このページをお気に入りに追加する

  • スマートフォンなどにリストを共有できます詳細な物件情報をご覧になれます

プラウドの挑戦

サークルエイド

プラウドが考える防災とは

地震などの災害から、大切な人を守るために皆さんができること。

災害はいつやって来るのかわからないところが厄介なところです。普段からしっかりと備えることが大切ですが、手始めにどういったことから備えたらいいのでしょうか?そう思っている方は、意外と多いのではないでしょうか。

プラウドでは、防災のための『ハード(施設や備品)』と『ソフト(サポート)』をご用意して、ご自身と大切な人を守るための「自助」と、マンション内でともに助け合うための「共助」の両方から防災に備えています。

地震が起きたら、まず、ご自身が助かることが大切です。

  1. 大切な家族を守るためにも、ご自身が助かることが大切です。
  2. ご自身を助けることで、大切な人を守ることができます。
  3. 普段から隣人と助け合える関係を築いておくことが大切です。
  4. お互いがマンションの復旧へ向けて、助け合える関係となることでしょう。

「プラウド」のサークルエイドはご自身から広がる支援の輪です。

プラウドが提唱する防災への新たな取り組みがサークルエイドです。

ご自身で大切な人の命と身体の安全を守るためにおこなう、ご家庭での防災対策を「自助」と呼びます。お隣同士などで助け合うことを「共助」と呼び、多くの方が住まわれるマンションならではのメリットになります。「自助」と「共助」がうまく機能することで、消防や警察による「公助」へとスムーズな連携が実現します。

万一を想定した防災への取組みは、みなさま自身でおこなうこととプラウドからのサポートが、相乗的に連動することで、難局をともに乗りこえられることを願うものです。そして、みなさまの大切な命を守るための総合的なプログラムが「サークルエイド」なのです。

【自助】まもる備えがあればうれいなし。日頃からの準備をお忘れなく。

ここでは皆さんが主体となって防災への備えをして頂くことを紹介。
もちろんそのためのガイドラインはプラウドが整えてあります。

ご家庭での防災会議のすすめ。

家族がバラバラの時に被災したら、どこに集合するかなど、災害時のルールを決めておくのも大切なことです。
防災用品も何が揃えられていて、どこに仕舞ってあるかや誰が持ち出すかなどさまざまな場面を想定した話し合いを持つことで、あわてないこころ構えができます。

防災ガイドブックを読んで内容を確認

「いざ」という時にあわてずに冷静に行動するために、普段から心がけていてほしい災害時の初期行動や持ち出しリスト、計画停電対策などの防災対策をまとめた「防災ガイドブック」を配布していますので、ご家族みなさんで内容を確認してみましょう。

どこに行けばいいの? 防災設備ガイドで頭に叩き込む

マンション内の防災設備のある場所や避難経路を記載したガイドブックです。日常からこれらの設置場所や避難経路を確認しておくことが、災害に遭遇した時に冷静な行動へと結びつきますから、実際にマンション内を歩かれて確認してみましょう。

ご家庭ごとに防災用品を揃えましょう

ご家庭で揃えることのできる防災用品が市販されていますが、「何を揃えていいのかわからない」という声をお聞きします。「防災ガイドブック」に備蓄品リスト等を掲載しておりますので、内容をご確認ください。

【共助】たすけあうマンション内で助け合うために

お隣の方との朝の「おはようございます」から、実は防災への準備が始まっています。

お隣や同じ階にお住まいの方の名前とお顔は判りますか?

日常のコミュニケーションが、「いざ」という時の助け合いに役立ちます。普段からマンションにお住まいの方とあいさつを交わすことや、お互いに知り合うことが、防災対策への第一歩となり、災害後の復旧への大きなチカラともなります。

さあ、今日からでも「おはようございます」と防災の準備を始めてみませんか。

プラウドでご用意する装備。

防災倉庫は阪神淡路大震災後、また東日本大震災をふまえて内容の見直しをおこない、33項目に及ぶ装備をしています。

いざという時に役立つ備品を収納しています。

大型防災倉庫 参考写真

日用品や食料などの備蓄のための倉庫ではなく、一般家庭では購入しにくいものや普段では使われることがない、マンション内で災害時のみに使用するものを格納しています。
先の震災では、パソコンや携帯電話の充電のために、ポータブル発電気が役立ったとの声から新たに備品に加えるなど、実際に役立つという観点から収納品の見直しをおこなっています。

防災倉庫の内容

住戸内で救助するための備品

住戸内に閉じ込められた人がいる場合に、扉をこじ開けるのに使用する道具や、けが人を搬送するための担架も階段用と平地用の2種類を用意しています。

  • 万能斧
  • テコバール
  • ヘルメット
  • 強力懐中電灯
  • ヘッドライト
  • ゴーグル
  • 防塵マスク
  • 革手袋
  • 軍手
  • 担架
  • 担架(階段用)
  • 災害用救急箱

防災対策本部を立ち上げるための備品

マンション内での情報を集約・共有するために、防災対策本部を立ち上げます。お知らせのためのシート型ホワイトボードや、携帯電話の充電やPCなどに使えるポータブルガス発電機などを用意しています。

  • シート型ホワイトボード
  • ポータブルガス発電機
  • ガスボンベ
  • 拡声器
  • ランタンライト
  • 手巻き充電器付ラジオ
  • マルチタップ延長コード
  • 予備電池

復旧へ向けての備品

危険な箇所を伝えるカラーコーンやトラロープ、備品を運搬する台車など、被災後のマンション内で復旧に向けた作業が、円滑におこなえるよう備品を用意しています。

  • 台車
  • スコップ
  • トラロープ
  • カラーコーン
  • 布テープ
  • ビニールシート
  • ポリバケツ
  • 防災毛布
  • カセットコンロ
  • 収納ラック
  • 寝袋

各ご家庭への備品

防災倉庫には、つい忘れがちな各住戸で使用するための、ポリタンクや簡易トイレを備蓄しています。簡易トイレは住戸内のトイレに設置して利用します。

  • 簡易トイレセット
  • ポリタンク

平時からのコミュニティづくりをサポート

ハウスウォーミングパーティー

プラウドでは皆さんがご入居される前に、お互いに知り合うきっかけの場として、交流イベントを開催しています。

マンション知ってみ隊

入居されてからマンション内の防災設備など、普段はあまり目にすることのない設備や、避難ルートの確認等を行う見学会を実施しています。

マンション全体での防災への取組をサポート

防災訓練のサポート

野村不動産パートナーズが長年にわたり蓄積したノウハウをもとに、管理組合が実施する防災訓練をサポートをいたします。お子様や皆様が興味をもって参加頂けるような企画などもご提案いたします。

防災組織の編成支援

野村不動産がお勧めする標準的な管理規約には、災害時に備えて防災組織の組成および運営が円滑に行われるよう、防災に関する役割を担う方をあらかじめ定めております。

震災対応マニュアル指針の整備

震災時の対応マニュアルのたたき台となる指針をまとめております。マンション毎のマニュアルを作成する際には、指針をもとにお住まいの方々が自主的な運営ができるようにマニュアル作成のサポートをいたします。

消防・防災計画書の作成支援

震災時だけではなく、火災時の対応まで考慮した防災計画を立てていただくために、消防・防災計画書の標準的なひな型を管理規約集に添付しております。

ページトップへ