建築デザイン

プラウドタワー千代田富士見レジデンス

メインビジュアル

日本とフランスの美意識が響き合う都心の邸宅

エントランスホール
アートラウンジ

和と洋の伝統が紡ぎだすアルチザンウォールの「エントランスホール」が居住者の方々を暖かくお迎えします。

「エントランスホール」を抜けると広がる「アートラウンジ」ではアートと緑を眺めながらくつろぎのひとときをお過ごしいただけます。

外観

スカイパーティーラウンジ
スカイテラス

建物屋上(22階相当)に用意された居住者専用の「スカイパーティーラウンジ」。
キッチンも完備しており、お料理を楽しみながらパノラミックな眺望を堪能できる、 家族や友人たちと集える、もう一つの大型リビングとしてご使用いただけます。

「スカイパーティーラウンジ」との一体利用で、より贅沢な時間をお過ごしいただく事ができる「スカイテラス」。
タワーレジデンスだからこそ手に入れる事ができた、 雄大な空と景色を居住者の皆様が享受できるように、と言う想いで作られました。

外観

デザイナーインタビュー

野村不動産 開発企画本部 開発企画部  花篤 洋介

日本とフランスの融合・調和をめざして

リセ・フランコ・ジャポネ(東京国際フランス学園)跡地と言う由緒ある土地を舞台に誕生した「プラウドタワー千代田富士見レジデンス」。
都心にありながら、閑静な邸宅を思わせる壮大な引きのあるアプローチを構える事で、潤いある緑豊かなランドスケープを実現する事ができました。
また、外観や建物内の共用部では細部のいたるところで日本とフランスの伝統と文化を感じていただけるようデザインに工夫を凝らしました。

プラウドタワー千代田富士見レジデンス

所在地
東京都千代田区富士見
交通
JR中央・総武線「飯田橋」駅 徒歩6分 他
総戸数
137戸
竣工
2014年3月