FUTURE

空撮写真CG

郡山が変わる。
再整備される駅前を
目前にする暮らしへ。

Urban Well-being

ココロとカラダを
健やかに躍動させる
駅前都市環境

駅前に出て歩けば、様々な愛すべき時間に出会える日々。
駅前で過ごすほどに、新しい出会いと学び、安らぎと楽しみに満たされていく。今後より洗練されていく駅前を中心に、ココロとカラダをさらに充実させる暮らしが始まります。

image photo

image photo

郡山駅周辺徒歩圏概念図

駅徒歩5分、
フラットアプローチの先に
商・公・医・教が集積する
駅前コンパクトシティ。

駅周辺、現地から歩いて5分の場所には商業施設、行政サービス施設、銀行、クリニック、映画館、保育園等が揃い、徒歩10分圏には2つの総合病院・公園・小学校等も。多彩な施設が徒歩圏に集積するコンパクトシティ化は郡山駅前を拠点に進んでおり、今後も再開発を通じてさらなる進化を遂げていきます。

「大町土地区画整理事業」の
エリアに隣接して誕生。

駅前の新しい可能性を広げる「大町土地区画整理事業」エリアに隣接して<プラウド郡山>が誕生します。歩くことが楽しみになる、洗練された新しい都市の街並み。バス・自転車を自由に使いながら、行きたい場所へ軽やかにアクセスし、好きな時間を過ごす――新しいアクティブな駅前都市生活が現地周辺を起点に動き始めます。

※大町土地区画整理事業については2026年3月整備完了を目標に推進されております。状況に応じ完了が遅れる場合もあります。予めご了承ください。
※参照資料:郡山市役所HP「郡山市中心市街地機能活性化ビジョン3 」より

image photo

大町土地区画整理事業 概念図

image photo

大町土地区画整理事業の完成イメージ

image photo

現地周辺空撮

※対象期間:発売が2010年1月〜2019年12月までの東京カンテイ資料に基づく新築分譲マンションデータ。 ※東京カンテイ調べ

2010年以降
「郡山」駅で
徒歩5分以内での
供給は2物件のみ。

駅近であることは、同時に、交通利便性や生活利便性の高さも大きな魅力です。さらに本物件は大町土地区画整理事業エリアに隣接。将来性の高さも加わり、駅近の価値をさらに高めています。

※対象期間:発売が2010年1月〜2019年12月までの東京カンテイ資料に基づく新築分譲マンションデータ。 ※東京カンテイ調べ

空撮写真CG
空撮写真CG

SHOPPING

買い物も映画もカフェでの
寛ぎも。
徒歩圏で多彩な時間を満喫する
新しい日常へ。

モルティ(ビッグアイ)

4min

モルティ(ビッグアイ)約320m・徒歩4分

郡山駅食品館Pivot

7min

郡山駅食品館Pivot約560m・徒歩7分

ヨドバシカメラ

7min

ヨドバシカメラ マルチメディア郡山約560m・徒歩7分

エスパル郡山

5min

エスパル郡山約370m・徒歩5分

アティ郡山

7min

アティ郡山約560m・徒歩7分

うすい百貨店

6min

うすい百貨店約460m・徒歩6分

GENERAL HOSPITAL

健康維持に安心を。
地域の診療所との連携を大切にした総合病院も徒歩10分圏内に

星総合病院

提供写真

星総合病院約770m・徒歩10分

寿泉堂綜合病院

提供写真

寿泉堂綜合病院約550m・徒歩7分

Image Photo

Land readjustment

郡山の新たな主役、
駅前の再整備は
すでに動き始めています。

東日本の拠点として
未来を築いてきた郡山。

開拓精神、高速交通網の
充実と共に、県の成長を牽引。

続きを読む
郡山は、明治11年、東北地方における国営開拓第一号事業として進められた安積開拓により肥沃な農地が確保され、以降、地理的条件の良さから高速交通網が充実し福島県の経済をリードするに至りました。東北自動車道、磐越自動車道、東北新幹線、福島空港が揃い、人・モノ・情報が行き交う東日本のクロスポイントとして今も発展を続けています。

※参照資料:郡山市役所HP「郡山の特徴・魅力 東日本のクロスポイント」より

※郡山市役所HP
「郡山の特徴・魅力
東日本のクロスポイント」
を元に作図

※郡山市役所HP「第7章重点整備地区の設定」を元に作図

都市計画マスタープランに
よる新しい駅前都市空間。

広域交流中核拠点としての
都市機能を集積・強化。

郡山市は「郡山市都市計画マスタープラン2015」において、郡山駅周辺は広域交流中核拠点と位置づけられ、都心再生や低未利用地の活用、再開発等によって高次都市機能の集積が図られています。

※参照資料:郡山市役所HP「第7章重点整備地区の設定」より

低炭素まちづくり計画

都市における温室効果ガスの排出を抑制するための計画とし郡山市では3つの目標を定めています。
目標 エネルギー消費の少ない、再生可能エネルギー等の活用による低炭素なまちの形成
目標 人口密度が維持され、市民に使いやすい拠点と公共交通が一体となったまちの形成
目標 高齢者が健康に、安心して暮らせるまちの形成

