中央線といえば、様々な調査で住みたい路線ランキングの上位に入賞します。最近だとSUUMOが発表した「住みたい街ランキング2016」でも、東急東横線に僅差で「JR中央線が3位にランクイン」しました。吉祥寺、中野、荻窪など、住みたい街ランキング常連のエリアを始め、同調査では「今後、地価が値上がりしそうと思う街」4位、「これから人気が出そうな郊外の街」2位に立川が登場するなど、ますます中央線沿いの街は人気が高まっています。中央線の魅力とは一体何でしょうか?

NEW

プラウドシーズン吉祥寺本町(01:24)

東京・新宿に“直結”

JR中央線は新宿、東京といったビジネスの基点となる主要駅がそれぞれ乗り換えなしで利用できます。
また、東西に一直線に延びていることから、立川、国立、吉祥寺など、新宿以西の人気エリアからもアクセス良好です。

※東京~立川間

38路線に接続
※東京~立川間

「新宿」「四ツ谷」「御茶ノ水」「東京」駅など、都心の主要ターミナル駅に繋がるJR中央線は38もの多彩な路線に接続。
1回の乗換だけで都心全域をほぼ網羅する優れたマルチアクセスを誇ります。

駅の周りは主要路線の乗降客数等によって発展度合いが違ってきます。
その発展度合いを「駅力」とした場合、JR中央線は急行停車駅だけでなく各駅の駅力も段違いです。

各駅の平均乗降客数が段違い

例えばJR中央線は同じ新宿を通る京王線、小田急線等と比較して、駅数に対する一日の合計乗降客数の平均が圧倒的に多いんです。このため各駅の商業施設、文化施設などが充実しやすく、駅一つ一つの魅力が際立っているのもJR中央線の魅力の一つです。

各路線の始発駅~東京エリア内でそろえた場合。
中央線:東京~高尾間(32駅)。小田急線:新宿~町田間(27駅)。京王線:新宿~高尾間(41駅)

各駅停車が止まる駅も平均乗降客数が段違い

JR中央線は、快速停車駅と各駅停車駅で差が小さいことも特徴として挙げられます。乗降者数がその駅の発展に影響を与えますが、その差が小さい分、どの駅もしっかりとした生活基盤が整っており、JR中央線が全体で「駅力が高い」といわれる所以です。

JR中央線快速停車駅24駅平均120797人、各駅停車8駅平均52,168人。
小田急線急行停車駅9駅平均184,998人、各駅停車18駅平均31,542人。
京王線快速停車駅35駅平均58,513人、各駅停車6駅平均20,243人。

※JR東日本 各駅の乗車人数 2015 ※京王グループ 1日の駅別乗降人数 2015 ※小田急電鉄 1日の平均乗降人員 2015

JR中央線の開業は1889年。数ある鉄道路線の中でも早期に開発されました。それに伴って駅周囲の整備も古くから進み、暮らしを支える商店街やスーパー等が集積していきました。
買物や外食に便利な成熟した住環境こそが、中央線沿線の街の大きな魅力です。

誰しも憧れる街 吉祥寺

都内で住まいを捜したことがあるなら一度は聞いたことがあるであろう「吉祥寺」。各種ランキングでも常に上位に位置し、長年その不動の地位を維持し続けています。アクセスの良さ。井の頭公園などのオアシス。グルメはもちろん、ちょっとした小道にもおしゃれなお店が集い、完成された街の魅力は、いつまでも吉祥寺の人気を支え続けます。

再開発が進む 中野

2012年から警察学校跡地が再開発され、中野セントラルパークを中心とした新たな魅力があふれる街「中野」。同じ中野駅北口からはサンモール擁するサブカル文化も充実し、様々なお店や食事どころがまさに玉石混合といった魅力を持っています。春は中野通りを北上すれば、哲学堂公園まで伸びる桜並木が来る人を楽しませます。

注目の街 立川

2014年に都内初進出となる「IKEA立川」、2015年に西東京最大規模のショッピングセンター「ららぽーと立川立飛」がオープンしたことで、もともと便利な商業エリアがさらにパワーアップ。都心郊外の緑豊かな住環境も相まって、「住みたい街」の総合ランキングでも29位にランクアップしています。

華やぎと静けさが両立 国立

駅直結で2015年に誕生した「nonowa国立」は、生鮮食料品はもちろん、ベーカリー、ドラッグストア、ブックストア、雑貨店などが揃い、国立駅がさらに便利になりました。また、東京都の条例により、日本で初めて「文教地区」の指定を受け、国立駅周辺は、一定の建築物の建築が制限され、今もなお良質な教育環境が保全されています。

住むほどに増す愛着 武蔵境

中央線「三鷹- 国分寺」間の高架化とあわせ、美しい駅前風景、モダンなショッピング環境へと進化した「武蔵境」駅周辺。その暮らしの便利さとともに、受け継がれてきた“学びの文化”を呼吸する文教エリアとしての豊かさが、この街の大きな魅力です。武蔵野市の安定した財政力に裏付けられた充実の子育て支援サービスも魅力的です。

一層便利に 武蔵小金井

平成24年3月に第1地区が完成した「武蔵小金井駅南口地区市街地再開発事業」。これによって駅前ロータリーや広場、大型商業施設が整備され、美しい駅前の景観が実現しました。さらに、平成32年の完成を目指して第2地区の開発もスタート。街全体の回遊性や安全性の向上だけでなく、商業施設や憩いのスペース計画され、駅前はより一層便利に生まれ変わる予定です。

プラウドシーズン武蔵小金井 緑樹の街

中央線Family Sanctuary
家族みんなにやさしい、中央線新街区。

  • 所在地東京都小平市回田町201-13他(地番)
  • 交通情報中央線 「武蔵小金井」駅 「小平駅」行きバス約9分 「回田本通り」バス停より 徒歩4分
所在地 東京都小平市回田町201-13他(地番)
交通情報 中央線 「武蔵小金井」駅 「小平駅」行きバス約9分 「回田本通り」バス停より 徒歩4分

プラウドシーズン国立 四季の街

中央線「国立」駅徒歩10分。
全38邸の一戸建てプロジェクト始動。敷地面積130平米超中心。

  • 所在地東京都国分寺市富士本二丁目27-28他(地番)
  • 交通情報中央線 「国立」駅  徒歩10分

プラウドシーズンでは 今後もJR中央線沿線へ新規分譲を予定しています。
まだまだ広がるプラウドの一戸建てにどうぞご期待ください。