建築デザイン

プラウドシティ伊丹

メインビジュアル

次代に誇れる暮らし心地を求めたランドプラン、時とともに魅力を深める邸宅

阪急「伊丹」駅前の喧噪を背に、心地よい木漏れ日を描く道を西へ。「プラウドシティ伊丹」は、都市計画法により静穏な住環境が守られやすい「住居系地域」に囲まれた地に誕生しました。

― 竣工MOVIE ― 建物を動画にてご覧いただけます。 CLICK

言葉では語り尽くせぬ美意識を求めた外観デザイン

外観デザインに求めたのは、凜々しく、清潔感ある佇まいを描き出すこと。全447邸という壮大なボリュームでありながら、リズミカルな住棟レイアウトとマリオンによる分節でシャープな印象を演出し、穏やかな街並みに違和感なく溶け込む建築美を目指しました。柔らかな雰囲気を醸成する乳白ガラスと陰影をもたらすグレーガラスを採用することで、フォーマルな表情のファサードをつくり出しています。街を構成する5つの住棟にはデザインコードを通底させて一体的な印象を形成しつつ、随所に白いボーダーのバルコニースラブやブラックのアルミサッシといったアクセントをプラス。すみずみまで趣向を凝らすことにより、誠実さを表現しています。

南面開放立地を生かした明るい南向き中心の全447邸

南面に高い建物が隣接せず、約200mにわたって東西にワイドに伸びる敷地形状を活かし、南向き中心に住棟をレイアウト。明るくあたたかな陽光をたっぷりと採り入れる、南向き住戸率約73%を実現しています。また、大通りに面する敷地北側道路には複合商業施設をバッファーのように配置することで、静穏な街区環境を保ちやすくしているところも特徴です。のびやかな空の下で悠々と暮らしを愉しんでいただけます。

磨き抜いた設計思想の粋をちりばめたもてなしのエントランス

一歩足を踏み入れると、それまでとは異なる時間が刻まれ始める。住まわれる方々とゲストをもてなす共用空間には、細部にいたるまで妥協なく美意識を注ぎ込むことにより、住まわれる方々を贅なる時間へエスコートする特別な空気を創出することを目指しました。

美しい木漏れ日を描く、開放感あふれるエントランスホール

厳選された素材の質感を引き立てる光の演出と、モダンな設計思想の息づく開放感あふれる2層吹抜けが迎えるエントランスホール。印象的なゲート型の柱・梁の奥には、シンメトリー構成のオリジナルアートを飾り、アーティスティックな感性が息づく空間を創出。天然石でしつらえたコンシェルジュカウンターの上部には、間接照明をしつらえた横型ルーバーを展開。

あざやかな緑がもてなす森のエントランス、アプローチガーデン

緑量豊かな木々の合間に、自然石のベンチをレイアウトしたアプローチガーデン。エントランスへと歩みを進めるほど、緑の息遣いを身近に感じられ、ゆっくりと心が癒されていく空間です。夜には照明によって木々を優しく照らし、帰宅された方々を幻想的な灯りでもてなします。

世代を超えた絆をはぐくむガーデンテラス

住まわれる方々のコミュニティの中心となる、緑あざやかな人工芝が広がる開放空間。自然の息遣いを感じられる豊かな植栽と、澄んだ感性で描くモダンなデザインという異なる美意識を共存させ、世代の垣根を超えた出逢いと触れ合いを生み出すことを意図しています。

木のぬくもりとコーヒーの香りに包まれる、ガーデンテラス棟

TULLY’S C OFFEE 伊丹店を手掛けた住友林業株式会社が設計する、ぬくもり豊かな木造建物・ガーデンテラス棟を建築。棟内にはカフェスペースやキッズスペースなどをプランニング。木のぬくもりに囲まれた暖かいラウンジにて世代間の新たなコミュニティを創造します。

四季の変化を楽しめる回廊空間紅葉のコリドー

エントランス棟と住棟およびガーデンテラス棟をつなぐ回廊のような遊歩道です。春には若葉、秋には紅葉と、美しく彩りを変化させるモミジを中心とした中高木を配置し、住まわれる方々に季節の移ろいを知らせる庭園を創出。爽やかな風が通り抜けると、心地よい葉擦れの音が聴こえ、なにげない時間にも豊かな情感を醸します。

インタビュー

野村不動産 住宅事業推進担当 菊地 純平

2016年9月に見た広大な土地が今でも脳裏に焼き付いております。2018年3月23日のお客様ご入居後、活気付くガーデンテラスを拝見し、強く胸を打たれました。野村不動産初の共用木造棟ということで未経験の難題がある中、木材とサッシの納まりなど各協力業者と膝を突き合わせて打合せをしたことを記憶しております。各細部の納まりに注意し、デザイン・使い勝手ともにご入居者様にご満足いただけるよう多くの作り手の思いが詰まっております。

プラウドシティ伊丹

所在地
兵庫県伊丹市昆陽東1丁目25番4(地番)
交通
阪急伊丹線「伊丹」駅 徒歩9分
JR宝塚線「伊丹」駅 徒歩19分
総戸数
447戸
竣工
第Ⅰ工区/2017年12月 第Ⅱ工区/2019年1月予定