【PROUD 公式HP】 アクセス|<公式>プラウドタワー名古屋錦|野村不動産-PROUD-

概念図 STRUCTURE STRUCTURE

TOWER QUALITY 人に優しく、災害に強く。
次代に誇れる
タワークオリティを求めて。

もしもの災害時に備え、
出来得る限りの施策を巡らせること。
それは、より良い街と住まいを目指す
マンションデベロッパーとしての使命であり責務です。
このような考えのもと、
「プラウドタワー名古屋錦」には
地震の揺れを抑える制振構造を採用したほか、
ライフスタイルや家族構成が変化した将来にも
対応できる住可変性も確保。
住まわれる方々の安心を支え、世代を超えて愛される
タワーレジデンスを追求しています。

タワーライフの
安心を支える制震構造

概念図

制震構造

地震の揺れを抑える制震構造を採用。建物内部に設置した制震装置によって揺れの影響を緩和する仕組みです。
※階段部分及び商業施設・駐車場棟を除く。

制震ダンパー

(壁型粘性せん断ダンパー)

粘性体を充填した外部鋼板(粘性体容器)の間に、内部鋼板(抵抗板)を挿入した壁型の制振装置(ダンパー)。高粘度の粘性体の粘性せん断抵抗(減衰)力によって地震エネルギーを吸収します。
制震壁

二重床・二重天井

電気配線や水廻りの給・排水管などを専有部分の床コンクリートに打ち込まず、二重床・二重天井部分に敷設することで、リフォームやメンテナンス・更新に配慮した設計となっています。(竪管・床上配管等を除く)
イメージイラスト 二重床・二重天井概念図
※配管・配線の位置は
本図と異なる場合があります。
二重床・二重天井概念図

時代や年齢とともに

変わりゆくライフスタイルに
応えられるように。
スケルトン&インフィル

構造体(スケルトン)と、
住戸内の内装(インフィル)を
分離して考えるのが
「スケルトン・インフィル」の発想。
耐久性に優れた構造体と、
家族の成長や家族構成の変化に応じて
住戸内を変えられる柔軟性を同時に持つことで、
安心して長く住み続けることのできる
住まいをご提案します。 ※ダウンスラブ等の影響により水廻りの設置等で制限があります。

Skeleton(耐久性)

スケルトンとは、「柱、床スラブ」など、鉄筋コンクリートの建物を支える構造躯体のこと。耐久性を実現することで、世代を超えて安心して住み続けることができます。

Infil(可変・更新性)

電気配線や水廻りの給・排水管などを専有部分の床コンクリートに打ち込まず、二重床・二重天井部分に敷設することで、リフォームやメンテナンス・更新に配慮した設計となっています。(竪管・床上配管等を除く)

お問い合わせは「プラウドタワー名古屋錦」

0120-360-758

営業時間/平日 11:00~18:00 土日祝 10:00~18:00
定休日/毎週水・木、毎月第2火曜日