緑やガラススクリーンなどを用いていくつもの層をつくっております。それによって生まれる光を透過する素材の重なりが空間に奥行きを与えます。外部と緩やかに繋がりながらも、格調をさりげなく主張するデザインです。

外観
エントランスアプローチ

エントランスホールへ至るアプローチでは、涼やかな滝がお迎えします。
絶え間なく奏でられる美しい水の音が、ここが都心の真ん中であることを忘れさせてくれます。

テラス側のガラスから外の景観を取り込み、アート・植栽・ガラススクリーンなどの照明を綿密に計画することで優雅な空間を演出。コンシェルジュカウンターを設置し、居住者を始め、お客様やご友人など、大切な方々を手厚くもてなします。

エントランスホール

共用廊下の一部のフローリングは、ホテルオークラ、法隆寺など名だたる名所の床面を手がけた「昭和洋樽製作所」に依頼。
廊下、ラウンジの随所にはアートを配し、オンからオフへ気持ちを切り替えていける雰囲気を演出しました。

共用廊下・ラウンジ

野村不動産 住宅事業本部事業推進二部推進二課 宮田 祐次

開放感と優美さ。「プラウド白金台」には、そのふたつが絶妙なバランスで内包されています。ガラススクリーンと石が巧みに組み合わされた姿は、洗練された街並みの中でもひときわエレガントな個性を主張します。目指したのは、住む方にとって誇らしさとともにやさしさも感じられるような、白金台の新たな象徴となる佇まい。由緒ある歴史を擁した街並みに緩やかにつながりながら、気品ある印象を残すデザインとなっています。

野村不動産のプラウドプラウドクラブ新規会員登録はこちら

pageTop