【PROUD 公式ホームページ】駅東口複合開発|-プラウド宇都宮-JR「宇都宮」駅徒歩2分。官民一体・約2.6万㎡の規模を誇る東口地区整備事業区域内、全110邸のレジデンス。

宇都宮駅東口地区整備事業全体計画完成概念図 宇都宮駅東口地区整備事業全体計画完成概念図

宇都宮駅東口地区整備事業全体計画完成概念図

北関東最大級規模※1約2.6万㎡
官民一体※2による
東口駅前大規模複合開発が
県都・宇都宮の新しい中心へ。

北関東の主要都市として、その中枢性を高める宇都宮。これからも持続発展する都市を目指し、高次な都市機能が集積するネットワーク型コンパクトシティの新拠点が計画されました。それが、北関東最大級規模約2.6万㎡の規模を誇る「宇都宮駅東口地区整備事業」です。
新しい交通網LRT「ライトライン」の停留場を含め、県都の顔として象徴的な都市空間が駅東口に姿を現します。

JR「宇都宮」駅

現地周辺航空写真

華やぎ、賑わい、そして潤い。
美しい駅前風景が
暮らしの風景になる。

整備地区内にはJR宇都宮駅直結の「宇都宮駅東口交流拠点施設」を核に、大型スーパーマーケットや飲食店、ショップが揃う複合型商業施設、ホテル、医療など多彩な施設が開業予定。3層の交流広場も、風・水・緑と宇都宮市の潤いをモチーフに心地よい空間を創造。
駅前ならではの利便と、駅前とは思えないほどのやすらぎが、日常の舞台になります。

宇都宮駅東口地区整備事業完成予想CG

宇都宮駅東口地区整備事業完成予想CG 隈研吾建築都市設計事務所作成(出典:宇都宮市役所)※1.出典:宇都宮ライトレール株式会社HPより※LRTについては、今後変更になる場合があります。※詳細については、設計等において変更する可能性があります。

宇都宮駅東口地区整備事業完成予想CG

宇都宮駅東口地区整備事業完成予想CG
 隈研吾建築都市設計事務所作成(出典:宇都宮市役所)

水・風・緑に潤う3層の交流広場も誕生。
交流と賑わいの「宇都宮駅東口交流拠点施設」。

JR宇都宮駅直結のコンベンション機能を有する「宇都宮駅東口交流拠点施設」は、新国立競技場を手掛けた隈研吾建築都市設計事務所を設計デザイン監修に迎え、大谷石を活用した宇都宮の顔となる魅力的なデザインとなっています。総面積約6,000㎡に及ぶ交流広場が誕生。

※宇都宮市役所HP「宇都宮駅東口交流拠点施設専用ホームページ」より

3F 中ホール完成予想CG

3F 中ホール完成予想CG
 隈研吾建築都市設計事務所作成(出典:宇都宮市役所)

LRT・交流広場完成予想CG

LRT・交流広場完成予想CG
 隈研吾建築都市設計事務所作成(出典:宇都宮市役所)

職・住・遊がシームレスに繋がる、
かつてないライフスタイルを駅前で。
これが、新しい時代の暮らし方。

たとえば、大階段に腰掛けて、バスケットボールの大会を観戦したり。
たとえば、通勤帰りに緑豊かな広場をのんびり散歩したり。
たとえば、地元野菜のマルシェを楽しんだり。
たとえば、ここに住むひとが空を望むリビングでゆっくりしたり。
誕生するのは、暮らしたくなる駅前。
駅前の概念を超え「幸せに過ごす」仕組みが用意されています。

image photo

Image Photo

新しいショッピングモールも、
大型商業施設も。
「歩いて、すぐ行ける」が
コンパクトシティの真骨頂。

水・風・緑をテーマにした
3層の広場が誕生。
普段の散歩はもちろん、
マルシェやイベントも楽しみ。

coming soon
image photo

Image Photo

image photo

Image Photo

医療機関もオープン。
医住近接スタイルも叶います。

coming soon

新しいホテルもやってきます。
家族の特別な日のディナー、
星空にくつろぐ天空スパを
普段使いできるかも。

coming soon
image photo

Image Photo

LRT完成予想CG

LRT完成予想CG(出典:宇都宮市ホームページ)

