分の
急行停車駅。
半蔵門線乗入れで、
大手町も直通35分。

急行停車駅である「鷺沼」駅なら、
通勤時7時台は約2〜3分に1本で快適。
Image
※「東急電鉄」HPより
Image
交通図
始発電車も利用できる
ターミナル駅「鷺沼」。

「鷺沼」駅は平日朝で合計10本、始発電車を利用することができます。
急行利用の便利さに加え、始発乗車なら座れる可能性も高くなり、一層快適に利用できるターミナル駅です。

Image
Image

乗り入れ交通図

都心の駅に直結だから、
通勤が便利。
深夜0時過ぎでも、
各主要駅から帰宅可能。

東京メトロ半蔵門線に乗入れし、乗り換え路線も多いので、都心通勤が快適。
また、夜遅い帰宅も安心。0時42分発の「渋谷」をはじめ、「永田町」「新宿」「銀座」「東京」
などからでも、深夜0時過ぎの電車で帰宅できます。

Image

image photo

「渋谷」駅午前1時台発。
深夜急行バス利用で、
終電後も安心。

平日、「渋谷」駅発午前1時から10分おきに合計3本(月〜水曜日は2本)、深夜急行バスが運行。「鷺沼」駅まで約18分、1,400円で利用することができるので、深夜タクシーを使うよりリーズナブル。

※出典:東急バスホームページ。運行日:月曜〜金曜 ※曜日によって運行便数が異なります。乗車分数は交通状況によって異なります。土曜・日曜・祝日および年末年始は運休。乗車定員のため、乗車できない場合がございます。

横浜環状北西線開通で、
横浜ベイエリア
がもっと身近に。

東名高速道路「東名川崎」I.Cへ約400mの近さ。圏央道や首都高速道路などとつながり、
多方面へカーアクセスが快適です。さらに現在、東名高速道路と第三京浜道路を結ぶ
「横浜環状北西線」の開発が進められており、開通すれば2016年度完成済の「横浜北線」
と合わせて、横浜ベイエリアへのカーアクセスが一層便利になります。

Image
高速道路図

羽田・成田空港へ
バスで直行。
旅行カバンの持ち運びも、
もっと快適に。

Image

image photo

隣駅の「たまプラーザ」から羽田空港へ一日合計40本運行、成田空港へは一日合計18本。
重い荷物を持ち運びながら、何度も電車を乗換えることなく、隣駅からバス一本で各空港へアクセスできます。

※出典:東急バスホームページ。

Image

空港バス概念図

3カ年計画推進で
さらに使いやすく、
期待高まる、
東急電鉄・田園都市線。

Image
再開発概念図
出典:東京急行電鉄株式会社ホームページより
東京急行電鉄株式会社中期3か年経営計画
(2018年度-2020年度)より
南町田拠点創出まちづくりプロジェクトホームページより

東急沿線が「選ばれる沿線」で
あり続けるための長期ビジョン

東急電鉄は、東急沿線が
「選ばれる沿線」であり続けるために、
長期ビジョン(2022年にありたい姿)の
実現と、
持続的な成長に向けた
全体戦略を策定しています。
“日本一住みたい沿線へ” →東急沿線
“日本一訪れたい街へ”  →渋谷  
“日本一働きたい街へ”  →二子玉川

[ 駅 ]

・ホームドア設置による安全対策

・安全・ストレスフリーな駅、鉄道をどこよりも早く。

・ホームドア・センサー付き固定式ホーム柵を2019年度100%設置完了目標。

[ 車両 ]

・22年度までに旧型車両の置き換え

・田園都市線に新型車両導入し、
朝の通勤ピーク前の急行も増発へ。

・ハード・ソフト両面で遅延・混雑の低減を追求。

[ 施設物 ]

・田園都市線の設備優先更新

・田園都市線地下区間の設備優先更新へ。

・保守・点検方法を見直し、
安定輸送を実現するための諸施策実施へ。

出典:東京急行電鉄株式会社中期3か年経営計画
(2018年度-2020年度)より

路線別遅延ランキングで
大幅に遅延改善の
東急田園都市線。

遅延の多い鉄道路線ランキング(2016年度)で、東急田園都市線は第15位。
前年の2015年度と比べて遅延日数が10ランク改善され第25位に。
これは東急東横線や小田急線などよりも遅延日数が少ない結果となっています。

※出典:国土交通省:報道発表資料(2017年12月22日発行)より。
遅延ランキングは、1カ月(平日20日間)あたりの遅延証明書の発行日数でカウント(2016年度)。

Image