暮らしの取り組み

VR・MRを活用した最先端のマンションギャラリー プラウドシティ越中島

メインビジュアル

この度、日本マイクロソフトが提供するホログラフィックコンピューター『HoloLens』(マイクロソフト ホロレンズ、以下「ホロレンズ」)を、マイクロソフト社パートナー企業である株式会社ネクストスケープと共同で、新築マンション販売向けに開発、「プラウドシティ越中島」にて、日本で初めて導入しました。
最先端のマンションギャラリーを訪ね、「ホロレンズ」日本初の取り組みとVR(Virtual Reality)を活用したご案内について紹介します。
(話:荒井真麻「プラウドシティ越中島」)

日本初※1新築マンション販売にマイクロソフト ホロレンズを導入

竣工前物件購入の不安を和らげたい。「ホロレンズ」導入にあたり

ホロレンズ
日本マイクロソフトが提供するホログラフィックコンピューター「ホロレンズ」

建物が未完成の状態で販売されている新築マンションの購入検討にあたり、お客様から「建設中の現場を見ても実際に出来上がったイメージが沸かず購入に不安を感じる」などのお声をいただいており、野村不動産では、マンションの完成後の高さや外観等が体感できるよう、かねてから「仮想現実/VR(Virtual reality)」技術に着目、様々な現場で活用してきました。
一方、日本マイクロソフトでは、仮想現実に現実世界を取り込み、相互に影響を与える「複合現実/MR(mixed Reality)」のツールとして「ホロレンズ」を開発。導入先を模索していたところ、「プラウドシティ越中島」の現場で活かす話が持ち上がり、導入の運びとなりました。

※1 2017年5月19日現在。ネクストスケープ調べ

「ホロレンズ」で、これから建設される物件を目の前の景色と重ねて確認

「ホロレンズ」は、CGなどで人工的に作られた3Dの仮想物体である「ホログラフィック」と目の前の世界を重ねて表示し、MRを実現するヘッドマウント型のホログラフィックコンピューターで、日本マイクロソフトが2017年1月より国内の法人と開発者向けに提供を開始した新しいデバイスです。

それでは、実際のマンションの建設現場で、「ホロレンズ」を装着するとどう見えるのでしょうか。

「ホロレンズ」を装着してみると、実際の景色に、これから建設されるマンションの外観の仮想現実が原寸大で重なり合うように見えます。これこそがMRで、実際の敷地に、どれぐらいの高さや幅がある建物が建つのかを具体的にイメージすることができます。これが「ホロレンズ」のリアルサイトビューアー機能です。
その他の機能として、「ホロレンズ」にはマンションの外観模型がレンズ越しに表示されるホログラフィック外観ビューアー機能があります。これにより紙やWEBなどの2Dの資料では理解しづらかったビジュアルイメージをより多方面から立体的に知ることができ、場所を選ばずに、より深くマンションの完成予想図を理解することができます。

リアルサイトビューアー機能

< リアルサイトビューアー機能 >
建設現地に建物の完成イメージを原寸大で表示。

ホログラフィック外観ビューアー機能

< ホログラフィック外観ビューアー機能 >
場所を選ばずに完成した外観イメージを360度から確認可能。

スタッフ / VR体験の様子
写真左:「「プラウドシティ越中島」荒井真麻」
写真右:「「プラウドシティ越中島」VR体験の様子」

VRもMRも体験できる最新のマンションギャラリー

「プラウドシティ越中島」マンションギャラリーでは、8台の「ホロレンズ」によるMRと、マンション共用部の規模や眺望などを体感できるVRの最新機器をご用意して、お客様をご案内しており、ご来場いただいたお客様には、大変ご好評いただいております。
「ホロレンズ」については、建設現地でお客様に装着していただくと、驚きと同時に、実物をイメージしやすく、安心できるとのお声をいただいております。購入検討にあたり、何度もご覧になる方がいらっしゃいます。
VRでは、2層吹き抜けのメインエントランスの開放感や、最上階の15階スカイラウンジからの眺望を体感いただいています。VRで見るスカイラウンジでは、建設現地でわかりづらい海の近さやベイエリアに住む魅力を体感いただいております。

ベイエリアならではの眺望と生活利便性を実感できる暮らし

職住近接。「実利思考」に叶う住環境

深川ギャザリア / アーバンドック ららぽーと豊洲
写真上:「深川ギャザリア」写真左下:「アーバンドック ららぽーと豊洲」

「プラウドシティ越中島」は、徒歩4分のJR京葉線・越中島駅から「東京」駅へ直通4分という都心アクセスの良さに加え、目の前には小中学校があり、静かで緑が多く、江東区随一の文教地区といわれています。
昨今、共働き世帯が増加傾向にあり、住まい探しの軸が「実利思考」に移ってきています。特に多くの企業が集まるのが都心3区(港、千代田、中央)で、このエリアに通勤されるお客様から、「プラウドシティ越中島」は、毎日のご通勤がスムーズだとのお声をいただいています。

また、大型ショッピングセンター「イトーヨーカドー」やシネマコンプレックス、レストランなどを集結した複合施設「深川ギャザリア」や「アーバンドック ららぽーと豊洲」等大型商業施設が生活圏に多く、生活利便性にも優れていることもポイントです。
さらに、大規模開発だからこそできたメリットとして、1階は認可保育園、共用部としてのキッズルームやラウンジがあり、15階はスカイラウンジ、ハーバースカイテラス、ゲストルームがあります。
一般的に、マンションの最上階は住戸として販売されることが多いなかで、最上階を共用部にしたことも注目すべきところ。「プラウドシティ越中島」に住まう方全てに、ベイエリアの魅力を存分に味わっていただきたい。そんな想いも叶えた住まいです。

快適な暮らしにつながる2,592通りのセレクトプラン

セレクトプラン

さらに注目すべきは、専有部に快適な暮らしにつながる工夫を、選択できることです。

フローリング材は凸版印刷による傷がつきにくいプラウド初の技術を採用。また、全ての住戸に設備や仕様などが2,592通りから自由に選べるセレクトプランがあります。「時短コンフォート」「大人スタイリッシュ」「充実スタンダード」の3つのコンセプトから選び、細部まで設備や仕様をセレクトできます。
セレクトできる一例として、自動的にお湯を抜いて洗浄し、お湯を溜める「お掃除浴槽機能」などがあり、忙しい共働き世帯におすすめです。
ほかにも靴箱にベビーカーを入れる場所をあらかじめ設置できることや、浴槽の鏡は横ではなく縦に設置しているのもこだわりの1つです。縦型の鏡を採用したのは、シャワー浴をする人が増えていることや横型の鏡は浴槽をまたいで掃除をしなければならず手間がかかるというお客様の声を反映しました。

ぜひみなさんも、最新のマンション設備を備えた「プラウドシティ越中島」で、日本初のホロレンズ体験をしてみませんか?

プラウドシティ越中島

スタッフ

営業時間:平日11:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00
定休日:毎週水・木曜日、毎月第二火曜日
フリーダイヤル:0120-155-305

「プラウドシティ越中島」マンションギャラリー案内図

「プラウドシティ越中島」公式ホームページ