環境と未来への対応

『森林サイクル』で
地球温暖化抑制
国産木材の活用

森のサイクル概念図

持続可能な社会づくりへ、
自然の力と恵みを活かす。

世界中の人々が地球で安定して暮らし続けていくために、世界中の企業が取り組むべき課題があります。その課題解決のために達成すべき具体的目標が「SDGs(持続可能な開発目標)です。プラウドではSDGsで掲げられた目標達成にむけ「環境への配慮」と「お客さまの未来を想う。」を両輪として、商品開発に取り組み続けています。その中で注目しているひとつが国産木材の活用です。

森林サイクルのイメージ

木を植え育て活用する「森林サイクル」で
地球温暖化抑制

日本は国土の約3分の2を森林が占めており、その約6割は人が木を植え育てた「人工林」です。この森林資源は毎年約1億立方メートル程度増加しているのですが、そのほとんどが人工林の成長によるもの。実は人工林の多くが木材として利用可能になっているにもかかわらず、ほとんど使われていないという現状があります。しかも木は成長する段階でより多くCO₂を吸収し酸素を放出しますが、成熟するにつれてCO₂の吸収は減少。一方で木が吸収したCO₂は炭素として木の中に蓄積されるため、建物に木材を使用することは長期に炭素を蓄積することとなりCO₂の固定化につながります。つまり成熟した木は切って使い若い木を植える「植える→育てる→使う→植える」という『森林サイクル』が森の新陳代謝を促すために必要なのです。この『森林サイクル』により森林整備が進むと、土砂崩れなどの自然災害を防ぐという森の動きを発揮することになります。
環境問題への関心が高まるにつれ、木への注目は高まっています。地球温暖化防止や循環型社会の形成等に貢献する観点から近年、低層の公共施設において木造や内装に木材の利用が増えてきました。また木質耐火部材の開発や低コスト・短工期での建設を可能にする部材や工法の開発が進み、建物に木材を利用する気運が高まってきています。

木を活かす先進技術で
集合住宅に新たなる一歩を

社会背景に加え生物多様性保全と資源の持続可能な利用に配慮するという観点から、野村不動産グループでは「国産・FSC認証木材使用促進」を推進。中でも国産木材活用は森林サイクル保全による自然災害の防止やCO₂削減等持続可能な街づくりに欠かせないと認識しています。
プラウドでの木造の取り組みは、「プラウドシティ伊丹」の共用棟の一部に採用することから始まりました。そして2020年。株式会社竹中工務店とともに柱・壁など構造部に国産木材を用いた木質系構造部材を使用した「プラウド神田駿河台」を発売。柱・壁などの構造部材に使用される木材は全て国産材(鹿児県産スギ、山梨県産アカマツなど)です。さらに内装材にも国産木材を使用することで、森林資源の循環による地球環境維持への貢献と、居住者の健康増進に寄与する居住空間を提供します。また竹中工務店が開発した高耐震性・高生産性を両立した木質パネルは、生産性の向上によるローコストを実現します。
今後も国産木材の利用を促進し国産材の需要創出を図ることで、森林資源の活用とCO₂の削減に加え、お住まいになる方への健康増進にも寄与し、「環境と未来」を見つめた住まいづくりを通して持続可能な社会づくりに貢献していきます。

CLT耐震壁の組み立ての様子
室内完成予想CG

プラウド神田駿河台

建物の構造に木質系構造部材を採用。
木肌が現わされた表面を住戸内に活かし、木の質感を感じるナチュラルな印象の居住空間に仕上げました。
さらに共用エントランスの壁、住戸内の壁や天井の一部に無垢の杉材を使用。住むことが環境への貢献になるという想いをデザインしています。

(2021年竣工・分譲済)

集合住宅に国産木材を活用
~事例 プラウド神田駿河台~

「プラウドシティ伊丹」共用施設

プラウドシティ伊丹

野村不動産初の、木造共用棟物件。
柱・梁の一部に兵庫県産の杉を使用しています。
住友林業株式会社が設計したガーデンテラス棟は、木のぬくもりを包まれた棟内にカフェスペースやキッズスペースなどを設けました。
木のもつ豊かな質感が多世代の豊かなコミュニティを育んでいます。

(2018年竣工・分譲済)

健康への貢献が実証されつつある、
木の効用

イメージ写真

睡眠の質を向上し、
知的生産性をアップ※1

内装の木質化率を高めた部屋は、リラックス効果により良質な睡眠をもたらすことがわかってきました。
睡眠後、日中の知的生産性を高める傾向も現れています。

イメージ写真

血圧を低下し、リラックス状態に※2

林野庁の発表によると、スギチップの匂いを呈示し血圧を測定した実験において血圧の低下を確認。
血圧はストレスがかかると上昇することが知られています。
したがって血圧の低下は、スギの匂いにより体が「リラックス」したことを表していると解釈されています。

※1 木の効能を表したもので、感じ方は個人により異なります。
※2 結果には個人差があり、血圧の低下を保証するものではありません。
出典:林野庁ホームページ「科学的データによる木材・木造林野庁のQ&A(林野庁)」より引用

※掲載の「森のサイクル概念図」は、農林水産省の「特集1「木づかい」のススメ(2)」を参考に描き起こしたイメージで、実際とは異なります。
※掲載の写真はイメージで、実際のものとは異なります。