“交通未来都市うつのみや”に、
一番乗り。
新交通網LRT「ライトライン」。

coming soon

子どもとの暮らしに欲しいもの
もぎゅっと集約。
新しい駅前生活は、
子育て家族にも優しい。

coming soon
image photo

Image Photo

ネットワーク型コンパクトシティ、
その中核を担う本地区。

「宇都宮駅東口地区整備事業」は、宇都宮市が掲げるネットワーク型コンパクトシティの拠点となる事業。世界遺産・日光、国際リゾート・那須、さらに医療、農業など、宇都宮やその周辺に存在する優れた価値を繋ぎ、新たな価値を創造するネットワークハブの中核を担うコアとして、都市機能の融合を図っていきます。

ネットワーク型
コンパクトシティ概念図

Compact City CORE
宇都宮駅東口地区整備事業完成予想CG

宇都宮駅東口地区整備事業 施設概要 概念図

「誰もが豊かで便利に、安心して暮らすことができ、夢や希望がかなうまち」を目指す宇都宮市。その中核を担う、宇都宮駅東口地区整備事業ではエリア内に、官民一体で実現する多様で高次な都市機能を導入。ネットワーク型コンパクトシティの都市拠点として重要な役割を担います。

Light Rail Transit

都市機能と連携した持続可能な公共交通ネットワークの形成を目指す宇都宮市では、新設LRTを導入し、渋滞緩和や環境負担を軽減。多世代に優しい新たな交通手段は、今後さらに価値ある存在となりそうです。

愛称は「ライトライン」に決定!

LRT完成予想CG

LRT完成予想CG(出典:宇都宮市ホームページ)は現在計画中のため、今後変更となる可能性があります。
※掲載の情報は2021年6月時点のもので、今後変更となる場合がございます。

FUTURE

宇都宮駅東口地区整備事業全体計画完成概念図

LIFE INFORMATION

image photo

PLAN

image photo

PROUD

image photo

※1.2010 年以降での栃木・群馬・茨城の北関東三県の開発事業のなかで、最大規模となります。(本事業対象敷地面積は約2.6万㎡)
※2.官民⼀体とは宇都宮市と合計17社より構成される「うつのみやシンフォニー」による開発事業を指します。
※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。また、今後変更になる場合があります。外観の細部・設備機器・配管類は一部省略又は簡略化しております。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。植栽については特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。家具・調度品は販売価格に含まれません。
※掲載の概念図は、空撮(2021年4月撮影)と宇都宮駅東口地区整備事業の計画段階の図面を基に描き起こし、本物件と共にCG加工したイメージであり、実際とは異なります。また詳細については、今後の設計等において変更する可能性があります。
※掲載の現地周辺航空写真(2021年4月撮影)は写真に⼀部CG加工をしビジュアル加工を施したもので実際とは異なります。
※掲載の情報は2021年7月時点のもので、今後変更となる場合がございます。
※表示の徒歩分数は1分=80mで算出(端数切り上げ)しております。
※掲載の施設概要概念図は、宇都宮市ホームページ「宇都宮駅東口地区整備事業 施設概要」を参考に作図したもので、実際とは多少異なります。

お問い合わせは「プラウド宇都宮」販売準備室

0120-225-238

営業時間/平日 11:00~18:00 土日祝 10:00~18:00 
定休日/毎週火・水・木曜日(祝日を除く)

【夏季休業のお知らせ】 誠に勝手ながら、
8月10日(火)~8月19日(木)まで
夏季休業とさせていただきます。