プラウドシーズンとは

プラウドシーズン花小金井

50年余りにわたって培われた街づくりの思想。

野村不動産のDNAのひとつに、大規模戸建住宅地があると言えます。
50余年にわたり蓄積されてきたノウハウを生かし、都市に新たな景観と息吹を
生み出してきました。その思想は今もなお受け継がれ、大規模開発から都市型戸建てまで
多岐にわたる街づくりに取り組んでいます。

大規模開発の事例
1961年、野村不動産の不動産開発は、約760区画の大規模戸建住宅地「鎌倉・梶原山住宅地」の開発から始まりました。以降、「住まいのまちなみコンクール」で国土交通大臣賞を受賞した「鶴川緑山住宅地」をはじめ緑との調和を大切にした大規模住宅地を、数多く世に送り出して参りました。2002年、一戸建てブランド「プラウドシーズン」を発表してからも「プラウドシーズン花小金井」(250区画)など、数々の大規模プロジェクトが誕生しています。

プラウドシーズン花小金井

都市型開発の事例
新たにひとつの街を創るような大規模開発と違い、既存の街並との調和を重視する都市型の小規模開発。成熟した街には、歴史が培ってきたそれぞれの趣があります。プラウドシーズンでは、既存の街との調和を図りながらも、誇るべき住まいとして一邸一邸に個性あるデザインを計画。主張しながらも共存させることで、街と呼応する新たな街並を描いていくこと。これが、もうひとつのプラウドシーズンの姿です。

プラウドシーズン上用賀

物件一覧へ

CONTENTS