機能性と心地良さ

誰もが快適に利用できるような細やかな心配り
ユニバーサルデザイン

プラウドの考えるユニバーサルデザインとは

マンションに住まう幅広い世代、様々なライフスタイルの方々、誰もが安心して快適に暮らせる空間を創造する。
私たちの考えるユニバーサルデザインは、身体能力や年齢に関わらず「できないをなくす」、ヒヤッとする「危険をなくす」、暮らしの心地よさを妨げる「ストレスや違和感をなくす」ことを目指しています。
暮らしの様々なシーンを思い描き、気配りをさりげないカタチにする、それがプラウドの考えるユニバーサルデザインです。

ユニバーサルデザインができるまで

1. 暮らしを想像

例えば、ベビーカーでお散歩にでかけるとき、
仕事帰りにメールコーナーに立ち寄るときなど、
マンションに住まう幅広い世代の様々な生活シーンを想像することで、
本当に必要な設備や機能・安全性を考えます。

2. 企画・デザイン

構想が決まったら設計図を描きます。
出入り口の幅、扉の開き方など、使い勝手を確認しながら、
具体的なサイズや仕様、耐久性・デザイン性を考慮し、
各部位に適した素材を決定していきます。

3. 建てる

設計図を元に実際の現場で再度サイズや仕様を見直しながら施工していきます。
現場ならではの気づきがあれば、さらなる改良を加えることも。
度重なる改良を経て、皆さんの暮らしに寄り添う
プラウドユニバーサルデザインが完成します。

ユニバーサルデザイン導入例

どの世代も無理せず暮らせるのはなぜ?その答えは…そこに住む人を想像して創るから。
プラウドでは、暮らしの中のいろいろなシーンを想像して、誰でも、いつでも、安全・安心・快適に暮らせるよう考えながら住まいを創っています。

困っている人を想像しました。

メールコーナーの通路で、立ち往生している人がいるよ。

スルー動線を設けています。転回しなくてもOK。転回しやすいように、足元だけでも広げています。

郵便受けの高さが使いにくそう。

郵便受けの高さを約60cmから約160cmの使いやすい範囲に設置しました。

ヒヤっとするシーンを想像しました。

見通しが悪いと飛び出しでドキッ。

車路の手前に、十分な待機スペースを設けます。

スロープ先の階段はハラハラ。

スロープの先には、階段をつくらないようにします。

手の届かない手すりはヒヤヒヤ。

階段の手前まで手すりを伸ばしているので安心です。

よく見る場面を想像しました。

みんなショートカットするから、芝生が泣いているよ。

例えばこんな風に工夫しているところがあります。