【PROUD 公式HP】アクセス|-プラウド日吉-3路線利用可能の新築分譲マンション

メニュー

来場予約

資料請求

TEL

「渋谷」駅16分/「横浜」駅直通12分

TERMINAL HIYOSHI

始発と多路線が使えるターミナル駅「日吉」。

「日吉」駅は、東急東横線を含む、7路線を利用できるターミナル駅。
様々な路線が乗入れを行っているので、都心や横浜方面の多くの街へダイレクトにアクセスすることができます。

横浜市で最も東京に近い「日吉」駅。合計7路線利用可能。

乗入れ路線を含め、合計7路線利用することができる「日吉」駅は、都心と横浜方面へのアクセスルートが充実しており、目的地に合わせて使い分けできるので便利です。また2019年には、相鉄線との相互直通運転で「新横浜」への直通運転も予定される、アクセス性に優れた「日吉」駅です。

東横線の中程に位置し、「渋谷」駅と「横浜」駅どちらの方面も快適に使える「日吉」駅。

最寄りとなる「日吉」駅は、東急東横線沿線でも中程に位置する駅。「横浜」駅へ12分、「渋谷」駅へ16分と、どちらも身近で便利に使いこなすことができます。「渋谷」方面にある「代官山」や「自由が丘」「武蔵小杉」、「横浜」駅の先で乗入れしている「みなとみらい」「元町・中華街」などの駅も直通で快適に使いこなせる、東横線のセンターポジションです。

image photo

東急東横線 通勤特急停車駅「日吉」。東京・横浜の様々な街へ直通アクセス。

「日吉」駅は東急目黒線の始発・急行停車駅。都心方面へダイレクトアクセス。

都心への始発本数が充実し、毎日の通勤も快適。

「大手町」駅や「永田町」駅、「日比谷」駅など、都心のビジネス街へ始発で直通アクセスできる電車が充実。朝、座って通勤も可能な快適な環境です。

■平日通勤時の始発本数〈目黒方面〉

南北線 三田線 合計
7時台 11 8 19
8時台 6 11 17
9時台 6 8 14

※掲載の本数は平日のものです。

2019年、「新横浜」駅直通に変わる。

2019年、東急東横線と相鉄線は相互乗入れを行い、直通運転を開始予定。
「日吉」駅から「新横浜」駅へ乗り換えなしでアクセスできるようになるので、
新幹線利用がさらに快適になります。

新横浜

TOKYO DIRECT

流行も、グルメも、遊びも、すべて直通で楽しめる東横線。

渋谷の流行も、代官山や自由が丘の洗練も、武蔵小杉の先進も、横浜・みなとみらいの華やかさも直通で楽しむ。
そんな日常が始まります。東急東横線沿線で暮らすこと。それはアクセスの便利さに留まらない、ひとつのライフスタイルです。

便利で華やかな東急東横線。
住みたい沿線ランキングでも第2位の評価。

都心と横浜を直通で結び、みなとみらい線や副都心線との相互乗入れなどで、アクセス性を高めてきた東急東横線。渋谷や代官山、横浜など、沿線には華やかな街が連なる魅力的な路線です。東急東横線は、住みたい沿線ランキングでもJR山手線に次ぐ、第2位の評価を得ており、その人気の高さを伺い知ることができます。

※スーモ調べ。「2014年度版 みんなが選んだ住みたい街ランキング −関東版20代〜40代編−」

■住みたい沿線ランキング(関東版)

順位 沿線
第1位 JR山手線
第2位 東急東横線
第3位 JR中央線
第4位 JR京浜東北線
第5位 東急田園都市線
  • 武蔵小杉2分

  • 自由が丘7分

  • みなとみらい15分

  • 代官山16分

  • 元町・中華街20分

※1:横浜市内の東急東横線の駅において、最も東京寄りであることを指しています。
※掲載のイメージマップは地図を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。
※掲載の路線図は一部の駅のみ抜粋しております。
※「武蔵小杉」駅へ東横線急行・目黒線急行利用[通勤時/2分]。「自由が丘」駅へ目黒線利用、「武蔵小杉」駅で東横線特急に乗り換え[通勤時/9分]。「代官山」駅へ目黒線利用、「武蔵小杉」駅で東横線特急に乗り換え、「自由が丘」駅で東横線に乗り換え[通勤時/20分]。「横浜」駅へ東横線急行利用[通勤時/11分]。「みなとみらい」駅へ東横線急行利用[通勤時/15分]。「渋谷」駅へ目黒線利用「武蔵小杉」駅で東横線特急に乗り換え[通勤時/21分]。「元町・中華街」駅へ東横線急行利用[通勤時/21分]。
※掲載の交通所要時間は日中平常時のもので、時間帯により異なります。乗り換え・待ち時間は含まれておりません。
※掲載の写真は全てイメージ写真です。
※掲載の情報は平成27年11月現在のものです。

このページの先頭に戻る