モデルルームへ行こうプラウドタワー
亀戸クロス
〜見学前に知りたい情報を得られる! オンライン案内〜

ここ最近、本格的にモデルルームに導入されるようになったオンライン案内。当初はコロナ禍における対策とされていましたが、自宅なのでリラックスして担当者と話せた、モデルルーム訪問前に情報が整理できたなど好評の声が多数あがってきています。オンラインではどのような流れで案内されるのか。住宅ジャーナリストの福岡由美さんが、東京・亀戸駅から徒歩2分の場所に建てられる「プラウドタワー亀戸クロス」で体験してみました。

駅から徒歩2分、
大型ショッピングモールに
直結した住まい

「プラウドタワー亀戸クロス」は、長年地元の人たちに愛されてきたショッピングセンター「サンストリート亀戸」の跡地を活用し、約2万2000平米の敷地に誕生する複合開発型のタワーマンションです。すでに街並みが成熟しているJR総武線沿線で、駅から徒歩2分という便利な場所にこれだけ広大な敷地を確保できるのは稀な事例ですから、「亀戸の新たなランドマークを創るビッグプロジェクト」として注目を集めています。

大型ショッピングモールとマンションの間には、専用の「直結デッキ」が設置される。
大型ショッピングモールとマンションの間には、専用の「直結デッキ」が設置される。

地上25階建て、総戸数934戸。1R~4LDKまでの多彩なプランが揃っているため、ライフスタイルに合わせて間取りを選ぶ楽しみも広がります。また、敷地内には「サンストリート亀戸」の歴史を継承する大型ショッピングモールが誕生。スーパー、ドラッグストア、飲食店やクリニックなど約100店舗で構成されるほか、小学校や幼稚園も隣接します。買い物、病院、教育、遊びまで、日常の主な用事は“マンションの足元で完結する”といっても過言ではありません。

モデルルームへ行く前に、
オンライン案内で
効率的な情報収集を

コロナ禍により世の中が新しい生活様式へとシフトしている今、「プラウドタワー亀戸クロス」では、自宅に居ながら物件情報の詳細を確認できる「オンライン案内」を実施しています。

当初は2020年4月の緊急事態宣言発令を受け、感染予防策として導入されたシステムでしたが、実際に導入してみると「対面よりもリラックスでき、気軽に相談できた」「事前のアンケートで希望を伝えておくことで、気になる情報を効率良く知ることができた」「赴任先にいるので現地見学ができないが、オンライン案内で詳細を知ることができて良かった」など、好評を博しているようです。

これから“マンション選びのニューノーマル”として定着しそうなオンライン案内。ここからはオンライン案内の具体的な流れについてご紹介します。

オンライン案内の流れ
  • 1ホームページからオンライン案内予約フォームを開き、質問項目を入力して応募します。
  • 2担当者より連絡(電話またはメール)が入り、オンライン案内の日時を決定。送られてくる「体感ムービー」を事前に視聴しておくと、物件の特徴に関する理解度がより高まります。
  • 3オンライン案内当日、開始時間の30分~1時間前に、ご案内資料のURLと物件価格の詳細がメール宛に届きます。
  • 4オンライン案内スタート。担当者から立地・物件の特徴・プラン・価格について説明を受けた後で、質疑応答などを行います。
  • 5その後、マンションギャラリー(モデルルーム)来場の日時を決めてオンライン案内は終了。所要時間は約1時間です。

※内容は一部変更となることがあります。

希望の間取りの確認や、住宅ローンのシミュレーションももちろんオンラインで可能。従来のマンション業界では「モデルルームを見学しないと物件の詳細がわからない。でも、モデルルームを訪れるのはちょっと緊張する」という方が多かったのですが、オンライン案内によって情報収集のハードルが下がることで、マンション購入への第一歩を踏み出しやすくなります。

完全予約制の
モデルルームで、
現地ならではの体感を

マンションギャラリーへの来場は完全予約制となっており、モデルルーム内のご案内は、原則2組まで(1LDKモデルは1組まで)に限定されています。また、マスクや手指消毒、使い捨ての手袋・スリッパの着用など、感染対策が取られているため、安心して見学できます。

マンションギャラリー内には、間取りや広さの異なる3タイプのモデルルームが用意されています。74.56平米の3LDKモデルルームを拝見すると、リビングと洋室の間には「ウォールドア」が設置されているので、簡単に空間の間仕切りが可能。リモート会議でプライベート空間を目隠ししたい時や、家族から一歩離れて仕事に集中したい時も、このドアを閉じておけばOKです。

キッチンサイドの洋室入口は引き戸になっているため、戸の開閉によって空間アレンジが可能。お子さんが小さなうちは、引き戸を開放してキッチンから目が届きやすいキッズルームに。お子さんが成長して勉強部屋が必要になったら、引き戸を閉じて独立した個室に。必ずリビングを通って自室に入る“リビングイン動線”になっているので、お子さんがデリケートな思春期を迎えても、親子の会話をスムーズに育んでくれそうです。

