専属アドバイザーがワンストップでサポート インテリアセレクション【前編】

住まいの購入はゴールではなく、新しい暮らしのスタート。成約後に動き出す準備の中でも、空間づくりのカギとなるのがインテリア選びです。コーディネートから購入、設置まで手間のかかるプロセスを、専属のインテリアアドバイザーが一貫してサポート。「インテリアセレクション」は、そんなワンストップのサービスです。
※首都圏の物件ご購入者様限定のサービスです。

入居する日が待ち遠しくなる。
ワンストップ・インテリアサービス

物件の購入の先にある「楽しいけど、ちょっと大変」

ソファー、テーブル、カーテンなどを、物件購入を機に買い替える方も多いはず。そのアイテム選びは大きな楽しみであると同時に、少し負担に感じてしまう側面もあるのではないでしょうか。

お店を何軒も回り、間取りや好みを毎回説明し、購入後は設置の手配や立ち会いなど、時間と労力は思いのほかかかってしまいます。その上、インテリア全体がセンスよくまとまるようにアイテムを選んでいくのは、想像以上に大変です。

野村不動産のインテリアセレクションは、こうしたお悩みを解消するサービスです。

インテリアのあれこれ、専属アドバイザーに全部おまかせ

サービスの一番の特徴は、物件のご購入者様1組に1人のアドバイザーが専属し、インテリアに関するさまざまなプロセスを一つの窓口で対応するところ。このワンストップのサポートを物件ご成約の付帯サービスとして無償で提供しており、年間で約3,500組以上のお客様が来場し、ご利用いただいています。

インテリアの販売を手掛けるインテリア営業部が展開するサービスなので、アイテムの購入にも大きなメリットがあります。野村不動産がセレクトした商品をフェアなどで優待価格にてご提供。豊富なラインナップの中から、アドバイザーと一緒にインテリアを選んでいくことができます。

ご入居前に搬入&配置を完了。理想通りの空間で生活がスタート

インテリアセレクションを通じて購入した家具やカーテン、エアコンなどは、事前に設置した状態で物件のお引渡しを行います。※1入居したその日から、レイアウトが完成したお部屋で暮らし始めることができると、とても好評です。事前のレイアウトが完成している中で、入居したその日から暮らし始めることができます。

※1お申し込みの時期や商品により、お引渡し後の納品となる場合もあります。

入居後のアフターサービスはインテリア営業部の窓口でまとめて対応するため、メーカーごとに連絡を取る必要もありません。※2

※2アフターサービス期間は商品により異なります。

インテリアに関わる「手間」や「不安」を最初から最後まで、一つずつクリアしていく。物件ご購入者様だけの、ワンストップでプレミアムなサポートです。

インテリアの達人と二人三脚で進む
「理想の住まい」へのステップ

ここからは、インテリアセレクションのキーパーソンとなるインテリアアドバイザーに話を聞きながら、サポートの流れや具体的な内容・メリットを見ていきましょう。

お話を聞いたインテリアアドバイザー

髙橋麻衣子さん

インテリアコーディネーターとして長く経験を積み、設計の知識も豊かで、モデルルームのプランニングやオーダーメイドマンションの間取り変更など多くの案件を手掛けています。 野村不動産には、こうした経験と専門知識の豊富なアドバイザーが約200人おり、そのスキルとセンスを活かしたコンサルティングをご提供しています。

STEP1 物件ご契約?打ち合わせに向けて

物件のご購入者様には契約時にインテリアセレクションのご案内を行い、概ね1か月後に実施する「インテリアフェア」にご予約いただきます。アドバイザーとはこのフェアで初対面となります。

「初回の打ち合わせの前にはお客様にアンケートにお答えいただきます。『これは絶対に欲しい』『これは買い替えるか検討中』といった大まかなニーズをつかみ、打ち合わせに臨みます」

インテリアアドバイザーはお客様がご契約された物件の情報を事前に把握して、コーディネートをしていきます。

「間取りや階数、床・建具のカラーリングなど、資料とイメージをしっかり頭に入れた状態でお会いします。ですからお客様が『これから住むのはこんな部屋で……』と説明する必要がなく、すぐに本題に入ることができます」

STEP2 インテリアフェア打ち合わせ(前半)

インテリアフェアとは、多彩な商品のサンプルに触れながらアドバイザーとともに理想の住まいを形にしていく催しで、会場は東京・西新宿にある野村不動産のインテリアサロン。その場で気に入った商品のお申し込みも可能です。

インテリアサロン

カーテンや照明、食器棚、エアコン、エコカラットなど、新しい住まいに必要なアイテムのサンプルを豊富に取り揃えたサロン。来場は完全予約制で、キッズルームも完備。アドバイザーとともにゆったりと、いくつものショップを巡ることなく一度にインテリアが選べます。

「会話の中でお好みのテイストを引き出していきます。ポイントは必ず比較対象をお出しすること。『明るめと、落ち着いた感じならどちらがお好きですか?』と大枠のところから伺って、『柄の入ったものとシンプルな無地系なら?』と徐々に絞り込んでいきます。雑誌のイメージなどもぜひお持ちください!」

他には今どんな家具を使っているかを聞いて、好みをつかんでいくこともあるのだとか。こうしてお客様の求めるテイストをつかんだら、次はコーディネートのご提案です。

「ただ好みのものを並べてもうまくまとまらないのがインテリアの難しいところ。客観的にバランスを見ながら、プラスアルファの色やアイテムなど少し意外性のあるものもご提案していきます。ご期待に応えるのはもちろん、プロとして期待値を超えるアイデアを出していくことを心がけています」

インテリアフェア打ち合わせ(後半)

初回打ち合わせの後半は、具体的なアイテム選びに入っていきます。アドバイザーと一緒に商品のサンプルを見ながらコーディネートのイメージを固めていけるので、あちこちお店を回る手間が省けると好評です。

「さらに喜ばれるのがカーテンの採寸。窓のサイズはこちらで把握しているので、新居の内覧会にカーテン屋さんを呼んで採寸してもらうといった面倒もありません。サロンに展示しているカーテンは千種類以上。その他ご要望に応じ、カットサンプルの手配をいたします」

インテリアフェアでは、打ち合わせからアイテム選びまで3~4時間程度をかけ、お客様の思いを丁寧に形にしていきます。また「1回では決めきれない」「もっと多くのサンプルが見たい」と望まれる方は、後日2回目の打ち合わせも可能です。

「1人のアドバイザーが最後まで専属することで『ニュアンスまでわかってもらえる』という関係性が生まれ、それが安心感につながります。インテリアを扱うお店がたくさんある中で、それでも多くの方にこのサービスをご利用いただいているのは、そうした信頼関係があるからだと思います」

次のステップでは、インテリアフェアにはないソファーやベッドなどを扱う「ファニチャーフェア」で大型家具を選んでいきます。後編ではその様子をはじめ、本サービスをご利用頂いたお客様に人気のある商品などをご紹介します。

野村不動産のインテリアセレクション 公式ウェブサイト>

※掲載の情報は、2018年6月時点の情報です