グッドデザイン賞受賞レポート (ゆかいふる)〜床からの心地良い空気で、どの部屋も快適に〜

リビングや居室にそれぞれの壁掛けエアコン――今までのマンションの冷暖房は、「各部屋ごと」が主流でした。そんな「あたりまえ」が、今、大きく変わろうとしています。 それが、野村不動産プラウドマンションシリーズの床空調システム「床快full(ゆかいふる)」。
天井に埋め込んだ一台のビルトインエアコンで、住戸全体に新鮮な外気と冷暖房の空気を行き渡らせるという、グッドデザイン賞のベスト100にも選出された画期的なシステムです。

1

ペットもまどろむ、
包まれるような暖かさを体感

木枯らしが吹き始めたある冬の休日。
家族揃っての外出から戻ってマンションの扉を開けると、そこはおだやかな暖かい空気に満たされています。玄関はもちろん、廊下もキッチンも、手を洗う洗面所も、もちろんリビングも。住まいのどこに居ても、暑すぎず寒すぎない快適な室内環境。そのうえ、エアコンから吹き出す風や音が気になりません。

留守の間もずっと快適な温度が保たれているので、ペットたちの健康も守られます。寒がりの猫も、温められた廊下の床で気持ちよさげに寝そべっています。

各部屋に取り付けられていた壁掛けエアコンがなくなり、見た目もすっきり。バルコニーや玄関まわりに置かれていた室外機が、1台のみというのもうれしい変化です。

マンションの一住戸全体を空調するということ、それは、住む人やペットの快適さを大きく向上させること。そんな発想から実現したのが「床快full(ゆかいふる)」なのです。

2

心地よさを生み出す
「床快full(ゆかいふる)」とは?

「床快full(ゆかいふる)」を生み出す原点は、冬のヒートショックと夏の熱中症でした。今や社会問題となったこれらの健康障害は、実は屋内で起きる割合がとても高いのです。その原因は、部屋ごとの空調による住戸内の温度差にありました。リビングは快適でも水回りや寝室、廊下は冷えているといった温度差問題を解決するためのアイデアが、24時間一住戸全体を空調するというシステムだったのです。

「床快full(ゆかいふる)」のシステムは、廊下の天井などデッドスペースに埋め込んだ1機の高効率ビルトインエアコンが、一住戸全体の空調を担うというものです。
ビルトインエアコンからの冷暖房の空気を、上の図のように二重床の空間を使って循環させます。すると、床からの輻射と緩やかな気流によって壁や天井の表面温度が安定し、壁や天井からも輻射効果が得られて部屋の温度のムラがなくなるのです。

床吹出口
建具のスリット
建具のアンダーカット

気流が住戸内の隅々までムラなく効率的に流れるために、建具には空気が通るよう通常より大きめのアンダーカットや、スリットが施されます。24時間稼働させることで常に適温に保たれるのと、床や壁などから立体的に暖かさが伝わるため、設定温度は20度程度であっても寒さは感じないのだとか。

また、全熱交換器により24時間365日空気が循環するため、外気との入れ替えができ、いつでもクリーンな室内環境を保つことができます。春や秋などにビルトインエアコンを止めても、全熱交換器により快適な空気環境が保たれます。

開発の途中では、協力会社と連携し、シミュレーションによるプランニングと、実物大のモデルを使っての検証が繰り返し行われました。場所によっての温度ムラが少ない、住戸内の快適な環境をいかに作り出すかが、最も難しいポイントでした。

また、いくら性能が良くても設置コストが膨大にかかってしまうのでは実現が遠のきます。野村不動産では、70~80㎡の空間をターゲットに、汎用品を賢く使い、最も効率よくかつコストを抑えてまるごと空調が実現できる道を見つけ出したのです。

3

ローコストで、帰宅時も快適な室温に

「床快full(ゆかいふる)」はもともと24時間運転が基本、一週間程度の旅行で留守にする場合でも「緩和運転」(※1)に切り替えることで、省エネをしつつ、帰宅時にはいつもと変わらぬ快適な室温が保たれているので、ペットがいるご家庭でも安心です。

また、床スラブ下全面の断熱や二重サッシの採用など、高気密・高断熱の構造により熱が逃げにくくなる上、壁掛けエアコンや床暖房のオン・オフを繰り返すよりも、緩和運転による連続運転の方が省エネとなり、光熱費も3割程度削減できるという試算があります。

※1:冷暖房を必要としない場合に、通常より設定温度を緩和し運動するモード。

便利に使いこなすためには、スマホアプリを使って帰宅前にあらかじめ温度設定を変えることも可能。各部屋の吹出口の開口を調整することで、部屋ごとの室温を微調整することもできます。

4

環境にも配慮したシステム

マンションの持つ高気密・高断熱という特徴を最大限に利用した「床快full(ゆかいふる)」は、省エネルギーという面でも高く評価されています。
これからのマンションは、さらに環境負荷を小さくすることを求められますが、「床快full(ゆかいふる)」はSDGs(持続可能な開発目標)においても5項目で合致。

また、導入した物件においては、断熱性能の向上により「快適な省エネ」の家を目指すZEH(ゼッチ=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準もクリアしました。

住む人の快適さと健康に寄与し、なおかつ環境への負荷も小さい未来のマンション空調「床快full(ゆかいふる)」。「プラウド高田馬場」や「プラウドタワー亀戸クロス」など、新築物件に次々と採用されています。 空調という最も身近な住環境が、「床快full(ゆかいふる)」によって大きな一歩を踏み出そうとしています。

<グッドデザイン賞とは>

グッドデザイン賞は、さまざまに展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、私たちの暮らし、産業、そして社会全体を、より豊かなものへと導くことを目的とした公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。グッドデザイン賞を受賞したデザインには「Gマーク」をつけることが認められます。「Gマーク」は創設以来半世紀以上にわたり、「よいデザイン」の指標として、その役割を果たし続けています。

受賞作品一覧はこちら

  • プラウド高田馬場

    山手線×東西線「高田馬場」駅徒歩4分に全135邸誕生。
    こちらの物件は完売しました

  • プラウドタワー亀戸クロス

    「亀戸」駅徒歩2分・全934戸・大型商業施設併設。JR総武線 駅近最大級の複合開発タワー、始動。

※掲載の情報は、2020年12月時点の情報です