PROJECT MEMBER

PROJECT MEMBER

CREATIVE DIRECTOR

鴨志田 康人 Yasuto Kamoshita UA本部 クリエイティブディレクター

多摩美術大学インテリア専攻後ビームス入社。販売、企画、バイイングを経験後、ユナイテッドアローズの創業に参画。現在クリエイティブディレクターとして、商品から店舗内装まで幅広い役割を担っている。

私たちが考える定番とは、例えば、オックスフォードのボタンダウンシャツのように、いつでも必ずあってほしいもの、使うほどに愛着のわくもの。家具も同様で、木材のかすれていく良さ、ファブリックがすり切れていく良さ、10年使い込めば質感が変化し、その分だけ味として価値が増すものを提案したいと考えます。今回の“FURNITURE”企画はあくまでもスタート。家具をどのような場所に配置し、何と組み合わせるか、空間全体ではじめて完成するものでもあります。私たちは、これからの時代に即したニュースタンダードと暮らし方をご提案いたします。

DESIGNER

佐々木 一也 Kazuya Sasaki SMALLCLONE 代表/インテリアデザイナー

1999年 イクジット メタルワーク サプライ、ライン インクを経て、2008年 スモールクローンを設立。〈ユナイテッドアローズ京都店〉をはじめとする各ショップのインテリアデザインを担当する。

今回の家具を制作する上で意識したのは、伝統をふまえた上での新しさ。古いデザインやフォルムを大切にしながら、現代的な解釈で制作したいと考えました。また、無駄を省いたスタンダードなデザインだからこそ、細かいディテールでいかに差別化できるかという点にもこだわりました。私が考える定番とは、作られたプロダクトに志がしっかりとあり、その思いが使い手にしっかりと伝わるもの。長年愛されるヴィンテージ家具の魅力はそこにあると思います。今回提案する家具も経年進化を遂げ、価値あるものとして愛され続けてほしいと願います。

PROJECT MANAGEMENT

佐藤 信仁 Nobuhito Sato 野村不動産株式会社 住宅事業本部 インテリア営業部 部長

マンションから一戸建てまで、多数の物件を展開する野村不動産住宅事業のインテリア部門プロジェクトマネージャー。

私たちは、これまで新築マンション、分譲マンション、新築一戸建て、分譲一戸建てなど、多数の住宅を販売して参りましたが、単なる箱としての住宅ではなく、それぞれの暮らしに合った、インテリアを含めたトータルのご提案をしたいと考えます。第一弾として手がけた家具は、インテリアのスペース、マテリアル、ライティングなどと同様、豊かな生活を送る上で欠かせない重要な要素です。住まいづくりのプロとしての視点を活かし、空間に美しく馴染む家具をコーディネートします。みなさまに素晴らしい生活の舞台を提供できれば幸いです。