このページをお気に入りに追加する

  • スマートフォンなどにリストを共有できます詳細な物件情報をご覧になれます

プラウドの挑戦

コミュニティデザイン

プラウドが目指すコミュニティとは

プラウドが目指している、「住まい」を中心とした場所に帰属するコミュニティにおいては、お住まいの方同士の適度な距離感が重要になります。
普段はあいさつをかわす程度でも、いざというときは互いに助け合うことができ、「資産としての空間を共有する」ことや、「管理する」といった共同行為というつながりをもっていただく。
そんな意識を持って頂きながら、「心地よい関わり方」を提供していくことがコミュニティを築いていく上で私たちが果たすべき役割と考えています。

時代に合わせて進化していく、コミュニティをつくるために

一人ひとりのライフスタイルを大切にしながら、近隣とつながっている安心も感じられる。 それが「心地よい」コミュニティのあり方だと私たちは考えます。
住空間や立地など、ハード面の満足だけでなく、「住まい」を中心とした場所に帰属するコミュニティは、依然として重要な意味を持っています。
プラウドは、場所にも人にも愛着を持ち、「住み続けたくなる暮らし」のために、居心地のよいコミュニティ、信頼のおけるバックボーンから生まれる「安心感」を追求しています。

コミュニティを作るためのデザインがあります

プラウドではコミュニティと共用空間についての産学協同研究を行ない、良好なコミュニティのための共用空間のしかけとして、「マンションコミュニティのためのデザイン手法100」を開発しました。
この暮らしをよくするしかけによって作られた「根巻きベンチ」「コロコロベンチ」「見え隠れコラム」など、ワクワクするようなネーミングがつけられた空間は、見た目のよさを超えた暮らし心地のよさを生み出し、プラウドで過ごす「世界一の時間」をより一層際立たせます。

暮らしをよくする100のしかけ

コミュニティが時代に合わせて進化していくための仕組みがあります

プラウドではご入居後の暮らしをさまざまな角度からサポートする「野村不動産カスタマークラブ」や、入居前の懇親会である「ハウスウォーミングパーティ」、住民の「自助」と「共助」を支援する仕組み「サークルエイド」など、様々な仕組みを整備することによって常に変わり続けるコミュニティをサポートしています。
同じマンションの住民同士がハートウォーミングなコミュニティを生成・維持していくことで、プラウドでの暮らしは関わるほどに愛着がわき、日常生活の豊かさを増していきます。

ページトップへ