共働きのNさんご夫妻は、「マンションを買うなら若いうちに」と、購入を決意。上司や先輩の意見も聞きつつ、さまざまなモデルルームの見学を重ねたそうです。その結果、ひと目惚れで「プラウドタワー白金台」をご契約。転勤の多いNさんご夫妻ならではの、将来を見据えたマンション購入術は、これからマンションを買いたいと考える方へのヒントに満ちています。

Nさんの購入プロセス

  • 2012年08月頃 マンション購入を考え始める
  • 2012年10月頃 モデルルーム見学
  • 2012年11月頃 購入を決意
  • 2012年12月頃 ご契約
  • 2014年09月末 ご入居

上司の助言は「信頼できる不動産会社で探せ」

――マンション購入のきっかけを教えてください

私たちは、2011年9月に勤務先のシンガポールから帰国しました。それからしばらくの間は新宿区の賃貸に住んでいたのですが、ローン金利も低い時代ですし、将来のことを考えれば共働きの今が家の買い時かなと思ったのが、購入のきっかけでした。

当時、家を購入した上司や先輩が数名いて、彼らに話を聞いたところ、建物や設備仕様、購入後のサービスなどの信頼性を考えれば、やはりブランド力のある会社の方が安心だというアドバイスがありました。そこで私たちは、プラウドを含めいくつかのマンションブランドに絞り、本格的に探し始めたんです。

――どのようにして「プラウドタワー白金台」を見つけましたか

現在の勤務先の場所に加えて2人とも買い物が好きなので、住むなら都心と決めてはいましたが、街によって雰囲気は大きく違います。また、将来的に再び転勤がないとも限らないので、いずれ人に貸す、あるいは売ることも念頭に置いて、できるだけ価値を維持できる立地がいいと考え、港区で探すことにしました。

「プラウドタワー白金台」を見つけたのは、実は私の母なんです。以前「シロガネーゼっていいね」と言ったことを母が覚えていて、白金にプラウドタワーができるという情報を教えてくれました。そういう意味では、私は夢を叶えたと言えますね(笑)

プラウドタワー白金台 Nさん

臆せずどんどんモデルルームに行ってみよう

──ご契約までに、モデルルームはいくつかご覧になりましたか

ええ、「プラウドタワー白金台」を含めて4~5件見て回ったでしょうか。マンションを買うと決めてからは、毎週のようにモデルルーム巡りをしました。事前に、マンションブランドのネームバリュー、立地、賃貸に出した際の賃料、リセールバリューなどについてネットやチラシで詳しく調べていたので、どの物件を見ても間違いということはありませんでしたが、モデルルームに入った瞬間に「ここに住みたい!」と思ったのは、「プラウドタワー白金台」だけでした。やはり最後の決め手は、自分たちのライフスタイルやフィーリングにマッチするかどうか。これが大きかったです。

──「プラウドタワー白金台」は即決だったのですか

ほぼそうですね。また契約を決めるにあたっては、営業担当の方との相性も大きかったと思います。その方ご自身が家を買った時の体験談もまじえ、親身に相談に乗ってくださいました。率直に話のできる営業さんと出会ったことには、とても感謝しています。

ともあれ、家を買うならまずは十分な下調べ。その上で、気になるモデルルームには臆せずどんどん行ってみるのが大事だと実感しました。

プラウドタワー白金台 Nさん
プラウドタワー白金台 Nさん

契約直後の転勤! それを逆手にじっくり準備

──購入に際して、なにか不安はありましたか

本当に2人で長期間住宅ローンを払い続けられるのかという点が、一番の不安でした。それについては、マンションギャラリーで紹介されたファイナンシャルプランナーさんに「子どもができたら、転勤したら、10年・20年後の収入は」などライフステージ予測をしてもらい、これなら大丈夫と確信を持てるようになりました。

また、契約から約2年後の入居ということで、実物のマンションが想像と違っていたら…という点も不安でしたが、それについては杞憂でしたね。マンションの設備仕様はもちろんのこと、白金台という土地自体がとても気に入りました。街には緑が多く、高台で見晴らしも良くて大満足です。

──契約からご入居までの約2年、さぞ心待ちにされたことでしょう

もちろんです。ところが、契約を済ませた矢先に夫が関西に転勤することに。「新しい家を買ったばかりなのに」と、とても驚きました。でも、関西で暮らしている間に、新居にどのような家具を入れるかなど、落ち着いて考えて準備を進めることができたので、今になってみればむしろ良かったと思います。

それから、家を買うときは、家以外にもこまごまとお金がかかるもの。私たちは関西暮らしの2年間、入居時に物を買うのに必要な予算を決め、あらかじめ24カ月に分けて貯金するなど、経済的な面でも準備を整えることができました。

そして、夫は2014年11月付でふたたび東京に転勤。私はひと足早く戻っていましたが、本当に良いタイミングで入居できたと思います。

プラウドタワー白金台 Nさん

 

プラウドタワー白金台 Nさん

素晴らしい眺望を楽しめるリビング・ダイニング

プラウドタワー白金台 Nさん

洋室は2面開口の開放感。窓の外にはレインボーブリッジも見える

充実の設備仕様が忙しい2人を助けてくれる

──新居で特に気に入っている設備仕様は何でしょうか

キッチンのディスポーザーですね。ディスポーザーがあるとこんなにもゴミが減るのかと、感動しています。入居後は自宅で食事を作ることが増え、毎日それなりに生ゴミも出るようになったのですが、ほとんどディスポーザーで処理できて衛生的。臭いも出ないし、本当に重宝しています。

他にも、食器洗い乾燥機やパワフルな浴室乾燥機など、家事の時間を多く取れない共働き夫婦としては助かりますね。

──高層階のお住まいで眺望も素晴らしいですね

ええ、3面開口の眺望は何よりの自慢です(笑) モデルルームで見た眺望シミュレーションの画像よりも実際の風景の方が素晴らしくて、うれしいですね。昼でも夜でも、大きな窓から都心やベイエリアを見渡せるのは気持ちのいいものです。秋から冬の晴れた日には、富士山もくっきり望めますよ。

入居して何度かホームパーティーを開きましたが、友人からも「長居したくなるリビング」と褒めてもらっています。夜になると部屋の電気を消して、宝石箱のような都心の夜景を目前に夫婦で語らうひとときが、今は何よりの楽しみです。

プラウドタワー白金台 Nさん

「ディスポーザーのおかげでゴミ処理が本当にラクになった」とNさん

プラウドタワー白金台 Nさん

海外赴任先にも持ち込んだという、Nさんお気に入りのドレッサー

プラウドタワー白金台 Nさん

プラウドタワー白金台:東京都港区白金台(都営浅草線 「高輪台」駅 徒歩3分)

※掲載の情報は2014年12月現在のものです。 ※掲載の写真は2014年11月に撮影したものです。

野村不動産のプラウド:東京23区プラウドクラブ新規会員登録はこちら

pageTop