すべての住戸に「大型トランクルーム」を設置。約2.71平米(約1.6畳分)の横長トランクルーム※には左右2か所に扉が付いているため、奥にしまったアイテムも取り出しやすく、収納効率を高める設計になっています。

※トランクルームの広さ・形状はタイプごとに異なります。

床面には吹出口が……。実はこれは、野村不動産が開発した新空調システム「床快full(ゆかいふる)」の吹出口。24時間365日、住戸全体の換気をしながら快適温度を保つ設計になっているため、リビング・廊下・トイレ・洗面室の温度差が無くなり、一年を通して心地良い居住空間を維持できます。冷暖房効率もアップするので、廊下の天井などデッドスペースに埋め込んだ高効率エアコンは一台でOK。「ヒートショックを軽減できる」「花粉やホコリの侵入を防ぐ」「光熱費を節約できる」などのうれしい効果が期待でき、住む人にも家計にもやさしい暮らしが実現します。

こちらは1LDKコンセプトルーム。構造柱をバルコニー側に配置した「アウトフレーム工法」を採用し、廊下を極力短くして「居室有効面積」を確保するなど、コンパクトな住空間をより広く使うための工夫が満載です。もちろん1LDKにも「大型トランクルーム」がついているので、余計な収納家具は不要。マンションから一歩外に出れば大型ショッピングモールがありますから、食材や生活用品の家庭内ストックを最小限で済ませられる点も “コンパクトライフの快適さ”を実感できるポイントです。

事前に「オンライン案内」を
受けることで
ゆとりを
持てる「モデルルーム見学」

今回の取材では、「オンライン案内」を事前に体験した上で「モデルルーム見学」へと進んだのですが、基本情報をインプットしておくことで、すでに予習を済ませている感覚になり、モデルルーム見学のときも気持ちにゆとりを持って“具体的に知りたいポイント”を確認することができました。気になる物件を見つけたら、まずは「オンライン案内」を実施しているかどうかをホームページ上で確認いただき、実施していれば利用されてみてはいかがでしょうか?

ここがオススメ!

  1. オンライン案内で気軽に営業担当者に物件情報を確認可能、モデルルームを訪れる前の時点で「自分の志向にマッチする物件かどうか」を判断できる。
  2. 住宅×商業×教育の一体開発で「日常生活に必要な機能」が集結。駅から徒歩2分という亀戸の新ランドマークとして、住まい価値ののびしろにも期待感が。
  3. 新空調システム「床快full(ゆかいふる)」を採用。《プラウド》の中でも934戸の大規模物件だからこそ叶えられる先進の快適設備に注目を。

プロフィール

住宅ジャーナリスト 福岡由美

ファイナンシャルプランニング技能士・住宅ローンアドバイザー。大手生命保険会社のOLを経て、自身のマンション購入をきっかけに20年前から住宅ジャーナリストとしての活動をスタート。東京・名古屋を拠点に行っている。全国のマンションの取材実績は2000物件を超える。

ITを活用した重要事項説明についてのワンポイントアドバイス

これまで、新築分譲マンション・一戸建ての売買で契約上重要な事項をご説明する重要事項説明では、必ず担当者と「対面」で行うことが原則とされてきました。
2019年から国土交通省はITを活用した売買契約における重要事項説明の社会実験を進めており、ついに2021年4月から、オンライン上での重要事項説明が本格運用されることとなりました。
本物件でも、遠隔地在住のお客様からのご要望を受けて、「モデルルームの見学から重要事項説明まで、オンライン(非対面)で完結した」という実際の事例があったのだとか。※社会実験段階での事例
野村不動産では、今後さらに利便向上につながるよう、オンライン上での契約手続きや、契約書類などの電子化の実現も目指していくとのことで、ご契約者様にとってメリットが期待できそうです。

プラウドタワー亀戸クロス

プラウドタワー亀戸クロス

電話番号/0120-220-934
営業時間/平日 11:00~18:00 土日祝 10:00~18:00
定休日/毎週火・水・木曜日
アクセス/JR総武線「亀戸」駅徒歩2分

※マスクをはずして撮影していますが、販売センターでは新型コロナウイルス(COVID-19)対策として、スタッフはマスクを着用してご案内させていただいております。また、モデルルームを見学いただいたお客様にもマスク着用と、検温や手指などの消毒をお願いし、こちらで用意した使い捨てのスリッパ、手袋の着用もお願いしております。さらに、接客卓には飛沫防止シールドを設置し、お客様同士の間隔をあけるなどの対応をさせていただいております。

※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたCGに人物を合成したもので実際とは異なります。なお、各種機器・配管・素材等および周辺建物・電柱・架線は一部省略、または簡略化しております。植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。竣工時に完成予想図程度には成長しません。樹種は一部変更になる場合があります。タイルや各種部材等につきましては、実際と質感・色等の見え方が異なる可能性があります。また、今後変更になる可能性があります。

※掲載の写真はモデルルームBO4タイプ(標準プラン)、コンセプトルームを撮影(2021年3月)したものです。
※モデルルーム内の家具・照明・調度品などは販売価格には含まれておりません。なお、掲載の写真は撮影時のものであり、今後変更になる場合があります。