この家で、
思い出をつくろう。

限られている時間だから
何よりも、大事にしたい

親と子が一緒に過ごせる時間の、
大半を過ごすことになるのが「家」。
プラウドは、親子がともに成長する
一度きりの日々を「世界一の時間」に。

Special Movie

Cast

森田剛

1979年生まれ、埼玉県出身。95年にV6のメンバーとしてデビュー後、俳優としてもドラマ・映画・CMなど幅広く活躍。近年の出演作には、舞台『FORTUNE』(2020)、映画『前科者』(2022)などがある。21年11月に新事務所「MOSS」を立ち上げ、精力的に活動。21年年末に配信、22年3月に劇場公開した短編映画『DEATH DAYS』では企画・制作・主演を務める。5月上演の舞台『みんな我が子 -All My Sons-』に出演。

Interview

メイキングを見る

世界一の時間へ

  • 大切な時間に寄り添う
    豊かな空間づくり

    プラウドの商品開発は、「住む方のさまざまな気持ち」に想いをめぐらすことから始めます。外出する時、帰宅する時、大切な誰かをお招きする時…毎日の生活のストーリーを想像しながら、アイディアを考え、検討する。そんなシミュレーションを、着工を開始するその日まで、何度も繰り返すことで、本当の意味で「お客さま視点の豊かな空間」を実現していきます。

  • 「家族」を育む住まいへの想い

    「住まいの完成も、ご入居の開始も、ゴールでなくスタートである。」その想いは、私たちにとって原点であり原動力でもあります。ご入居後から何年も先を見据えることで、「家族」の皆さまに、ずっと心地良さと愛着を持っていただける住まいを。そのために実際にお住まいになったお客さまからのご意見を元に、基本設計や品質管理、ご入居後のアフターサービスまで、あらゆる工程において検証と改善を実施しています。

※当社の物件においては、飼育できる犬の種類に制限がございます。詳しくは、各物件の係員にお問い合わせください。

今回のSpecial Movieの舞台

プラウド杉並方南町をくわしくみる