このページをお気に入りに追加する

  • スマートフォンなどにリストを共有できます詳細な物件情報をご覧になれます

STEP1 住まい探し入門

住宅購入者に聞くお金のことQ&A

お気に入り
住宅購入者に聞くお金のことQ&smp;A

家さがしをはじめて、まず不安に思うことは「お金」のこと。住宅価格の相場は?ローンはどれくらい借りれる?…
まずは知っておいていただきたいお金の実態について、住宅購入した方の平均データをまとめました。

1

Q

住宅購入の平均価格を
教えてください。

A

東京23区の平均は5644万円です。

グラフのとおり、購入価格は、年収に比例して高くなる傾向があります。東京23区の平均は5644万円です。共働き夫婦の場合、2人の収入を合わせての購入も考えています。

住宅購入の平均価格グラフ

2

Q

頭金は絶対に
必要なのでしょうか?

A

頭金は2割未満という方が約6割。

まず頭金とは、物件価格のうち、住宅ローンの借入れとは別に、現金で払う内金のことです。頭金は物件価格の2割程度が理想と言われていますが、実際は頭金なしで購入する方もいらっしゃいます。
ただし、購入時には住宅ローンの借り入れや登記などの費用がかかるので、ある程度の現金を準備される方が多いです。

頭金グラフ

3

Q

ローンはいくら借りる人が
多いのでしょうか?

A

年収の5〜7倍が目安です。

年収に比例して高くなる傾向にあります。無理なく返済できる借入れ額は年収の5~7倍までといわれているので、ご自身のライフプランと照らし合わせて考えてみてください。

ローン借り入れグラフ

4

Q

毎月の返済額の目安は
どれくらいでしょううか?

A

年収に比例して高くなる傾向に。

購入価格同様、年収に比例して高くなる傾向にあります。 広く機能的な空間で、より快適な生活を送るため、収入とのバランスを考えることが重要です。

毎月の返済額グラフ

5

Q

ボーナス時加算額の目安も
教えてください。

A

年収に比例して高くなる傾向に。

おおよそ、世帯年収に比例して高くなる傾向にあります。
ボーナスは景気や職場環境により変動しやすいので、慎重に計算される方もいらっしゃいます。

ボーナス時加算を利用した人の平均額

ボーナス時加算グラフ

6

Q

両親から贈与を受ける人は
どれくらいいますか?

A

贈与を受ける方は半数以下。

贈与を受ける方は半数以下の割合です。ただし、住宅購入資金として贈与を受けた場合、一定額まで贈与税が非課税となる特例制度などもあるため、贈与を検討する人は近年増えています。

両親からの贈与グラフ

7

Q

贈与の額は
どのくらいでしょうか?

A

2000万円以上という方も。

「500万円未満」「500万~1000万円未満」「1000万~1500万円未満」とそれぞれが約2割ずつです。

贈与ありと答えた方の平均額

贈与額グラフ

8

Q

管理費と修繕積立金は
月額どれくらいでしょうか?

A

合計の平均額は月額約2.2万円です。

管理費と修繕積立金は住戸の専有面積が広くなるほど高くなる傾向にあります。修繕積立金は途中で金額が上がることもありますので、ご契約前に長期修繕計画書なども確認してみてください。

管理費と修繕積立金グラフ

管理費と修繕積立金とは?

管理費は共用部の清掃や電球の交換、エレベーターの定期点検など日常的な管理に、修繕積立金は外壁の補修など長期的な維持管理に使われる費用です。毎月の住宅ローンのほかに、これらの費用を合わせた金額が月々の支払額になります。

1・3・4・5・6・7 ※「2015年首都圏 新築マンション契約者動向調査(リクルート住まいカンパニー調べ)より東京23区の購入者1948人のデータを抽出して集計(2015年1月~12月の購入者を対象)※調査データのパーセンテージの合計は、四捨五入により100%にならない場合があります。

2・8 ※「2015年首都圏 新築マンション契約者動向調査」リクルート住まいカンパニー調べ

ページトップへ