建築デザイン

プラウドシティ浦和

メインビジュアル

2万4千本の緑がうるおう、次世代につなぐ街

センタープロムナード

総開発面積約2.2haの敷地を南北に貫く道路「センタープロムナード」は、幅員11m・延長約200mに及ぶ大きな緑の並木道。周辺地域から長らく課題とされていたインフラ整備を解決するとともに、将来予定されている都市計画道路と軸線を重ね、地域に対して開かれた街の形成を目指しました。

このセンタープロムナードを街づくりの骨格として、風の通り道、陽の降り注ぐ暖かいスペース、居住者と地域住民が自然に集まりやすい環境などが醸成されるよう配棟・配置に配慮を重ねた結果、約2万4千本の樹木に彩られた緑豊かな敷地に、6棟の集合住宅、2棟のコミュニティ施設、2つの公園と3つの広場を配置した、緑豊かな杜の住まいが誕生しました。

2つの公園と3つの広場

「プラウドシティ浦和」にある2つの提供公園のうちのひとつ、敷地中央に設けられた「シティパーク」は、官民の境界を明確にせず、街全体に溶けこむよう計画されました。敷地の高低差を活かし、ステージ形状にすることで、地域のイベント広場やわかりやすい待ち合わせ場所として、地域のコミュニティ形成を促します。また、かまどベンチが備えられるなど、防災拠点としての機能も持っています。

ファミリーパーク

水景潤う「センターパーク」から散策路を抜けて、ソメイヨシノに囲まれた円形状のプライベートガーデン「ファミリーパーク」へ。遊具のある"遊ぶ庭"は、元気に走り回る子どもたちの歓声に包まれています。

コミュニティゲート

マルシェや夏祭りなどのイベント開催時には、「コミュニティゲート」が開放され、プライベートエリアがオープンスペースに。居住者と地域住民の交流を深めることを意図しています。

センターハウス 森のラウンジ

コンシェルジュサービス・カフェ・ミニショップ・保育施設を併設する共用施設「センターハウス」。窓から緑豊かなセンターパークを望み、四季に移ろう景色を楽しむことができます。

このオープンスペースに、住む方同士の出会いや交流を演出する場所として、気軽にくつろぎ語り合える「森のラウンジ」を設けました。子育て交流会や森の音楽会が開かれるなど、子育て世代だけでなく多世代のコミュニティを育む場として機能しています。

次世代へのメッセージ

緑豊かな環境が街を潤し、人々の生活を華やいだものにするという想いから、太陽・水・風・大地・葉・種をデザインモチーフにした色彩・照明・アート・サイン計画を実施しました。特に子どもたちにとって、それらのアート・サインを親子で「発見する喜び」を覚え、豊かな想像力が育まれることを望んでいます。

インタビュー

野村不動産 住宅事業本部 住宅建築部 村上 静枝

総開発面積約2.2haの敷地に2万4千本の樹木という豊かな緑の中に、5つの広場・6棟の集合住宅・共用棟を配し、緑の再生と豊かな子育て環境を創出する「緑の街」をつくり上げました。
この新しい緑の街は、居住者だけでなく周辺住民に対しても開かれており、センタープロムナードやシティパークが、毎日散歩し集える場として地域の方々にも受け入れられたことを喜ばしく思っています。
また、未来を担う子どもたちがこの街で育ったことを思い出に残し、そして次の世代にも受け継いでもらえるよう、四季を彩る植栽の配置やみんなの木、アート・サイン計画など各所に記憶に刻まれるような工夫を凝らしました。住めば住むほど細やかな発見をする喜びを見出し、たくさんの家族の記憶の中に"いつまでも思い出に残る暮らし"が育まれていくことを願っています。

プラウドシティ浦和

所在地
埼玉県さいたま市浦和区前地
交通
JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線・湘南新宿ライン「浦和」駅徒歩12分
JR京浜東北線・武蔵野線「南浦和」駅徒歩10分
総戸数
492戸
竣工
2013年04月