このページをお気に入りに追加する

  • スマートフォンなどにリストを共有できます詳細な物件情報をご覧になれます

STEP2 物件選びのポイント

共用施設はマンションライフのもうひとつの魅力

お気に入り
共用施設はマンションライフのもうひとつの魅力

近年、マンション選びの決め手として注目を集めているのが、マンション内に設けられた魅力的な共用施設です。特に大規模マンションやタワーマンションでは、キッズルームやラウンジなど、住まう方の暮らしをより豊かにする多彩な共用施設が用意されているケースが多く、人気を集めています。

今回は「プラウド」シリーズのマンションを例に、ファイナンシャルプランナーCFP®の岡本郁雄さんに、共用施設の魅力を解説していただきます。

雨の日も思いっきり遊べる キッズルーム

プラウドシティ宮崎台
プラウドシティ宮崎台

お天気に関係なくお子さんを遊ばせることができるキッズルーム。

子どもたちの遊び場としてだけでなく子育て中の親同士の交友の場としても活用されており、最近では親同士がコミュニケーションできるよう配慮したキッズルームも。

緑豊かな憩いの場 敷地内公園・提供公園

公園

マンション敷地内の公園や中庭、地域の人たちが利用できる提供公園は、住まいのすぐ近くにある緑豊かな癒し空間。
お子さんの遊び場としてはもちろん、住民の皆さんの憩いの場としても貴重なスペースです。

また、公園が側にあることで景観がよくなるだけでなく、風や光の道ができ、各部屋の快適性も高まります。

泊りがけの来客をスマートにおもてなし ゲストルーム

プラウドシティ阿佐ヶ谷
プラウドシティ阿佐ヶ谷

親類や友人をもてなす宿泊施設として重宝するのが、ゲストルームです。

ハイセンスな部屋を、一般のホテルよりリーズナブルな価格で利用できるのが魅力で、来客用としてだけでなく自らのリフレッシュのために利用する居住者も少なくありません。物件によっては、落ち着いた和室のゲストルームが用意されていることもあります。

非日常的なおもてなしに活用したい パーティールーム

プラウドシティ南山
プラウドシティ南山

お子さんの誕生日会や友人を招いての食事会などに便利なパーティールーム。
最近は景色の良い高層階や、二層吹き抜けの大空間に「非日常的なおもてなしの場」としてパーティールームを設けているマンションも。ケータリングサービス等を活用すれば、気軽におしゃれなパーティーが楽しめます。

第2のリビングのように使える ラウンジ

プラウド美しが丘
プラウド美しが丘

ラウンジは訪問客の応対や、お出かけ前の家族の待ち合わせの場として、第2のリビングのように使える便利なスペース。ガラスウォール越しに景色が楽しめる配置のラウンジ、カフェやベーカリーを併設しているラウンジ、Wi-Fi完備のラウンジもあり、居住者の憩いの場としても活用されています。

新しい書籍との出会いを演出する ライブラリー

プラウドシティ阿佐ヶ谷
プラウドシティ阿佐ヶ谷

書店と提携してブックコンサルタントが選んだ本が楽しめる「ライブラリー」。

ライブラリーを活用すれば、購入せずに新しい本が読めるので、自宅で本を保管・整理する手間暇が減らせるのも嬉しいところ。静かな空間で読書するのはもちろん、試験勉強のための空間としても活用できます。

外出しなくていいから続けられる フィットネスルーム

フィットネスルーム

居住者専用のフィットネスルームを備えたマンション。外出する必要もなく、好きな時に気軽に低料金で利用できるため、「今まで、ジム通いが長続きしなかった」という人も続けやすく、日々の健康管理に役立てることができます。マシーンだけでなく、サウナやプールなどを併設している豪華なフィットネスルームもあります。

ソフト面も充実 あって嬉しい共用サービス

コンシェルジュ

マンション生活の強い味方
コンシェルジュ

専任コンシェルジュによるサービスが受けられるマンションも人気です。

コンシェルジュが提供するサービスは、一般的に「共用施設の予約受付」「来訪者の対応」「各種レンタルサービスの取次」「荷物の一時預かり」「タクシーの手配」など。マンションによってサービス内容が異なるので、自分に必要なサービスの有無を事前に確認しておくとよいでしょう。

ゴミ集積室

いつでもお部屋スッキリ
24時間ゴミ出し可

マンション内にゴミ集積室を設け、24時間いつでも好きな時間にゴミ出しができるマンションが増えています。小さなお子さんやペットがいて匂いの気になるゴミが多いご家庭も、曜日や時間に関わらず、思いたったらすぐにゴミ出しができるので、常にお部屋を快適で衛生的な空間に保つことができます。

カーシェアリング

使いたいときだけ賢く「シェア」
カーシェアリング

車の維持費が気になる方にお勧めしたいのは、カーシェアリングサービスのあるマンションです。

文字通り1台~数台の車を居住者でシェア(共有)するサービスで、既定の使用料金を支払えば、必要なときだけ自家用車感覚で使うことが可能。駐車場代や税金の負担がないので、買い物やお子さんの送迎程度の使用なら、車を所有するより断然お得です。

魅力的な共用施設やサービスは、住まう方々の生活を豊かにし、マンションへの誇りや愛着を高める力を持っています。過去の例を見ても、魅力的な共用施設やサービスのあるマンションは住民同士のコミュニケーションがスムーズで絆も強いので、管理状態が良好であることが多く、結果として流通市場でも高い評価を得やすくなります。

また、一昔前は「共用施設が豪華だと管理費がかさむ」というイメージがありましたが、最近は、維持管理コストを考慮してプランニングされた使い勝手の良い共用施設が増え、全体的にレベルアップしています。マンション選びの際には、立地や間取りだけでなく、共用施設やサービスの内容も必ずチェックするようにしてください。

アドバイザー

アドバイザー・プロフィール

岡本 郁雄(おかもと いくお)さん

ファイナンシャルプランナーCFP®、経済産業省登録中小企業診断士、宅地建物取引士。2004年に独立し、不動産領域のコンサルタントとして、マーケティング業務、コンサルティング業務、講演、執筆など幅広く活躍中。テレビ・新聞・雑誌などメディア登場暦多数。首都圏中心に延べ3000件以上のマンションのモデルルームや現場を見ておりマーケットにも精通、専門家サイトAll Aboutのマンショントレンド情報を担当する。岡山県倉敷市生まれ。神戸大学工学部卒。

※掲載されている情報は、2017年9月時点のものです。

ページトップへ