【PROUD 公式HP】 ロケーション|-プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ- 野村不動産の新築マンション

南池袋公園(約620m/徒歩8分)

LOCATIONロケーション

scroll

世界有数の巨大ターミナル「池袋」駅へ徒歩10分
暮らしを潤す全てが徒歩圏に。

多くの人が集まる「池袋」駅界隈には多彩な商業・文化施設が軒を連ね、
様々なジャンルのものを手に入れることができます。
充実した住環境は再開発によりますます高まっていきます。

航空写真

賑わいと落ち着きのクロスポイント。
ほどよい距離感が魅力の「東池袋」。

複数の再開発プロジェクトにより変貌が続く「池袋」駅周辺エリア。
再開発事業が集まる「池袋」駅東口エリアでは
新たな利便施設や文化施設、大型公園の開発・整備が進みより便利で文化的な街として、進化を続けています。
そんな商業集積エリアに隣接しながら穏やかな雰囲気があふれている「東池袋」。
豊島区役所の移転をきっかけに区の中心機能が集積し未来への期待感が高まっています。

  • マルエツプチ東池袋駅前店

    (約140m/徒歩2分)
  • 南池袋公

    (約620m/徒歩8分)
  • 南池袋公園

    (約620m/徒歩8分)
  • Racines FARM to PARK

    (約620m/徒歩8分)
  • 豊島区中央図書館

    (約150m/徒歩2分)
  • あうるすぽっと

    (約150m/徒歩2分)
  • 豊島区役所

    (約350m/徒歩5分)

街と生活・文化を繋ぐ新しい交通手段
池袋副都心移動システム「IKE BUS」。

池袋駅周辺に点在する魅力あるスポットを繋ぐ池袋副都心移動システム「IKE BUS」。環境に配慮した電気バスを使い、高齢者や子ども連れをはじめ多世代の方が安全・快適に利用できる新たな移動システムです。池袋駅を中心として東側と西側への2つの運行ルートがあり、「豊島区役所」や公園・「Hareza池袋」・「サンシャインシティ」などを巡る便利な生活の足となっています。最高時速が19kmのため、単なる移動手段ではなく車窓をゆっくりと流れる景色を楽しむことが可能です。真っ赤なバスの内装は座席に寄木細工風の模様が使われ各車両で異なるデザインを採用。国際アート・カルチャー都市を目指す池袋にふさわしいシンボルとなっています。

IKE BUS

SHOPPING商業施設

東池袋駅周辺には小型スーパーが点在しており、帰宅ついでの買い物に便利。
また、近くに24時間営業の西友もあります。

  • マルエツ プチ

    東池袋駅前店

    (約140m/徒歩2分)
  • ココカラファイン

    東池袋店

    (約140m/徒歩2分)
  • 東急ハンズ

    池袋店

    (約640m/徒歩8分)
  • 西友【24時間営業】

    サンシャイン西友店

    (約340m/徒歩5分)

PARK公園・レジャー

都心でありながら広々とした公園が点在しているのも池袋の特徴。
近隣にも小型の公園が揃っています。

  • 南池袋公園

    (約620m/徒歩8分)
  • 日出町公園

    (約280m/徒歩4分)
  • 東池袋中央公園

    (約680m/徒歩9分)
  • 東池袋公園

    (約790m/徒歩10分)

EDUCATION教育施設

小学校、中学校が徒歩圏内にあり、
お子さまの通学時も安全です。

  • 南池袋小学校

    (約680m/徒歩9分)
  • 千登世橋中学校

    (約1340m/徒歩17分)

HOSPITAL医療施設

近隣には歯科、内科、整形外科、
新大塚駅前には総合病院があり安心です。

  • 東京都立大塚病院

    (約1220m/徒歩16分)
  • 池袋病院

    (約800m/徒歩10分)

山手線内側、利便性の高い内陸の高台というアドバンテージ。

最先端のグルメ・ファッション、政治や経済などの中枢機能が集結する山手線内側。
その中でも池袋周辺は標高が高く、液状化のリスクが低いエリアです。
安心という変えがたい価値を担保すると共に、再開発で進化する利便性を享受できるポジション。
そんな街に溢れる高感度な熱気と、暮らす場所に求めたい安らぎの両方を
兼ね備えた場所は都心の中でもそう多くはないでしょう。

エリア概念図
パノラマ
arrow arrow

現地より36階相当の高さから東・西・南・北方向を望む眺望写真

パノラマ

現地より36階相当の高さから東・西・南・北方向を望む眺望写真

東京都内にわずか約3%※2の「JR山手線内側」エリア。

東京都全体面積のうち23区が占める割合は約29%。
その中で皇居や赤坂御用地、六本木・青山・表参道・白金など都心を代表する街が位置する「JR山手線内側」の面積はわずか約3%※2のみとなっています。
「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」は都市機能が凝縮された限られた約3%※1の中に官民一体の再開発プロジェクトとして誕生します。

東京都概念図

安定した地盤に歴史と開放感が息づく高台。

「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」が誕生するのは、
古くから邸宅街として住み継がれてきた強固な地盤の武蔵野台地。
周辺は起伏が少なく、通勤・通学やショッピングへはフラットアプローチとなります。

高低差概念図

山手線内側の中でも、ひときわ標高が高いエリア。

建設地の標高は約29m。周辺エリア一帯が高台で、山手線内側においても標高の高い安定した武蔵野台地に位置しています。

地震による液状化の可能性が低い安心立地。

地盤が安定しているほど、地震発生時の液状化等のリスクが少なくなるといわれています。東京都の液状化予測図では、現地周辺は「液状化の可能性が低い地域」に分類されています。

※1.新型コロナウイルス等の影響により、引渡時に駅直結工事が完了していない場合があります。
※2.東京都が公表している東京都総面積の2,190.90㎢・区部626.70㎢と国土交通省ホームページ広報ページ掲載のJR山手線内側面積の約63㎢から算出。
※掲載の航空写真は2019年10月に撮影したものにCG処理を施しており、実際とは多少異なります。また、現地の位置を表現した光は建物の規模や高さを示すものではございません。
※掲載のエリア概念図は地図を基に描いたもので実際とは異なります。
※掲載の眺望写真は建設現地36階相当の高さより南東から北西方向を撮影(2019年12月)したものに一部加工を施したもので実際とは異なります。眺望・周辺環境は変わる可能性があり、将来にわたって保証されるものではありません。また、眺望は各階・各住戸により異なります。写真内の白ラインは2024年竣工予定の「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の建物外形を計画中の図面をもとに示したもので実際のものとは異なります。
※掲載の高低差概念図は地形図を基に描いたもので位置・スケール・建物の形状・向き・高さ・距離等は実際とは異なります。また、周辺環境は将来にわたって保証されるものではありません。
※掲載の写真は2017年8月・10月・11月・2019年10月・2020年1月に撮影したものです。
※掲載の徒歩分数は1分80mとして算出(端数切上げ)したものです。

<物件エントリー者様限定>
モデルルーム案内会開催中

物件エントリーはこちら

お問い合わせは
「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」
販売準備室

0120-248-678

営業時間/平日 11:00~18:00 土日祝 10:00~18:00
定休日/毎週水曜日、第2火・木曜日
※当面の間、上記の定休日とさせていただきます