※参照資料:郡山市役所HP「第7章重点整備地区の設定」より

新しい公共交通ネットワークから
生まれる駅前生活。

公共交通の充実で各生活関連施設への
アクセスをスムーズに。

郡山駅周辺は、各交通機関が乗り入れ、公共交通ネットワークの中心として機能していることから、公共交通の利用促進のため、鉄道とバスの連携、自転車・自動車から公共交通へスムーズな乗り継ぎが図られるよう、交通結節機能の強化が進められています。

※参照資料:郡山市役所HP「第7章重点整備地区の設定」より

※郡山市役所HP「第7章重点整備地区の設定」を元に作図

※郡山市役所HP「第7章重点整備地区の設定」を元に作図

Image Photo

バリアフリー化で、
誰もが心地よく
歩いて暮らせる駅前へ

歩道の拡幅等が留意され、様々な
歩行者が安全に通行できるように

続きを読む
郡山駅周辺は多彩な都市機能が集積しており、主要な施設相互のネットワーク形成に向けた歩行環境の整備等が必要とされています。現在は、様々な歩行者が安全かつスムーズに通行できるようにバリアフリー化を推進中。路面上の段差・勾配の改善や、歩道の拡幅等が留意されています。

※参照資料:郡山市役所HP「第7章重点整備地区の設定」より

Image Photo

Land readjustment

新しい駅前風景を生み出す
「大町土地区画整理事業」

続きを読む
本物件に隣接して計画が推進されている「大町土地区画整理事業」は、郡山の玄関口として良好な市街地環境の形成を図る都市基盤整備の取り組みのひとつです。
土地の整序・集約を行い、公共施設を整備することで宅地の有効利用を推進。
併せて建築物の耐震・不燃化を誘導。
新しい駅前生活を象徴する開放的で洗練された街並み形成が期待されます。

※大町土地区画整理事業については2026年3月整備完了を目標に推進されております。状況に応じ完了が遅れる場合もあります。 予めご了承ください。
※参照資料:郡山市役所HP「郡山市中心市街地機能活性化ビジョン3 」より

大町土地区画整理事業の完成イメージ

公共交通や自転車利用から生まれる新しい都市生活。

駅周辺では、自動車に過度に依存しなくても、
日常生活に必要なサービス等を享受できる環境を確保するため、
公共交通網の構築と公共交通サービスの充実や自転車利用環境の向上が図られています。

主な取組

バスロケーションシステムのイメージ

バスロケーションシステム

リアルタイムのバス運行情報を、バス停の表示板や携帯電話等によって利用者が収集できるバスロケーションシステムの導入や道路整備などの検討。

パークアンドライド・サイクルアンドライドのイメージ
パークアンドライド・サイクルアンドライドのイメージ

パークアンドライド・サイクルアンドライド

パークアンドライドやサイクルアンドライドの推進を通じて、渋滞や環境、個人の健康等の問題に配慮し、過度に自動車に頼る状態から公共交通や自転車などをかしこく使う方向へ転換することを促進。

コミュニティサイクルのイメージ
コミュニティサイクルのイメージ

コミュニティサイクル

自転車をより利用しやすくするために、公共施設・学校施設・商業施設など主要な施設をつなぐコミュニティサイクルやサイクルポート等のあり方を検討。

歩行者が安心して快適に移動できる街並みへ。

それぞれの「通り」の個性を活かした魅力的な空間を大切にするとともに、歩きやすくわかりやすい案内サインなど、安全に快適に移動できる歩行者ネットワークの確保が図られています。

歩行空間の整備イメージ
歩行空間の整備イメージ
  • 電気や通信の安定供給や安全で快適な歩行空間を確保するため、日の出通り線等の無電柱化を推進
  • 商工団体等が設置した街路灯の電気料を助成するなど、夜間の買い物環境等の確保

引用:郡山市役所HPより

Image Photo

野村不動産グループ総合力を
活かした分譲実績

プラウド富山神通本町(分譲済み)
プラウド代官山猿楽町(分譲済み)

2019年全国マンション
売主・事業主別供給専有面積ランキング

「全国分譲マンション 売主・事業主別
供給専有面積ランキング」2位にランクイン

続きを読む
2018年に続き、2019年も「全国分譲マンション 売主・事業主別供給専有面積ランキング」において野村不動産は2位を獲得。2018年は39万3,350m²、2019年28万7,620m²と全国に幾多のマンションを供給してきたこの数字は、単身世帯をはじめ、DINKSやファミリー層に支持されてきた証と言えます。

(単位/㎡)

※出典:不動産経済研究所 2020年3月31日発表。※単位はすべて平方メートル(m²)。
※調査対象は全国の新築マンションで、定期借地物件、首都圏のワンルームマンション(首都圏のワンルームマンションは速報値で集計)も対象に含む。