プラウド高輪三丁目 S邸:間取り図

オーナーのこだわり

プラウド高輪三丁目 S邸:ロンドンで買った古地図

ロンドンで買った古地図

ロンドンの専門店で買った古地図。偶然、当時ご主人が仕事で関わっていたポートソーケン地区が描かれており、記念に購入したもの。ご夫妻はロンドン暮らしの経験があり、他にも、思い出の地を描いたアンティークのリトグラフなどを室内のあちこちに飾っています。

プラウド高輪三丁目 S邸:思い出の品々を並べたコーナー

思い出の品々を並べたコーナー

リビングのチェストの上に並んでいるのは、思い出の品のコレクション。ロンドンだけでなく、旅先のロシアや北京など、各国で買った思い出深い品々ですが、いちばんのお気に入りは宝箱の上に鎮座した愛らしいシーサー。息子さんが小浜島でつくったものだそうです。

プラウド高輪三丁目 S邸:カーテンと同じ生地を張った椅子

カーテンと同じ生地を張った椅子

カーテンも椅子も17年前に購入したものをそのまま使用。カーテン地はドイツ・JAB社製で、裏から見たほうが色合いがダークで気に入り、裏表逆に仕立ててもらったとのこと。共布の椅子の座面は、余分に買ってあった生地を使って、奥様が最近張り替えたものです。

※掲載されている情報は2015年1月時点のものです。

野村不動産のプラウドプラウドクラブ新規会員登録はこちら

pageTop